スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

将棋話──電王戦第二局──佐藤四段、Ponanzaに敗れる──fc2.comで観戦させてくれたかたへ感謝を込めて

 今日は電王戦の第二局。佐藤慎一四段vsPonanza戦。
 昨日まで意識していたのに、なぜか今朝は忘れてしまい、「あっ!」と気づいてニコ生の中継を開いたときはお昼。
 それからしばらくは楽しめたが、競馬中継を見て、再接続したときはもうダメ。すでにニコ生は「タダ見はできません」状態になっていた。入門不可。でも気分としては追いだされるのよりはいい。いいところで「有料会員が来たから、タダ見のあんたは出ていってね」と追いだされるのはすごい惨めだ。門前払いのほうがまだいい。



 しかたがない。2ちゃんねるの将棋板に行こう。電王戦スレに行けば、あそこには棋譜を書きこんでくれる親切なひとがいる。それを見つつ自分で並べよう。
 願い通りどなたかが棋譜を書きこんでくれていた。『激指12』で並べることにする。
 するとそこに「ソフトの形勢」という書きこみがあった。いつも何人かのひとが書きこむソフトを使った形勢判断だ。

 私も『激指12』を使って並べるから、それが他のソフト(『AI将棋』『東大将棋』のこともあった)だったとしても形勢判断は同じようなものだろう。見てもしょうがないのだが、いまはどんな形勢なのだろうと、『激指』起動前に出かけてみた。

denousen2image936

















 するとそこはニコ生を観ているひと(もちろん有料会員なのだろう)が、『激指12』の盤面を使い、live-fc2.com経由で対戦を見せてくれる場だった。多くのひとがコメントを書きこみ、ミラーサイトのようになって盛りあがっていた。ここで終局までリアルタイムで観戦することが出来た。ほんとうにありがたかった。
 直接お礼を言いたいが、それも適わないので、この場を借りてお礼申しあげます。ありがとうございました。
 


 将棋は、佐藤が序盤から中盤まで有利に運んでいたが、後半になってからPonanzaの圧倒的な攻めが始まり、結果的には相手は手付かずという完敗の棋譜となった。プロ棋士の完敗を見て、なんとも複雑な心境だ。
 画像は投了図。銀冠ならぬ金冠になったPonanzaは金の守備力が強く詰まない形になっている。

denousen2
















 『激指』が後手有利と判断する(+300前後)早めの時点で入玉模様に切り替えれば勝てていたように思う。しかしそれを佐藤はよしとしなかったのだろう。最後は先手が2000ポイント以上プラスとなる大差だった。

 6三龍を5三金と弾いていても、またちがった流れになったろう。なんだかそのへんの受けが半端だったように感じた。素人が口を出す分野ではないが……。 



 今夜は26時からドバイでジェンティルドンナが走る。グリーンチャンネルが無料視聴出来るそうだから見てみようか。グリーンチャンネル初体験だ。 
 もしも佐藤が勝っていて、人間側二連勝だったら、もっとわくわくしつつ観られたのだが……。
 でも今、いかに将棋ソフトが強いかは肌で感じて知っているから、順当なようにも思う。



 先日、「『将棋世界』──米長追悼号──二ヵ月遅れの感想」をアップし、『将棋世界』4月号の勝又の「突きぬける! 現代将棋」の米長特集がすばらしいと書いた。
 そこに衝撃的な一行がある。

 中原と米長のすさまじい終盤の捻り合い。いまも名局と讃えられる一局。中原優勢を逆転する米長の妙手に痺れる場面。
 ここで勝又は、念のためにその場面をコンピュータにかけてみた。

 するとおどろくことに、ものすごく難解だが詰みがあったのだそうだ。つまり、形成を逆転する歴史的妙手の米長の一手も、中原がそれを詰ませられなかったから逆転したのであり、相手が今時のコンピュータなら一瞬で詰ましており、妙手もクソ(失礼)もなかったのだ。しかも勝又が調べたコンピュータは、自宅のごくふつうの市販機だろう。GPS将棋のように何百台もクラスタしたものではない。

