スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

将棋話──第2回電王戦開幕──米長の敗戦を振り返る──阿部光瑠、勝利!

Shogi.gif 今日から第2回電王戦が開幕する。昨年は米長とボンクラーズの対戦のみだったが、今年は5人の棋士といつつの将棋ソフトの対決。今日は、阿部光瑠四段と世界コンピュータ将棋選手権5位の習甦(しゅうそ)が対局中。ニコ生で中継している。いま行ってみた。まだ入れるようだが、どうせ会員ではないのでいいところで弾き出されるのが見えている。何度もやられて悔しい思いをした。だったら有料会員になればいいんだけど(笑)。

 棋戦を中継したり、今回の電王戦でもスポンサーになって盛り上げたり、ニコ生(=ドワンゴ)が、将棋界の発展に寄与しているのは事実であり、将棋ファンとしてすなおに感謝しているのだが、同時にまたドワンゴが将棋コンテンツで大きく儲けたのも事実であり、なんか月525円でも躊躇する自分がいる。

 BSやCSとも無縁の生活なので有料視聴に慣れていない。逆に言うと、ここで一歩踏み込んでドワンゴに金を払うと、一気にそういうことに抵抗がなくなり、あちこちに払うようになるのだろう。

 私はいまテレビを見ないけれど、PC作業のあいまに「動画倉庫」のようなところはけっこう覗く。明け方に見知らぬお笑い番組を見て楽しんだりしている。調べてみると毎日放送制作で関西地区の番組だったりする。これらを楽しんでいると、心底からもうリアルタイムでテレビを見ることはないだろうと感じる。しかしこのネット視聴でもよく「混み合っているので見られません。有料会員になると見られます。月525円」をやられる。BSやCSの有料放送とは今後も無縁だろうが、ネットのこれには入ってしまいそうだ。最初のそれがニコ生の将棋か。



 Google日本語入力が「阿部光瑠」を一発で変換した。さすが! でも「習甦」は出なかった。辞書登録。まあ発売されているソフトでもないしね。この見慣れぬ漢字二文字には「羽生」が入っている。
 大好きなソフト『激指』が今回5位までに入れず登場しないのがすこし残念。

※ 

 ニコ生のサイトにある第2回電王戦のPVを見た。とてもよくできているので感心した。8分の長尺。 

yonenaga2 瀬戸内寂聴みたいな貧相なおばあさんが出ているのでなんだろうと思ったら、ガン治療で頭を丸めた米長だった。 左写真。

 このPV、棋士が魔王に立ち向かう5人の勇者みたいな作りになっていて(笑)、魔王役はボンクラーズ(今回は名前を改めてPuella α)の伊藤がやっていた。悪役としてふさわしい。ほんと、このひとは傲慢だ。でもこんなひとがいたほうが盛り上がるのか。



 昨年、後手番の米長は二手目に6二玉と指した。対局も見たし、その後の彼の著書「われ敗れたり」も読んだ。
 米長は自身の名高い米長玉(9八玉)を例に出し、この6二玉は第二の米長玉であり、自分が弱いからたまたま負けてしまったが、後世にまで伝えられるような意義のある手なのだと主張していた。

 そうなのかも知れない。勝つためには最善の方法だったのもしれない。しかしこれはもう力負けを認めている一言でもある。
 米長の名言(迷言?)に「矢倉は将棋の純文学」というのがある。私は、そう言った米長にそれをして欲しかった。でも自宅での何百局もの対戦で、それでは勝てないともう結論は出ていた。正々堂々のまともな将棋では勝てないのだ。つまりその時点で勝敗は決まっていたことになる。正面から行っては勝てない力士に唯一勝つ方法として編み出したのが、猫騙しをして相手を戸惑わせ、後ろに回って押し出すことだった。それが二手目6二玉からの、あの不思議な空中城構築だった。
 それがどんなに優れたアイディアだったとしても、そこにはもう「正面からの居飛車、振り飛車、どの戦法でも勝てない」ということが前提にあった。それがなんともかなしく、米長の主張を読めば読むほどせつなくなった。



