スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

民主党の田中眞紀子先生、未来の党の小沢一郎先生、苦戦中──新潟と岩手の民の出す結論は?

野田首相応援も真紀子文科相に猛吹雪…新潟5区

JR長岡駅前で田中真紀子氏の応援演説をする野田佳彦首相
nodatanaka 











 田中真紀子文部科学相(68)と自民党の長島忠美氏(61)との激しい前職対決が注目される新潟5区。8日は、野田佳彦首相(55)が応援のため現地入りし、吹雪のJR長岡駅前で必死で支援を訴えた。対する長島氏は真紀子氏が民主党の方針に反して環太平洋連携協定(TPP)参加に反対の姿勢を示している点を「政策の不一致」と猛批判。「真紀子さんはあきられた毒舌タレントみたいなもの」という日本維新の会の米山隆一氏(45)も猛追している。

 気温セ氏1度。雪起こしの雷が鳴り響き、みぞれが降りしきる中で、真紀子氏とともに街宣車上に立った野田首相は、約1000人の長岡市民を口説き始めた。

 「魚沼産のコシヒカリ、とてもうまい! コメがうまいから酒もうまい。吉乃川も、八海山も、越乃寒梅も、久保田の千寿も萬寿も。新潟の農業を前に進めるためには馬力がある人が必要なんです!」と訴え、拍手が起きると「拍手だけじゃ心配だ。16日に投票してくださる方は手でマルを作ってください」。前方にいる聴衆が顔を見合わせ、戸惑いながらも手でマルを作り出した。

 先立っての真紀子氏の演説ではヤジが多かった。持ち前の毒舌で「未来の党は必ず分裂します」「(日本維新の会の)橋下(徹代表代行)さんは選挙の後でポイされる」

「(自民党の)安倍(晋三総裁)さんは岸(信介元首相)さんのお孫さんだから戦争をやってみたくてしょうがないのよ! そんな自民党がいいと思う人がいたら手を挙げてください」。すると「ハイ!」「ハイ!」と次々と手が挙がり、街宣車上から「どうしてよ!」と絶叫した。

 ◆新潟5区(長岡市の一部、小千谷市、魚沼市、南魚沼市、南魚沼郡湯沢町)
 
米山 隆一(45)維新新
長島 忠美(61)自民前
服部 耕一(43)共産新
田中真紀子(68)民主前
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121209-OHT1T00046.htm

---------------

 首相が応援演説してくれている横で、田中眞紀子は気楽にポケットに手を入れている。すごい女だ(笑)。傘を持っている連中は素手だというのに。これだけでこの女の性格がわかる。

 そもそもTPPに参加する意向の野田と地元票のために反対の眞紀子では考えが違う。野田の演説も無茶苦茶。TPP参加すると言っている野田が新潟の農業を誉めたって誰も納得しない。アホである。



 前回、民主党の眞紀子が103202票、自民党の米山が86453票。前々回もふたりの数字は同じようなもの。このときは自民党を出た眞紀子は無所属。米山は自民党。10万と8万で、ふたりの間には2万票の差がある。これは縮まらないだろう。
 今回ここに強烈な自民党候補として長島が参加した。あの山古志村の村長だ。

 さて、この票読みはどうなるのだろう。長島と米山を合わせた数が眞紀子を越えるのはまちがいない。しかしふたりはアンチ眞紀子の共食いになるのではないか。有権者は20万人ほどなので、眞紀子は8万と票を減らしたのに、長島7万、米山5万のように、結果的に眞紀子辛勝とか。

 米山がいなかったら、眞紀子と長島の一騎討ちになり、長島の勝利、新潟田中帝国の終焉を目にすることができるのだが、米山も2回連続惜敗では引くに引けなかったのだろう。維新に鞍替えしての出馬だ。

 漁父の利を得て眞紀子当選なのだろうか。興味深い。

---------------

小沢一郎氏、募る危機感「小選挙区で敗れたら即引退」…衆院選岩手4区

ozawajimusho










15回連続当選を目指す小沢一郎氏の選挙対策事務所
 
 岩手4区で15回連続当選を目指す日本未来の党・小沢一郎氏(70)が「小選挙区で敗れた場合は議員を即引退する」との意向を選対関係者に伝えていたことが11日、分かった。逆風での戦いに危機感を募らせる陣営が明らかにした。


