スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「アベするアサヒるオザワる」──アサヒシンブンのウソコラムを糾弾したネットの正義!

 アベスル・アサヒル・オザワル

安倍前首相が突然辞任したことについて書かれた9月25日付朝日新聞のなかで、コラムニストの石原壮一郎さんが「『アタシ、もうアベしちゃおうかな』という言葉があちこちで聞こえる。仕事も責任も放り投げてしまいたい心情の吐露だ」などと紹介した。ところが、ネット上で、そのような言葉は流行っておらず、「捏造」ではないかといった指摘や批判の声が相次ぎ、石原さんのブログも「炎上」状態に追い込まれた。

 川北隆雄論説委員が書いた東京新聞のコラム「一筆両談」は、この騒動を紹介した上で、「コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らかなので、捏造ではない。
 つまり、捏造疑惑の方こそ捏造の疑いが濃厚だ」と主張。「私は、これを今年の『流行語大賞』に推薦したい」「同賞を選定している自由国民社の審査委員会は、ぜひ、聞き届けて欲しいものだ」とまで述べている。

 「2ちゃんねる」では、このコラムを批判する書き込みが相次いでいる。
 「『俺らマスコミが流行らせたと思ったら、それが流行だろ?』と本気で思ってるから恐れ入る」
 「捏造語大賞ならあげてもいいよ」「公の場ってどこだよw」

 「コラムニストが紹介する以前に公の場で使われていることは明らか」というくだりの真偽を確かめたくて、川北論説委員への直接の取材を試みた。しかし、勘弁して欲しいとのことで、コメントをもらうことはできなかった。

 「流行語大賞」元審査委員で新語アナリスト、亀井肇さんは「アベする」選出について「まず無理でしょうね」と悲観的だ。
 「『アベする』は石原さんの周りでは多分あったんだと思うが、『捏造だ』という指摘が訴求力の高いネット上で広まってしまって、流行ってない宣伝になってしまった。2ちゃんねるで騒動になりましたから、選んでしまったら大変なことになるでしょう。私も『アベする』はおもしろい言葉だと思ったが、週刊誌にも流行ってないという風に書かれてしまった。東京新聞がいくら擁護しても難しいでしょうね。
 私が審査委員なら『やめとこうよ。他にもっといい言葉がある』と言うと思います」J-castより

---------------

 流行ってもいない「アベする」をアサヒシンブンにコラムニストがいかにも流行っているかのように書いた。ここまではまだいいと思う。それはコラムニストの責任だからだ。炎上したのも当然だろう。嘘なのだから。

 だけどそこに東京新聞の論説委員が関わってくるとなると尋常ではない。そしてまたこの論説委員、ヤバくなったら逃げてしまった。なにが「勘弁して欲しい」だ(笑)。

 ネットのない時代はこういう嘘の押しつけに一般庶民は反論できなかった。今は出来る。明らかに流行っていないものを大流行と押しつけられたら、「そんなの嘘だ」と反発できる。それがどんな「権威」だったとしても。
 いい時代になったものだ。その「誰もがもった力」を危ぶむ声もあるが、かといってまともに流行っているものを否定しようとしても出来ない。同じく「誰かから」反対の声が出てくる。平等だ。
 かたよったブログが「炎上」するのは、それだけの理由がある。

 コラムニストが書いたのはわかる。たぶん彼の周囲で「アベしちゃおうかな」と言ったひとがいたのは事実だろう。いなくても、彼が「アベする、ってどうよ!?」と思いついたなら、それをネタに書くのがコラムニストだ。流行っていなくても「流行っている」と書いてしまったのもまだ許される範囲であろう。それが彼の周囲の出来事でしかないこと、あるいは事実でないのに彼が思いついたことだとしても、「流行っている」と書いた筆禍は、彼の責任として処理できる。
 だけど東京新聞論説委員はお粗末だ。看過できない。ここには「だまれだまれ素人どもめ、だったら特権階級の俺様がおまえらを『一筆両断』してやる!」というマスコミ人のおごりが見える。

 むかしアサヒシンブンの百目鬼を筒井が批判したのもこの視点だった。百目鬼は周囲の一般人が嘆いているのを聞いて、「よしよし、だったらおれが書いてやるから」という手法を採った。その経緯をそのまま週刊誌に書いた。その醜さ、驕り。

 今までならこの論説委員のこれみよがしに一般人は黙るしかなかった。せいぜい新聞の投書欄に投書する程度だ。そんなもの黙殺されたら終りである。あとはそいつを刺すとか、新聞社に放火するとか、そんな直接的な行為しかなかった。

 今はインターネットというメディアを使って正面からことばで反撃できる。マスコミ人の特権が瓦解した。この論説委員はその「特権」は今もそしてこれからも持続するものと思っていた。盤石だと慢心していた。まさか特権階級の自分が素人に追い込まれることになるとは夢にも思わなかったろう。「勘弁して欲しい」は本音だ(笑)。