 今日の対局者である阿部光瑠四段はPVの中で、「正面からの将棋を指す。そのほうが悔いがないから」のような発言をしていた。きっとそういう将棋を指すことだろう。どんな結果になるのだろう。
 五番勝負最後には、優勝したクラスターマシンの怪物GPS将棋が控えている。戦うのは三浦八段。

 もしも今回プロ棋士が全敗するような結果になったなら、来年は羽生だ渡辺だということではなく、企劃そのものが廃止になるように思う。それはそれでいい。人間同士が指す将棋は、コンピュータの強さとは別に存在すればいいのだから。あの羽生でさえ一手詰みに気づかず負けたりする(対木村戦)。それが将棋の味わいでもある。

 問題は、2勝3敗の負け越し、のような微妙な場合だ。こうなると将棋連盟も引っ込みがつかず、来年もまた、となるのだろうか。もちろん5戦全勝だったらまちがいなく来年も、となる。これは拒めまい。往くも地獄、引くも地獄。



 将棋ソフトはファミコンの時からやっている。最初は「森田将棋」かな? スーファミでもPS、PS2でも将棋ソフトは買い続けた。Nintendoはこっち方面は捨てたのだろう、GameCubeもWiiもいい将棋ソフトはない。
 PS3に「銀星将棋」ってのがあるが(PCにもある。持っている)、これは北朝鮮が作ったソフトなんだよね。コンピュータ将棋選手権には初期の頃から出ていた。初めて出てきてからずっとそこそこの成績を収めていた。「北朝鮮? 将棋?」と不思議な感じがしたものだった。PSVITA版も出たのか。強いのを謳っているけどどうなんだろう。

 PCのほうは、Windows 3.1時代に将棋ソフトをもって海外に出たことを覚えている。フロッピーディスク1枚のソフトは弱くて相手にならなかった。1991年。「極」のころ。
 そのあとのPCソフトで有名なのは「AI将棋」「金沢将棋」「東大将棋」か。みんな買ったけど2000年を過ぎても一度も負けなかった。初めて完敗したのはPS2の『激指2』だった。発売は2003年か。『激指』は歴史的には新顔だったけど最初から強かった。今じゃパソコンの『激指12』初段にころころ負けている。

 パソコン将棋はCPUで激変する。その証拠にDSの将棋ソフトはおそろしく弱い(笑)。10数年前のソフトのよう。どんなすぐれたプログラムもCPU次第なのだろう。それは私のパソコンでも、同じ『激指10』が、以前のCore2 Duoの2.3GHZの時と今のCore i7のOCした4.3GHZでは強さがぜんぜん違うことからも解る。何百台も繋ぐGPS将棋ってどれぐらい強いのだろう。まあ「繋ぐ」ということ自体はもうチェスの「ディープ・ブルー」の時にも言われていたが。



 いま行ってみたら、ニコ生は真っ暗な画面にコメントだけ流れているな(笑)。なんでしょ。どうせいいとこで追い出されるからどうでもいいんだけど。
 阿部四段、がんばれよ!



 おお、やっと見られた。解説阿久津に聞き手矢内か。 早いアクセスだが10万人も見ているらしいから、もうすぐ追い出されるな。
denou2
 














 

 13時にはもう追い出されるだろうと思ったら14時になってもまだ見られる。ラッキー。
 15時から競馬観戦。
 それが終り、16時になって、そろそろかなあと思ったら、やっぱり「出て行ってくれ」と言われた(泣)。ちょうどこれからいいところなのに……。
 阿部、習甦の攻めを凌ぎきれるか!?

============================================

●阿部、勝利! 人間側、まずは1勝!

 18時半、阿部の勝利を確認。最終形はともに「米長玉」だが、阿部は餘裕、コンピュータは苦し紛れ、まったくちがう。最終形の米長玉も米長の追悼になるだろう。おめでとうコール! 幸先良し! 
関連記事
  1. 2013/03/23(土) 12:06:47|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<将棋話──渡辺、棋王奪取! 三冠に!──最優秀棋士はどっちだ!? | ホーム | 生活雑記──酒屋の若旦那とインターネット話──安倍首相のFacebookのフランス人のこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/970-316a14c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。