池上彰選挙特番再考──池上が石原をやっつけたと解釈している競馬評論家の文章

池上彰氏が年末のニュース総括番組に引っ張りだこ。とにかく今年の開票速報での氏のツッコミは凄かったなあ。
公明党に宗教問題で正面から切り込んだり、石原に喧嘩を売ったり(石原は反論も何もできずけしからんを連発するのみ)、とにかく笑わせてもらった。
「波風立ててこそ本当のジャーナリスト」というその後のコメント含めて、パフォーマンスを完結させた。

---------------

 上は、ある競馬評論家のブログにあった文章の一部分。年末に選挙速報を振り返っていた。ひどい内容である。まちがいだらけだ。正しくは私が再現した以下のようになる。



石原──「たとえば、日本の会計制度、こんなバカなことをやってるのは世界で日本しかない、先進国でね。やってんのは北朝鮮とかパプアニューギニアとかフィリピンぐらいでね。こういう大福帳の粋を出ない制度を変えないと役人のインチキ、役人のごまかしを破れないんですよ。そういうことを今までどこの政党が示しましたか」

池上──「北朝鮮と同じようにほかの国を呼ぶこと、そういう呼び方をするから暴走老人と呼ばれると思うんですけれども」
 
石原──「北朝鮮は北朝鮮じゃないの、なんて呼ぶの?」

池上──「いや、そうじゃないんです、パプアニューギニアやフィリピンを北朝鮮と同じに扱うような言いかたをされると、暴走老人と言われるんじゃないかと」

石原──「そうじゃないよ、あなた、ひとの話を聞きなさいよ、これはね、同じような単式簿記をやっている国ということで言ったの」
池上──「そういうことですね、わかりました」
石原──「そうですよ、ひとの話、ちゃんと聞きなさいよ」
池上──「わかりました、失礼しました」

これが1回目の話。
「暴走老人」ということばを投げつけて大向こう受けを狙っていた池上が、単式簿記の話をしている石原に、つっこみ間違え、正当な反論を受けて、「失礼しました」と謝罪した場面である。



ついで2回目は、石原が笑顔で「先程はあなただとわからずに失礼した」と話し始める。先程やっつけて謝らせたのが旧知の池上と気づかなかったらしい。すこしキツくやりすぎたかと気遣ったようだ。
「先日電車の中でいいことを教えてもらったばかりなのにね」 と続ける。それを受けて池上が「先日新幹線の中で中東情勢に関してレクしたんです」とスタジオの峰竜太や宮崎美子に説明する。このひと、レクチャーのことをレクと略すんだ(笑)。さりげなく石原にもものを教えてやっているのだと自分アピール。

維新の会の選挙結果に関する感想や、自民党との今後のつきあいを問うたりして終る。
通信を切り、石原が画面から消えてから、池上がスタジオの峰竜太や宮崎美子に、「どうやら石原さんは相手によって態度を変えるようです」と、先程ツッコミどころを間違えて恥を掻いた意趣返しで言う。非常に醜いやりかただった。謝罪させられたのがよほど悔しかったのだろう。

ふたつともYouTubeにアップされている。リアルタイムでも見ているが、確認のためにいまもう一度それを見てきた。私の解釈でまちがいない。
さすがに「通信を切ってから言うのってきたないね」という意見があった。



これが石原と池上のやりとりのすべてである。どこにも 《石原に喧嘩を売ったり(石原は反論も何もできずけしからんを連発するのみ)》なんて場面はない。
なんと恣意的に解釈したいいかげんな文章なのだろう。この文章だと、完膚なきまでに池上にやっつけられた石原が、ぐうの音も出ず、何も言い返せず、顔を真っ赤にして「けしからん」を連発したかのようだ。そんな場面は存在しないのである。このひとの脳内妄想だ。「とにかく笑わせてもらった」って、どこで笑ったんだ。だいじょうぶか(笑)。

この競馬評論家のその他の文章に、「維新が思ったより伸びなくてよかった」とあるから、維新嫌い、石原嫌いなのだろう。検索してみると、小泉自民党嫌い、民主党好きで有名らしい。というか小沢好きのようだ。だったらこんな脳内妄想も仕方ないか(笑)。

この競馬評論家は競馬会や騎手の問題等に厳しく迫ることが売りのようなのだが、 テレビを見て、こういう自分に都合のいいような妄想解釈をするひとの言うことに、いかほどの価値があろう。事実を見ず、自分の好きなようにねじ曲げて解釈している。

こんなフィルターをかけてしかモノの見えないひとに、たかが競馬であれ、正当な評論が出来るとは思えない。騎手の騎乗に対する意見も、自分の馬券が当たったら好騎乗、ハズれたら批判対象の騎乗ということなのだろう。すくなくともこのテレビ番組に対する歪んだ解釈からは、そうなる。まあ競馬業界なんてこんなものだけど。なにしろ重鎮の石川喬司さんが鼻カルボにだまされている程度の世界だから(笑)。

そういやこのひとの事実を曲解する手法は、鼻カルボがラジオの光浦靖子発言をねじ曲げたのによく似ている。
こういうのが「天才予想家」を名乗って稼いでいるのだから、競馬業界とはお気楽なものである。

---------------

kanren1
選挙番組考──テレ東の池上彰の姿勢は絶讃に価するモノなのか!?

kanren1
安倍晋三の腹痛を揶揄するヤカラノの手法──<きっこ>が捏造した光浦靖子の安倍晋三批判
関連記事
  1. 2013/01/14(月) 08:53:48|
  2. 選挙
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年初の降雪──中山競馬、5レースで中止──いまからおでんで雪見酒 | ホーム | すごいぞ「たかじん」、内閣総理大臣登場!──約束を護った安倍総理>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/947-e11c01c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する