スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「未来の党のネットでプレ総選挙」とは何だったのか!?──意外な結果で突如閉鎖

昨日、未来の党が「ネットでプレ総選挙」というのをやっていた。私は未来の党に興味がないので知らなかったのだが、<きっこさん>のツイートで知った。



kikkomirai





 アドレスをクリックして出かけてみた。こんなサイトだった。

mirai1



 














 このサイトはもう閉鎖されている。画像は未来の党支持者がまとめたtogetterから借用してきた。そのアドレスはあとで書きます。

 未来の党支持者のこのひとはもちろん「原発推進」と「消費税増税」にNoだから、ふたつの質問にNoのボタンだけが表示されているが、これはYesとNoのボタンがあり、クリックすると、押したほうだけが表示される(押さないほうは消える)仕組みになっている。私の場合はふたつともYesが並んだ。

 この画像では108000人が参加しているが、私が<きっこさん>のツイートでこれを知り、参加したときは12000人ほどだった。
 私は両方ともYesを押したが、未来の党の支持者が集う場であるから、もちろん少数派だと思った。未来の党の主張に都合がいいように、未来の党の支持者が投票する、そのために作られたアンケートである。結果はやるまえからわかっている。



mirai2

















 ところが結果はこんな感じだった。これは108000人の結果だが、私が参加した12000人のときもこんな感じで、賛成派の数字はもうすこしちいさく72%だった。人数が増えてYesの率があがっている。



mirai3


















 こちらも結果をしっかり覚えている。
 私が参加した12000人のときは、消費税増税賛成は32%だった。この結果とは逆である。反対が多かった。こちらは逆転したらしい。



 この流れにはひと悶着あった。
 <きっこさん>のツイートを読むとわかるが、最初は「脱原発に賛成か反対か」と問うたのである。そしてこういう結果が出た。すると未来の党支持者多数が党にメールを送ったらしい。「質問のしかたが悪い。あれでは原発反対のひとが賛成に投票してしまう。私もまちがえてしまった」と。私にはこれは意味不明。多くのひとが同じ事を言っていたが、脱原発に賛成ならYesだろうし、反対ならNoだろうし、どこに問題があるのか。

 未来の党は、「なんだそうだったのか」と解釈したらしい。多くのひとが質問を勘違いしたからこんな結果になったのかと。それで指摘されたように質問を、よりわかりやすく、「原発推進に賛成か反対か」に替えた。これは党のサイトにも、そういう指摘が多かったので質問のしかたを替えたと書いてある。
 質問方法を変えることにより、それまでの望まない結果アンケートをリセットしたとの情報もあるが、私はそれは未確認なので触れない。
 と書いてアップし、いま気づいたので訂正。画像に「(質問方法を変え)12月3日14時半に一度リセットした」と書いてある。私の参加はこれより早かったから、私の清き1票ならぬ清き1クリックはリセットされてしまったようだ。

 しかし結果は同じだった(笑)。いや、より差が開いた。



 この結果は不思議だった。だって未来の党のやる未来の党支持者のためのアンケートである。馬場猪木時代の新日本プロレスの会場で、「新日本と全日本、どちらが好きですか」とアンケートを採るようなものだ。
 未来の党支持者が集って、原発反対、増税反対と盛りあがる場だろう。未来の党だって、そのためにこんなものを設置したのだ。
 私の参加した12000人の時は、原発推進賛成72%、消費税増税賛成32%だった。何時ぐらいだろう、昨日3日の午後か。(リセットの14時半よりは前。)

 私は、今はまだ始まったばかりだから、やがて何十万人も参加すれば(何百万人にはならないだろうと思ったが)未来の党支持者によって、未来の党の好む結果になるのだろうと思った。未来の党がやっているアンケートである。原発推進支持者のほうが多かったのは意外だったが、いわばこれは早い時期の徒花であり、最後は圧倒的多数で反対派圧勝であろう。だってそういう目的で未来の党がやっている未来の党支持者のためのアンケートなのだから。