 父・佐重喜氏を継いだ1969年の初当選から14回連続で議席を守ってきた全国屈指の“無風区”に、初めて逆風が吹いている。民主を離党して新党を立ち上げた小沢氏に対し、4区内の「小沢系県議」10人のうち4人は党に残留。公示直前の今月2日になって、民社、新進、自由、民主の4党の職員として30年以上も小沢氏を傍らで支えてきた及川氏を独自候補として擁立。打倒小沢にかじを切った。さらに藤原氏にも自民の追い風が吹く。和子夫人の離縁状を巡る週刊誌報道などもあり、小沢離れは想像以上に広がっているとの見方もある。

 ◆岩手4区(花巻、北上、奥州市など)候補者
 
  及川 敏章(56)民主新
  藤原  崇(29)自民新
  高橋 綱記(64)共産新
  小沢 一郎(70)未来前

http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20121211-OHT1T00180.htm

---------------

 かつて闇将軍と言われた男の一人娘と、その闇将軍が娘の婿にと願った醜男が苦戦している。 
 さすがに小沢は勝つだろう。だって相手が弱すぎる。及川は民主党(笑)だし、自民党はもっと強烈な候補はいなかったのか。だから私は和子夫人を立候補させろと言った(笑)。和子夫人がいかに小沢という男がくだらないかと演説したら、岩手の愚民もさすがに小沢に愛想を尽かしたろうに。



 ふたつともスポーツ報知の記事から。
 ここのところスポーツ紙の政治記事がおもしろい。思うに、大新聞←日刊ヒュンダイの得意なセリフ(笑)──では許されないくだけた論調も、スポーツ紙だと許されるからだろう。上記の田中眞紀子の滑稽な様子を評した文章も大新聞(笑)だと憚られるが、スポーツ紙ならGoとなる。

 ああ開票結果が待ち遠しい。

---------------


【追記】──田中眞紀子落選! 田中王国の終り──12/18

tanakamakiko















 結果はこのようになった。予想以上の大差で長島が圧勝した。
 前回の眞紀子の票は103020票だから半減したことになる。落ち目である。もう復活はない。

 前回自民党から出馬し8万票以上取った米山は今回は半分以下だ。つまりは「自民党票」だったことになる。それはすべて長島に流れた。でも逆に言えばそれでも35000票取っているのはたいしたもんだと思う。なんとしても当選しようと地道に田舎で活動してきたことが結実している。でも自民党票には適わなかった。
 東大医学部を出た医者なのに、それから司法試験にも合格、弁護士登録もした。そして国会議員への挑戦。ものすごい上昇意慾だ。しかし国会議員の壁だけは越えられずにいる。



 落選直後の真紀子は「自分の力が足りなかった」と殊勝なことを言っていたが、これがこの女の本音のはずがない。

 案の定18日の記者会見では、今回の解散を「自爆テロ解散」と名づけていたと言い、野田首相が「ひとりよがりで決断した解散であり自分はその被害者」との見解を述べた。どこまでいってもカスである。
 
 もともとこの女には新潟県民も惚れていたわけではない。あくまでも地元新潟に金を持ってきてくれた田中角栄への恩である。それはいまも感じている。それでももうこの女はいいやとなった。

 参議院への出馬や県知事への転身が噂され、17日の朝の時点では否定していた。しかし権力慾の強いこの女がこのままおとなしく引退することはあるまい。県知事選にでも出馬して落選すればさすがに自分の実力を知るだろう。来夏の参院選に出て来るのか。新潟県民の良識が真に問われるのはそのときだ。

---------------

小沢当選──しかしかなり票が減っている

ozawatokuhyou


















 こちらは楽勝。しかし前回、2009年の小沢は133978票を得ている。今回は78057票。55921票減である。落ち目であることがよくわかる。和子夫人が率いてきた後援会組織が解散したことが大きいだろう。
 小沢は今回岩手に入り街頭演説をしている。30年ぶりだとか。前回は顔を見せなくても13万票集まったが、今回はそこまでしてもこれだけだった。

 自民党候補29歳の藤原は充分健闘したと言えるだろう。小沢はいつもダブルスコアで、いやダブルスコア以上の圧勝をしてきた。しかし今回、この29歳の新人の若僧にダブルスコア出来ていない。
 比例で復活したから藤原は次回も小沢と闘うことになる。果たして逆転は可能か。小沢の息子が出馬せず、小沢が老いてゆくのは目に見えているのだから、「小沢王国」は間もなく終る。

 小沢を支持していた民主党県連が及川(小沢の元秘書)支持に回ったこともあり、落ち目の民主党でも及川は28000票も獲得した。これも長年の腹心の秘書が裏切っての立候補である。いやもちろん民主党の支持者に出てくれと言われて出たのだが、かつて小沢王国ではこんなことはなかった。



