スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安倍内閣ネーミングで話題の中日新聞のセンス──この人選なら当然(笑)

chunich東京新聞と中日新聞が2012年12月27日付朝刊に掲載した安倍内閣に関する特集記事が、「最低すぎる」「便所の落書きレベルだ」と読者やネットユーザーから厳しい批判を浴びている。

各界有識者に新内閣の印象を閣僚人事などから語ってもらうという内容だが、「ネトウヨ内閣」「厚化粧内閣」など紙面の大半を否定的な評価で埋めてしまったからだ。
中日新聞名古屋本社には27日だけで100本近くの電話が殺到し、担当者は頭の下げっぱなしだったという。

「安倍新内閣 名付けるなら」というメーン見出しの特集記事にコメントを寄せた識者は、慶応大教授の金子勝さん、エッセイストの北原みのりさん、作家の宮崎学さんら計10人。それぞれのネーミングを紹介すると、「戦争ごっこで遊びたい『ネトウヨ内閣』」と名付けたのは北原みのりさん。

宮崎学さんは「国防軍オタク内閣」と評し、政治評論家の森田実さんは、閣僚メンバーに極右が目立つとして「極右はしゃぎすぎ内閣」と名付けた。

慶応大の金子勝教授は甘利明氏を経済再生担当相に起用したことを問題視し、脱原発に逆行する「逆戻り内閣」とネーミングした。

高崎経済大の國分功一教授は、憲法改正や日銀法改正に絡む安倍首相の発言などから「学力低下内閣」と命名し、元沖縄県知事の大田昌秀さんは「新内閣は『改憲内閣』になりかねない」。人材育成コンサルタントの辛淑玉さんは、党役員に女性を起用してタカ派の素顔を隠す「厚化粧内閣」と指摘した。

このほか、作家の高村薫さんはそこそこの優等生を集めた点で「そつなくまとめてみました内閣」、脱原発デモ主催者の松本哉さんは「まぐれ敗者復活内閣」「期待度ゼロ内閣」、市民団体「子供たちを放射能から守る福島ネットワーク」世話人の椎名千恵子さんは「福島圧殺内閣」と名付けている。

ちなみに東京新聞のサブの見出しは、太い黒文字で「『敗者復活』の『逆戻り』」「『改憲』狙いの『厚化粧』。
中日新聞のレイアウトは、右手を挙げて官邸入りする安倍首相の全身写真の周りを「ネトウヨ」「改憲」「学力低下」などのネーミングが取り囲んでいた。
http://www.j-cast.com/2012/12/28160077.html?p=al

---------------

北原みのり『ネトウヨ内閣』」
 
宮崎学「国防軍オタク内閣」

森田実「極右はしゃぎすぎ内閣」

金子勝「逆戻り内閣」

國分功一「学力低下内閣」

大田昌秀『改憲内閣』

辛淑玉「厚化粧内閣」

高村薫「そつなくまとめてみました内閣」

松本哉「まぐれ敗者復活内閣」「期待度ゼロ内閣」

椎名千恵子「福島圧殺内閣」


この10人を選んだら、こうなるって(笑)。まともな日本人がひとりもいない(笑)。朝鮮人ばかり。
つまりは、最初から全否定的なものになるよう企劃している。
 
抗議の電話殺到に頭を下げっぱなしだったってのはへん。卑怯だな。人選の段階からそうなることはわかっていて、というか、そういうふうになるように仕掛けて作ったのだから、この命名は、いわゆる「してやったり」のはず。よろこばないと。

明確なそういう意図で作ったのに、抗議電話になぜ詫びるのだろう。
抗議の電話が来たら、「わたしどもの意見ではなく、あくまでも識者のみなさんの意見ですから」ととぼけるのが筋。

しかしこの人選はすごい。よくもまあ。私からすると大嫌いな気狂いサヨクばかり。誰の企劃なのだろう。
中日新聞か……。
朝日が「報」の略ってのは有名だが、ここは「親新聞」の略かな。 

なぜこのような人選なのかという質問に、東京新聞──名古屋では中日新聞、関東では東京新聞と名を変える東スポ型(笑)──はこう応えたのだとか。

「他にも多くの人に依頼したが断られるなどしてこの10人になった」

まさか(笑)。もうすこし上手なウソをつけよ(笑)。
多くのひとの答の中から自分達の意に添ったこの10人を選んだんだろ。
北原みのりって(笑)。それが中日新聞のレベルか。

これ一発だけじゃない、自民党圧勝のときから、すさまじい否定だった。ひどい新聞である。どんなひとがこんなのを読んでいるやら。



日本の総理はボロクソに言うが、朝鮮の大統領は大絶賛。どこの国の新聞なんだ。
韓国女性大統領 隣人の大切さ知る人だ
    
 韓国大統領選で与党セヌリ党の朴槿恵候補(60)が当選確実となった。国民は格差社会の是正を願う。経済成長と富の再分配をどう両立させるかが課題だ。
 朴氏は韓国で初の女性大統領になる。北朝鮮と対峙(たいじ)する韓国軍の統帥権を女性に委ねるのはどうかと、懸念も聞かれた。だが、国会議員五期、党代表も務めた強いリーダーシップを示し、保守層、中高年齢層を中心に厚い支持を集めて激戦を勝ち抜いた。
 父は韓国発展の基礎を築いた故朴正熙元大統領。豊かにはなったが、少子高齢化が急速に進み福祉制度はまだ不十分な祖国のかじ取りを担う。

 朴氏は李大統領の競争原理を重視する政策とは一線を画し、福祉や教育予算を大幅に増やす中道路線を前面に出した。これで保守、既得権層の代弁者という批判をかわすことに成功した。

 朴氏は演説で「国民すべてを家族と思い、母親の気持ちで職務をする」と述べ、優しさも印象づけようとした。 
 それでも韓国では今後、政界だけでなく各分野で女性の活躍が広がっていくだろう。日本をはじめアジアの国々でも、朴氏の活動する姿が女性の社会参加を促すきっかけになればと願う。http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012122002000086.html
関連記事
  1. 2012/12/29(土) 09:00:21|
  2. マスコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3年遅れの「麻生太郎漢字誤読論」①──いまだ「じゅんぷうまんぽ」と言っているので、それを指摘したら「失せろ、外道!」とJNSC会員に言われました(笑) | ホーム | 「嘉田由紀子代表の新・未来の党、発進!」に ●福島みずほたん、高笑い!? を追記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/888-0d09bcc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。