 そして今朝、そういえばあの結果はどうなったのだろうと調べてみた。するとすでにサイトは閉鎖され、こんなことになっていた。下は切り取り画像である。



mirai















 前記「未来の党支持者のひとがまとめたtogetter」のアドレスはここ。貴重な画像を得られました。感謝します。思想が違うので不本意でしょうが(笑)。
 最終結果は書いてないが、このひとは「原発推進派と増税派がダブルスコア。そんなバカな!」と怒ってこのまとめを作ったようだから、最終結果もこういう割合だったのだろう。

 このひとは、アンチ未来の党による悪質な情報操作、妨害工作と憤っている。どうやら未来の党は予測したのとちがう結果が出たので急いでこのアンケートサイトを閉鎖し、削除したようだ。
 好まない結果が出たから削除じゃ、なんのためにやったんだ、となる。結果を表示して、自分達の意見をそこに添えるのが政治家だろう。まるで臭い物に蓋である。まあそれは小沢の得意技だが。

 と書いて気づいた。日本はネットで選挙活動をしてはならないというへんな国である。今日が告示だからいずれにせよ0時前には削除せねばならなかったのかな。それともこういうのは関係なし? 

 しかし、前項の日刊ゲンダイの記事によれば、「未来の党」で検索したひとは4000万人もいて、日本人の三人にひとりの割合で興味を持っているのだ。支持者の数も半端ではあるまい。
 私が見たときの12000人で言えば、8000人が原発推進賛成で4000人が反対だったわけだが、それを知った未来の党支持者が参戦すればすぐにひっくり返ったろう。それは108000人でも同じ。なのに最後までこのパーセンテージだった。それどころか増税に到っては、私の参加した12000人のときは賛成32%だったのに、逆転して終っている。これを企劃した未来の党の担当者の落胆顔が見えるようだ(笑)。



 あるひとの推理に、「みんな軽い気持ちで押したのだろう」というのがあった。原発廃止、消費税増税反対の未来の党のアンケートだから、未来の党に興味のないひとたちが(興味がなければアンケートになんか行かないから、この言いかたはヘンか)、じゃやっぱり未来の党が嫌いなひとたちが、軽い悪戯心で原発推進、増税賛成したのではないか、というのだ。
 それはあり得る。現に私がそうだ。私は原発推進賛成、消費税増税しかたない派だが、未来の党には興味がない。嫌いだ。なのにこのアンケートに関わったのは、嘉田と小沢に対する反感からだった。たとえば同じアンケートを社民党や共産党がやったなら、私がそのサイトに出かけてボタンをクリックすることはなかった。そこまでの興味がない。だからそういう推理はありうる。



 でもそういう悪戯心は是正されてしまうものだ。

 馬場とハンセンの初対決となった東京体育館。超満員。新日からハンセンを引き抜かれて悔しい親日ファンが浸入していた。馬場とハンセン初対決前、盛り上がる会場で、数人が立ちあがり「猪木コール」を始めた。会場に笑いが起きた。まだほのぼのとしていた。全日の会場で三人ほどが立ち上がり「イ・ノ・キ! イ・ノ・キ!」とやっている。「さあみなさん、ご一緒に!」と声をかける。それなりに親日ファンも集っていたのだろう、それは伝播してそれなりのコールになった。
 だがそれがしばらく続いたあと、全日ファンのひとりが「いいかげんにしろ!」と立ち上がって怒鳴ると、次々と全日ファンがそれに続き、「やめろバカヤロー!」「帰れ!」と会場は全日一色になり、そいつらはすぐに駆逐された。入場者のほとんどは馬場とハンセンのシングル初対決に期待する全日ファンだったのだから当然である。
 馬場ハンセン初対決を見ようと駆けつけていた私には興味深い出来事だった。