 小沢一郎と田中真紀子には共通点がある。ともに被選挙権をもつ優秀な息子がいるのだが、父や母を嫌い、出馬しないのである。それこそともに田舎に築いた「王国」であるから、王子さまが出馬すれば圧倒的な勝利を得るのは確実だ。王国の継続を願う後援者達はそれを待望している。

 元々新潟では、眞紀子の息子に期待が寄せられていた。誰もが「角栄先生の跡取りはあのお坊ちゃん」と期待していた。後援者がそう期待する聡明な少年だったようだ。25歳になる前から将来は国会議員になるものと話題になり、週刊誌も取りあげていた。私も『週刊文春』や『週刊新潮』で彼に関する記事を読んでいる。そのとき24歳だったか。慶應を出て公認会計士だったように記憶している。

 それは既定の路線のように言われていた。だが彼は25歳になり当選確実でも出馬しなかった。親を嫌っていた。もしも彼が出馬していたら新潟の田中王国は今も健在だったろう。もっともっと発展していた。

 田中眞紀子とは、息子が出ないので王国を潰すわけにはいかないと出しゃばってきた本来なら出るはずのないおばちゃんにすぎない。傲慢傲岸驕慢な性格は娘時代から嫌われていた。地元民は「いつか王子様が」と繋ぎの我が儘おばちゃんを取り敢えず支持してきたが、ここにきて我慢の限界となった。
 それは「もうお坊ちゃんが出ることはない」という踏ん切りと決断でもあったろう。角栄先生の血を継いでいなくても、より優秀な他人を撰ぶことにした。それが新潟田中帝国住民の今回の決断だった。



 眞紀子と小沢は仲がいい。本来なら眞紀子は小沢にくっついて「国民の生活が第一」(そんな党がありましたなあ)に移るはずだった。だが次の選挙が心配だ。落ち目なのは自分でもわかっている。よって民主党に残ることにし、その代わり大臣ポストを要求した。そのことで注目度を高め、次の選挙を乗りきろうと目論んだ。数の欲しい野田は残留してくれた眞紀子のその要求を受けいれた。またひとつ、民主党の悪夢人事「文科省大臣田中眞紀子」が現出した。

 だがこの騒動おばちゃん、開校が決定していたみっつの大学をいきなり不許可にする思いつきで、逆の意味の注目を集める。無能な人間はやることなすこと裏目に出る。たしかにろくでもない大学が増えすぎている。方向はわるくない。だが思いつきでやっては、まともに進行していたところから反撥が来るのは必至だ。バカ大学の開校を否定して讃えられると思ったら叩かれた。おばちゃん、おろおろして、すぐに撤回する。それがまた嗤われた。なんとも底の浅いひとである。



 今回の落選を「野田首相のひとりよがり自爆テロ解散」とし、自分はその被害者と位置づけた。この女がいかに、どうしようもない性格であるかをよく顕している。
 今日の産經新聞は「落選した閣僚の責任転嫁は見苦しい」とし、特に眞紀子のことを「大学の不認可やその後の撤回で、溺れそうな民主党の足を引っぱったではないか」「負け犬の遠吠え」と辛辣に批判した。

 落選の翌朝、「ぐっすり眠れた」と言い、「すべて自分の力が足りなかったから」と殊勝な発言で、すこしは女を上げたのに、二日後には「自爆テロ解散」と言い、落選を野田首相のせいにして本性をあらわにしている。化けの皮が剥がれた。なんともみっともないおばさんである。このバカ女を溺愛し、「あいつが男だったら」と政治家としての能力も高く評価していたというだけで田中角栄というのがなんぼのものかがわかる。

 小沢について「生活」に移籍し、脱原発と消費税増税反対を唱えていれば当選の目はあったのではないか。へたに大臣などやらず、そのほうがよかったように思う。いやいや落選して欲しかったからこれがベストなのだが。



 小沢の息子も父を嫌い、家を出て母と一緒に暮らしている。このひとも優秀らしい。聡明な息子はともにズルい親を嫌った。和子夫人は明確に離婚を要求し、慰藉料の金額の段階まで来ているという。

 息子に嫌われていることがふたりの人格のすべてに思える。小沢は糟糠の妻にも愛想を尽かされた。
 眞紀子はまだ元防衛大臣田中直紀(笑)を順えている。田中直紀に隠し子がいたら笑えるんだけどなあ。
関連記事
  1. 2012/12/14(金) 18:38:14|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<天才テレサ・テンの凄味──「釜山港へ帰れ」聞き比べ | ホーム | 政党や政治家を支持するということ──基本は妥協である──妥協しなかった人の行きついたところ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/862-f57bb5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。