スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

羽生、順位戦で敗れる──A級21連勝を止めたのは、またも三浦!

Shogi.gif羽生三冠、全勝止まる 三浦八段に敗北 将棋A級順位戦

 第71期将棋名人戦・A級順位戦の7回戦、三浦弘行八段―羽生善治三冠戦は11日、東京・将棋会館で指され、三浦八段が155手で勝ち、羽生三冠の全勝を止めた。

 三浦八段は通算成績5勝2敗。羽生三冠は6勝1敗となり、A級順位戦での連勝も21でストップした。

 これで7回戦が全て終了した。羽生三冠は敗れたものの単独トップ。三浦八段と渡辺明竜王が5勝2敗で追う。以下屋敷伸之九段と郷田真隆棋王が4勝3敗、佐藤康光王将と深浦康市九段が3勝4敗、谷川浩司九段と高橋道雄九段が2勝5敗、橋本崇載八段が1勝6敗となっている。

http://www.asahi.com/culture/update/0112/TKY201301110545.html

-------------------------------

 昨日深夜の決着、いま朝の7時に知った。A級連勝21という「前代未聞の記録」を止めたのは、またしても三浦だった。誰もが即座に「羽生七冠から棋聖を奪った三浦」を思いうかべたろう。「果たして何年続くのか」と思わせた七冠時代を、たった「167日天下」で終らせたのが三浦だった。
 今回も「いったい羽生のA級連勝はいつまで続くのか」と昂ぶっていたところにこの結果である。羽生ファンからすると天敵になる。

 あのころ「電波少年」で、松本明子が「羽生七冠を負かした最強の男とつきあいたい」と、三浦に突撃レポートをやっていた。「私とつきあってください。結婚してください」と、いきなり押し掛けてきて迫る松本に、戸惑いつつも三浦が「最初はおともだちから」とフツーに応えていたことに笑った。
 当時、三浦21歳。現在38歳、独身。

 しかしまあ前代未聞の記録ではあるが、たいしたことではない。いやいや、とんでもない凄い記録なのだが、たいしたことではない。矛盾しているようだがリクツとして、A級全勝で挑戦ならまずまちがいなく名人になる。だめだったなら次のA級での成績は落ちこむ。なのに羽生は全勝で挑戦し、敗れて、またA級では勝ち続けた。これは紛う事なき偉大な記録なのだが、同時にまたかなりの「珍記録」でもある。つまりこの数字は「羽生は森内名人が苦手」という数字的な証左なのだ。
 去年の春、全勝での挑戦に、「4連勝で奪取しろ!」と書いたら、勝率三割名人に負けてしまった。あれは落ちこんだ。あまりにむなしく、ここに書く気にすらなれなかった。



 だからまあ「連勝ストップ」はいいとして、より重要な「名人挑戦」はほぼ確定と思っていたのだが、それも危うくなってきた。三浦と渡辺が2敗で、苦手渡辺との直接対決を残しているから、安心は出来ない。ここで三浦をくだしておくと、三浦は失格となり、あとは渡辺戦に全力投球できた。假りに渡辺に負けても星勘定は絶対有利である。となると羽生にとって天王山はこの「対三浦戦」だったか。
 羽生対渡辺の2月1日の対決は盛りあがる。

 渡辺は挑戦者になれば、楽々と森内を倒すだろう。棋士には相性がある。渡辺は森内から竜王位を奪い、今に至る。その後、挑戦者になった森内を4-0で退けている。現在の両者の充実度合からして楽勝だろう。
 そうなると竜王名人という最高位に君臨することになり、真の渡辺時代到来となる。

 蛇足ながら、丸山では渡辺に勝てない。去年、今年と、最高棋戦である竜王戦に触れずパスしたのは、それが見えていたからだった。全局熱心にネット観戦したが、格が違っていた。書く気になれなかった。でもなぜか丸山は、肝腎な局面で強いところを見せる。竜王戦トーナメントでも羽生を潰した。羽生対渡辺なら盛り上がったのに。
 挑戦者決定戦の山崎との三番勝負も勝っている。山崎が挑戦者になれば盛りあがった。「王子と魔太郎対決」である。負けた山崎の罪は重い。まこと丸山は〝個性的〟な棋士である。好きじゃない。



 しかしまた逆に考えれば、これで混戦になり、ますますおもしろくなったとも言える。
 今年は「将棋界の一番長い日──3月1日」が、BSスカパーやスカチャン──見たことないのでわからないままに書いているが(笑)──で無料放送される。金曜日か。朝の9時半から翌日の午前2時まで将棋三昧できるのだ。ありがたいことである。

 羽生ファンである私としては、この日を待たずに羽生の名人挑戦者決定を願っているが、はたしてどうなるか。
 谷川将棋連盟会長も、まだ降級の危機から脱したわけではない。B級陥落で引退の可能性もある。目の離せない日になりそうだ。

---------------

【追記】──『激指』に入れてみた

 この60手目の局面で先手の三浦優勢になる。一時、後手羽生優勢にもなるが、流れは先手だった。

 junisenhabu 

















junisenhabu2















 この辺になってくると素人にはもうついて行けない。でも後手羽生優勢だと思うのだが……。

 後手の羽生が3九にいた龍を6九に入れる。108手目。煩悩と数と同じ指し手。
 それに対した先手の4八香っていい手なのだろうかと考えていたところに、さらにそれを上まわる不思議な手が出る。馬取りを放置しての8五歩。
 『激指』は6九龍と4八香を疑問手、この8五歩を敗着としている。
 ここって素直に銀や馬を精算していってはダメなのだろうか。間に合わないのか?
 相手に銀、角を渡すが、3一に打たれる飛車さえわたさなければ当面は大丈夫と思うのだが……。
 こちらの攻めより4三香成からの攻めが速いのか?



 155手で三浦の勝ち。終盤はすごい捻りあいだった。玉同士が8筋9筋で対峙した。リアルタイム中継(有料)で見たひとは楽しんだことだろう。私は、結果を知ってからの棋譜並べだから、感動はいまいち。でもアサヒとマイニチに金を払う気はない。



 ここのところこの種のソフトは「ひとつおき」で買うようにしている。これは『激指』の10。昨年末12が出たようだから買うことにしよう。
関連記事
  1. 2013/01/12(土) 07:54:28|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<すごいぞ「たかじん」、内閣総理大臣登場!──約束を護った安倍総理 | ホーム | マスコミ考──「逃げ道を用意した創価学会記事」のつまらなさ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/905-cebcb69e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。