 そんなものである。そしてまた、そうでなければおかしい。このアンケートも同じだ。



 未来の党がやっている未来の党支持者のためのアンケートである。だからこそ小沢支持者の<きっこさん>も「参加しましょう」とツイートしたのだ。アンケートサイトを作ったひとも、<きっこさん>も、99%が原発No、増税Noになり、「これぞ国民の声!」と高らかに宣言するはずだった。そのつもりだったろう。ところがこの結果だ。そういや<きっこさん>、呼び掛けておきながら、このアンケートの結果には触れてないな(笑)。都合の悪いことに知らんふりするところは、まさに未来の党と同じ。小沢好きは顔も性格も小沢に似ている。

 私のように未来の党が嫌いでYesをクリックしたひとはそれなりにいたろう。だが、アンケートを始めたら「原発廃止論者のアンケートなのに、賛成のほうが多い」という途中結果が出たなら、「こりゃまずい」と本物の信者がかけつけ数の力で逆転する。それが正しい流れであり、必ずそうなる。ならねばならない。だってその目的のために始めたアンケートなのだから。最初に結論ありきなのだ。

 ところがこのアンケートではそのままだった。私の参加したときの12000人の結果がリセットされ、108000人になっても同じだった。さらには「増税」のほうまで逆転している。最終結果は何人で、どんな割合だったのだろう。



 togetterをまとめたひとが言うような、悪質な情報操作なんてものがあったはずもない。このひとの逆上ぶりを見ると引く(笑)。また、「限られた数の人が何十回、何百回と参加して、こういう数字を作った。それがネット」という意見も見かけたが、私はそうは思わない。こんなどうでもいいものに、そこまで燃えるひとはいない。案外これ、ふつうの意見なんじゃないの。
 周囲にいる、質素な生活のごくふつうのひとが、「生活は苦しいし、消費税を増税されたらたまらないけど、増税しないと国が保たないだろうよねえ」なんて穏やかに語っている。同じく、「原発がなくてもやっていけるならそのほうがいいけど、化石燃料のない日本なんだから安定電力供給に原発は必要でしょう」というひとも多い。



 言えるのは、「未来の党支持者の弱さ」である。108000人という数字は大きいが、ネットの広さと選挙のことを考えればとんでもなくちいさい。そのうち76%(82000人)が原発推進賛成に票を投じた。なら、あっと言う間に未来の党支持者20万人ぐらいが集まってひっくり返さなきゃウソである。その程度の力もないことがハッキリした。

 そして、ここまで明確だと、原発の必要性を理解し、今の日本を救うために増税もやむなしと覚悟をしている国民が、それなりに存在していることを認めざるを得ないだろう。それを証明したのが未来の党のアンケートというのは皮肉だが。



 小沢はニコ生出演での好評から、すこしネットを甘く見すぎたようだ。ネット住民はあんたの支持者ばかりじゃないって(笑)。岩手県民みたいに自分の都合のいいようにはいじれないよ。ニコ生視聴者がどれぐらいいたのか知らないが、この結果からは、小沢嫌いもかなり見ていた、ということだろう。

 ともあれ、未来の党がやったこの「企劃」は、企劃として大失敗だった。もくろみとは逆の結果が出た。立案者はへこんでいることだろう。
 脱原発と消費税増税反対だけを唱えれば、この指とまれ状態で国民が群がってくるという甘さをネットは見事に否定した。日本人を舐めるなよ、朝鮮人! これでいくらか小沢も賢くなるか。

 日刊ゲンダイにはこのことも報じて欲しいよなあ(笑)。

---------------

【追記】──このアンケートの広告動画があると知りました

 間もなく消されるでしょうから、早く行って見ましょう。
 こんなものまで作っておきながら、意に添わない結果だったらすぐ削除。恥ずかしい。
 こちらです
関連記事
  1. 2012/12/04(火) 09:54:56|
  2. 小沢一郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「未来の党のネットでプレ総選挙」のテレビCM動画──まだ見られるので削除されないうちに見ましょう | ホーム | 「未来の党」がとんでもないブームになりつつあり民主党や自民党がまっ青になっている──という記事はどこが書いたのかな(笑)──答は日刊ヒュンダイ(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/834-4194a74d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。