落語の朝──正蔵と小米朝

rakugo
落語の朝──正蔵と小米朝



 16日はTBS落語研究会があった。午前4時25分から5時15分まで。こんな時間に誰が見るのだろう。「落語特選会」のころは見ていたが今はまったく見ていない。あれは深夜一時半ぐらいからだったからまだ充分に夜だった。これはもう夜とは言い難い。見なくなった。今回も偶然である。
 通例として朝は五時からで、この時間は日曜の朝ではなく土曜の28時25分と表記するらしい。視聴者は早起きしてみる年寄りの方が多いだろう。


 
 正蔵が「ぞろぞろ」、小米朝が「七段目」。興味深かったのは正蔵が長年やってきた、というかそれだけでもってきたような「海老名家ネタ──三平から兄弟姉妹まで」を一切やらず、前振りなしで本題に入ったこと。そして逆に小米朝が、「米朝ネタ」をマクラとしてたっぷりやったこと。
 国立劇場とはいえ客には「ウチの人間国宝がこのあいだ骨折しまして」「なにしろわたしは国宝の息子ですから」とアクション混じりでくだけた話をする小米朝のほうが受けていた。


 正蔵を襲名したこぶ平が、毎度の三平を引き合いに出してのマクラ(天国のお父さん、ぼくどうしよう、落語が出来ないんだ──せがれよ安心しろ、おれも出来なかった、のような)を一切封印しているだろうことは予測できた。
 だがまだそこには「もう正蔵なのだから。国立劇場だから。テレビ録画だから」の意気込み、かたさが見えていた。おどおどしているように見えた。まだまだである。
 対して小米朝はなんら迷うことなく米朝ネタを開陳してすなおに笑いを取っていた。
 正蔵が自分の藝に自信を持ったなら、やがてまたむかしのように堂々と三平ネタをやるようになるだろう。最近なら絶好の小朝泰葉離婚ネタがあった。それでこそ本物である。今の封印もまたわかる。先は長い。
 なんとも意味深なふたりの組み合わせだった。


------------------------------


 次いで5時15分から45分までNHK「日本の話芸」。ざこばの「子は鎹(かすがい)」。関東では「子分かれ」の演目。私は「芝浜」とか「子分かれ」は嫌いだ。それはともかく。
 ざこばはかんでばかりいるし滑舌もわるく、ひどい出来である。といって今回がそうというのではなくいつもそう(笑)。この人の持ち味。
 かすがいを知らない人もいるだろうからと実物を見せて説明する。うしろの人は見えにくいだろうといきなりより大きなものを取り出して笑いを取る。この辺は関西藝人のサーヴィス精神。「わたしこれ、自前で買ってきました。落語のためならお金は惜しまないんです」って、たかがかすがいで(笑)。


 不思議なもので好みは変る。最近の私は立て板に水の流暢なものよりこんなのを好む。CDでも志ん朝や文珍の流麗なものはまったく聴かず、志ん生の登場人物の名前も忘れたような投げやりなもの(笑)ばかり聴いている。それと昭和三十年代のラジオを思い出す、思い出すというかもろに当時のものだが、金馬の落語。それらがあたたかくてほっとするのだからしょうがない。落語の好みもこちらの精神状態によって変る。


------------------------------


 というわけで、偶然落語を連続して聞いて(見て)しまった夜(朝?)だった。いつ以来だろう。二年ぶりぐらい。


◎「早指し将棋選手権」の思い出
 見終わって思ったのは、毎週この時間は夜更かしであれ早起きであれ、テレ東の「早指し将棋選手権」を見ていたなあ、ということ。終ってもう何年になるのだろう、放映時間は微妙に変わったが、日曜明け方の思い出として体にしみこんでいる。
 不人気だったらしく、日曜の朝の九時からだったのに六時からになり、五時からになった。六時はまだ朝だったが五時になるともうついゆけない。(ゆけたが)。このままじゃ四時台になり三時台になるのじゃないかと心配していたら五時代で打ちきりになってしまった。競艇の笹川さんのようなスポンサーがいなくなったらもう打ち切りしかなかったのだろう。

 長年ヴィデオに取りため、数年前DVDに移植したものが何十枚もある。どれぐらいだろう、50枚以上100枚未満。当時はビデオテープもけっこう高かったから、つまらない勝負だと録画したあと上書きして消したりしている。HDDレコーダの便利さを痛感する。とはいえそういうふうにセコく上書きしたビデオテープの消しのこりCMなんてのが味になる。
 いつしか見ることがあるだろう。四段になったばかりの中学生の羽生が、若い森内が、佐藤がいる。王者の中原、谷川がいる。咳払いをし、体を揺する加藤がいる。貴重な二上会長の二歩による反則負けの一戦もある。大山の映像は宝物だ。


 と、ひさしぶりにテレビで落語を見たのだけれど、想いとしてはそのあとぼんやり思った「早指し将棋選手権」への郷愁の方が強かった。衛星放送を契約すれば将棋番組なんて一日中見られるし、見たければそういうものと契約しろという時代だ。まだする気はない。

関連記事
  1. 2007/12/17(月) 17:32:04|
  2. 落語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「SP」の音楽──菅野祐悟の魅力 | ホーム | ニコニコ動画の「演奏してみた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/89-485a9581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する