 勝又はこれに関して、「そのことによってこの名局の価値が損なわれるものではない。あの1分将棋の局面で人間がこの難解な詰みを見つけることは不可能である」としている。
 その通りだろう。逆転や妙手が連発される人間同士の手に汗握る勝負が面白いのであり、詰ませればいいというものではない。頓死ですらも人間将棋の魅力のひとつだ。近年の頓死では名人戦での森内に頓死した丸山の一手が思い出深い。(2002年は近年じゃないか。)

 しかしそれはまたコンピュータへのギブアップ宣言でもある。全盛期の中原、米長が死力を振りしぼっても読めない詰みを、今時のコンピュータは一瞬で読むのだ。繰り返すがそれはモンスターマシンではない。勝又愛用の市販のデスクトップ機(推測)だ。 

 人間がコンピュータに勝つためには、序盤から有利を拡大し、終盤になってもコンピュータ側から詰みのない形、中押しの形にするしかないのだろう。それを試みたのが「米長の二手目6二玉の空中城」だった。

 とするとやはり今日も、早々と入玉を目的にし、確定させ、点数取りに絞ればよかったのか。
 でも、人間が負けて残念だが、名局だったと思う。いい勝負だった。特に終盤のPonanzaの攻めはすごかった。
 と書きつつも、まだ落胆しているが……。 
 1対1になって、ますます盛りあがるか!

 今まで対コンピュータソフトとの正式対戦では、渡辺竜王がBonanzaに勝ち、清水が「あから」に、米長がボンクラーズに負けているが、清水は女流、米長は引退棋士という言いわけがあった。
 佐藤は現役棋士だ。現役のプロ棋士初の敗戦だ。つらい記録を背負うことになった。

 このPonanzaは名前からもわかるようにBonanzaの思考ルーチンを取りいれている。Puella αと名前を替えたボンクラーズもそう。あらためてBonanzaを開発し、ソースコードをオープンにした保木邦仁さんの偉大さを思う。

---------------

●どうでもいい【追記】──勝又六段の愛機はデスクトップ機? ──22:59

 東海大学の理系出身の勝又六段はパソコンに詳しく、棋士として取りいれたのはかなり早い。長年拒んでいて、ついこのあいだ使い始めた郷田のようなひともいる。私はパソコン好きだけど、パソコンを拒む棋士の感覚も好きだ。

 勝又は、パソコンを導入しようという気持ちはあるものの、セッティングが出来ず困っている棋士を助けてやり、そのことで交友が拡がったらしい。パソコンが取りもつ縁である。高橋道雄九段にセッティングしてやり、そのあとに「一番指そうか」と言われたのがとても嬉しかったと書いていた。A級棋士であり、かつてはタイトルホルダーだった高橋は遥かな格上棋士である。高橋のそれは何よりもの礼になる。
 今もパソコン使いの棋士として最前線にいる。電王戦でも解説をやったようだ。

 ということから私は彼の愛機をデスクトップ機であると希望的に推測する(笑)。
 パソコン好きなら市販のノートブックとかではなく、もちろん携帯用にノートも保っているのだが、厖大な将棋データが収められた彼の愛機は、居室にでんと構えるデスクトップ機であって欲しい。大のデスクトップ機好きとしてそう願う。自作派までは望まないが。
 そういや山崎バニラは自作するんだよね。あれで一気に親近感を持った。

「あ、勝又さんはノートですよ。ソニーの。ヤマダ電機で買ったって言ってました。デスクトップ機って使ったことないんじゃないかな」なんて親しいひとからの情報があったらショックで寝こみそうだ(笑)。
関連記事
  1. 2013/03/30(土) 19:13:00|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<将棋話──渡辺竜王、阪神競馬場に登場!──競馬話 | ホーム | 飲食話──気仙沼小野万の「塩辛職人」と澤乃井の「朝懸けの酒」+志ん生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/978-9cb2b6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。