---------------

 ネットでは、「アベする」より、よほど「アサヒる」のほうが流行った。それを取り上げる紙メディアはないのか(笑)。

 というところにオザワの辞意表明。そしてまた一転。

・代表辞任の意向を表明していた民主党の小沢一郎代表(65)は6日夜、慰留を働きかけた同党の鳩山由紀夫幹事長らに対し「大変ご苦労をかけた。感謝している。本当に恥をさらすようだけど、皆さんの意向を受けてぜひもう一度がんばりたい」と述べ、党執行部の要請を受諾し、代表を続投する考えを表明した。鳩山氏が小沢氏との会談後、民主党本部で記者団に明らかにした。(izaより)

 さて今度は「オザワる」だ。これも大激震だからコラムニストは無視できないだろう。ぜひともアサヒシンブン御用達のコラムニストには「私の周囲ではオザワっちゃおうかなと言う人が多い」と書いて欲しい。同じネタなのだから、きっと彼の周囲にはそれを使う人がいるはずだ。いなきゃ不自然だ。もしもネットがそれを否定したら、「オザワるは流行っていた。流行語大賞に私は推したい」と、東京新聞論説委員に「一筆両断」してもらえばいい。それでこそまともだ。


============================================


 アベスルよりアサヒル(笑)──『現代用語の基礎知識』


「アサヒる」「初音ミク」「ローゼン麻生」、

現代用語の基礎知識に


「『アベする』は流行っていたので流行語大賞に」という声が一部にあった一方、とりあえず「アサヒる」が「現代用語の基礎知識」入り。


「アサヒル」とは

捏造する。でっちあげる。執拗にいじめる。


語句の由来


朝日新聞社が『アベする』なる語句を創出してまで自らの論調に相容れない者を執拗に攻撃することから。


関連:『フルタチる』も参照せよ。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0711/14/news075.html

---------------

 この件に関してアサヒシンブン、コラムニストの石原壮一郎さん、東京新聞の川北隆雄論説委員の意見を聞きたいと思った(笑)。

---------------


★日本のオーラ/「アベする」朝日の「流行語捏造」騒動でネット燃える

・「アタシ、もうアベしちゃおうかな」―。朝日新聞が掲載したコラムニストのこんなコメントが、目下、ネットで 「流行語の捏造だ」などと大騒動に発展している。当のコラムニストのブログには批判コメントが殺到し、大炎上。お馴染み「2ちゃんねる」でも"祭り"の状態なのだ。

 キッカケは、入院中だった安倍前首相がおわび会見をした翌日、その模様を報じた9月25日付朝刊
 (中略)
 <あさひ-る【アサヒる】捏造すること。事実でないことを事実のようにこしらえていうこと。 ないことを あるようにいつわってつくりあげること>
 <私の中で「アサヒる」という言葉はすっかり定着しました>
 <流行語大賞に、なんとか「アサヒる」を・・・・・・>
 など、すでに2万件近い書き込みが殺到し、逆に新たな流行語「アサヒる」まで誕生させる始末。
 その次は今も他のブログ、サイトにどんどん延焼する"祭り"の状態なのだ。
 (中略)
 捏造とまで批判された朝日新聞は、「特にご説明することはございませんが、当該記事に特別な意図などは全くありません」(広報部)と一切無視。
 それでも、「朝日はよく、ネットは検証せずに書いてるだけと主張してますが、じゃあ自分たちは 石原氏のコメントを検証したのかと言いたいですね」(2ちゃんねらー)  
 こんな声を聞けば、ちと耳が痛くはないですかね、アサヒるのが大得意の朝日サン。

※ソース(週刊新潮・10月11日号p54)

---------------

・15日に日本テレビ系列で放送された「おもいッきりイイ!!テレビ」で、ネット発の新語「アサヒる」が紹介された。

 もともとこの「アサヒる」は朝日新聞の記事が発端となった言葉で、主に「捏造する」「でっちあげる」という意味で使われている。
 また「執拗にいじめる」という意味もある。(はてなキーワードより)

 番組内ではこれを「朝日新聞では政治などに厳しい見解を示す記事が多い=執拗に責め立てるという意味」と説明。
 メインとなる「捏造」の意味に言及せず、「いじめる」というマイナスイメージの強い言葉を、「責め立てる」という言葉に変えて紹介した。

 なお、この新語は「現代用語の基礎知識2008」に収録されることになっており、その内容は前述のはてなキーワードが元になっている。

関連記事
  1. 2007/11/24(土) 12:05:43|
  2. マスコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平成十九年九州場所覚え書き──砂かぶりのケイタイ男 | ホーム | オシム監督の極東島国時代!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/931-17820571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。