スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「私淑」の誤用──「居眠り磐音」篇

kotoba.gif 「私淑」ということばが誤用されていることに関してはサイトの「私淑と実家」にまとめてある。2006年の文だ。
 浅田次郎さんがすごい使いかたをしたので、それも附記した。

 先日、「居眠り磐音」( 佐伯康光)を読んでいたら、またすごいのが出てきた。
 武士が上司に隣にいる友人(それが浪人中の主人公磐音なのだが)を紹介するのに、彼がまちがいのない人物だと思ってもらえるよう言うのだ。「私は彼に私淑しております」と。

 サイトの「浅田次郎さんの私淑」に書いたが、浅田さんが「私淑」を同い年の仲間に使ったのでおどろいたわけだが、佐伯さんのもすごい、「私淑」を目の前にいるひとに対して使っている。まして時代は江戸だ。江戸時代にこんな「私淑」の使い方をするひとはいなかったと思うが……。



 ことばは世に連れて変ってゆくものであり、 元来の意味にこだわってもしょうがない。
「憮然はしょんぼりすることだ」と主張しても、くだらん強弁と思われるのが落ちだ。それこそ相手に(今どきの意味の)「憮然とされる」だろう。「なしくずしは少しずつ片づけて行くことだ。いいかげんの意味はない」「姑息は一時凌ぎのこと。卑怯という意味はない」なんてのも同じ。

 私淑している高島俊男先生も「ま、しかたないんじゃないの」と諦めているのだから、私もそれに従おうと思っているのだが、それでも三人の武士の会話で「私は彼に私淑しております」と出てきたときにはおどろいた。
 今時の「私淑」は本来の意味を離れ、浅田さんが使ったように「口には出さないが心の中では一目置いている」のような意味なのだろう。それは「私」の字から、「こっそり、ひっそり」という解釈と思われる。佐伯さんのは隣にいるひとに対して口にしているのだから、この解釈すらも越えている。

 こういうことにこだわるのは精神衛生上よくないので、なるべく考えないようにしよう。それしかない。



「『居眠り磐音』は『渡る世間は鬼ばかり』だ」という論文?を書こうと思っているのだが未だに書いてない。まあ書いても磐音ファンと渡鬼ファンに憎まれるだけで何の益もないが(笑)
 佐伯さんは時代劇作家として大成功したのだが、あれでいいのだろうか。なんだかかつての赤川次郎を見ているような気がする。
関連記事
  1. 2012/11/08(木) 08:07:45|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アジアの10ヵ国に日本の好き嫌いを調査──2ヵ国以外は日本が大好き(笑) | ホーム | 将棋話──坂口安吾「九段」──大山康晴も安吾にかかると「生意気な若造」になってしまうという話──「若冠」について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/807-64d4996b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。