スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

安倍晋三自民党総裁誕生を寿ぐ──田母神さんのツイートから──石波にならなくてよかった……

一所懸命日本のことを考えて生きていれば、だいたいにおいて世間の流れは自分の考えと一致する。思うようにはならず苛立つことも多いが、心を同じくするひととは意見が通じるものだ。

なのに時折、どうにも理解しがたいことが起きる。
今回の自民党員における「石波人気」というのもそれだった。
なぜ彼があのようなのが高い支持を受けるのか、私には理解できなかった。

しかし自分の信じるひとは同じ事を言ってくれていた。
私は田母神俊雄さんの意見が心強かった。
引用させていただく。



tamogami919

 




まったくこの通りであり、石波は「防衛通」などと解釈され、みょうに今の日本に必要なひと、のような高い支持を受けているが、そんなことはない。勘違いである。 田母神さんが書かれているように、靖国に参拝したことはないし、これからもしないことをほのめかしている。そこをつっこまれるとうまく逃げてごまかしているが。

彼のシナ、朝鮮に対する歴史観はサヨクにちかく、なぜ自民党員がこんなのを支持するのか、理解に苦しんだ。それも圧倒的な人気なのである。イメージによる勘違いが歯止めの利かない暴走を始めていた。

石波は、鳩山や菅と同じく、総理になったら、「こんなひととは思わなかった」と失望する典型的なタイプである。
なぜそのことに気づかないのだろう。
秋葉原での雰囲気的石波支持者の若者の弁。
「このひとなら、ガツンとやってくれそうな」
しない。石波はしない。口先だけだ。いや口先も、上手にもう逃げの姿勢に出ている。



候補者5人によるテレビの討論会は可能な限り見たが、そこでも石波の卑怯な論法は際立っていた。それも田母神さんは指摘している。前後するが9月15日のツイートである。


tamogami915







私も彼らが出演した「新報道2001」、そのあとのNHKの「日曜討論会」すべて見ている。感想は田母神さんと同じだ。

尖閣諸島に船だまりのような施設を作るかという質問に、明確に作ると応えたのは安倍のみ。
石波のことばによるだまくらかしは悪質だった。

田母神さんの「石波氏は言いかたが回りくどくて始めから逃げを打っているようです」は正鵠を射ている。5人の候補者の中で、石波の言いまわしがいちばんくどく、それでいて何も言っていない一貫した意味不明な逃げの弁明だった。

船だまりを作るかという質問には、あのベチャベチャネットリしたしゃべりかたで、「それはですね、そういうものを作るとかそういう以前にですね、もっといろんな視点から国家として尖閣をどうするかということを考えねばならないわけで」のように、(正確な復元ではないが趣旨はあっている)「作るか作らないか」には応えず、話をはぐらかしている。町村も同じだった。

本当は「私が総理になったらシナを刺激するそんなものは作りません」と言いたいのだろう。それはそれでいい。ひとつの「意見」だ。ならそう言えばいい。だがこの時期、そう明言すると人気に響くと解釈したのか、だらだらと長びかせてごまかす。この種の質問になると、「もっと大きな視点から」「多方面から、いろんな意見をふまえて」のようなごまかし論法に終始する。肝腎のことには触れない。なんとも醜い論法だった。この汚い手法は石波と町村が際立っていた。

石波が総理になったら、けっきょくはまたシナや朝鮮に気を遣って、なにもしない。できない政治になる。がっかりするのが目に見えている。全国の自民党員はなぜそれがわからないのだろうと不思議でならなかった。



石波が狡さを発揮している中で、バカをさらし、一気に信頼を失ったのもいる。石原息子だ。もともと私はオヤジは好きでも、どうにもこの息子は頼りにならず、好きになれなかった。今回しみじみとバカをさらした。呆れた。絶望した。今後見直す、ということもない。このひとがまちがってなってしまったら、利権を漁る長老達に都合良くふりまわされるだけだ。ぜったいにトップに立たせてはならない無能者である。

福島を「サティアン」と言ったり、「尖閣諸島には人が住んでいないから中国は攻めてこない」は失言で済むレベルではない。国会議員失格である。こんなのが決選投票では国会議員票は最大を集めたのだから寒気がする。傀儡政権にして存在を主張しようとする妖怪が蠢いている。悪相の古賀誠が石原を支持したのがよくわかる。(【後記】──支持した石原の敗北により古賀は派閥首領を降りるとか。さっさと引退しろ。)



これにも田母神さんは適切な批判をしていた。

tamogami9192






殴り掛かってきたら倍にして返すぞ、殺すぞという姿勢と覚悟を見せれば、殴り掛かってはこない。それが世界の常識だ。
石原長男がここまでバカとは知らなかった。



餘談ながら、石原オヤジは前々から石原息子4人でいちばん優秀なのは良純だと言っていた。それは確認できている。太い眉毛をからかわれるようなバラエティタレントをやっているが、たまにまともな政治的発言をすると、智識も深く真っ当で、さすが慎太郎の息子と思わせてくれる。
長男には、「それでも慎太郎の息子か」と落胆させられた。この長男はダメ。ぜったいダメ。これからよくなるということもない。トップに立つ器ではない。



40年ぶりの決選投票だった。56年ぶりの逆転勝利とか。
自民党では、総理経験者が間を置いてもういちど登板するのは史上初。

安倍は、前回の任期のときに出来なかったいくつかを悔いている。
靖国参拝も、前回出来なかったからこそ今回はすると明言している。
小泉の跡を継いで参拝すると信じていただけに、総理になったらしない、には失望したものだった。

理想の形の再登板になった。
前回のときは、単なる流れでの「小泉の後継者」だった。
北朝鮮訪問のときも小泉総理を強硬意見で支えたように、小泉の懐刀がそのまま昇格、のような流れからの後継者だった。

国会会期中も、質疑応答のあいまに何度もトイレに駈けこむような体調では総理は無理だった。
15歳の時から苦しんできた大腸の持病も、劇的な新薬の開発で奇蹟的に恢復している。
体調さえ戻れば最も期待できる国会議員だ。病気に苦しみつつも一年間の任期で成し遂げた実績が光る。

今回は、力での勝利である。ひ弱さが消え、逞しくなった。
新生安倍晋三に期待する。



党員が圧倒的に石波を支持しての安倍不利だっただけに、自民党議員の選択にほっとすることになった。
辛勝だった。
安倍よりも石波を撰ぶ自民党議員も数多いのだ。

旗幟を鮮明にしなかったが、小泉進次郎は石波支持だったらしい。残念だ。だが彼がこれから真剣に政治を勉強して行くなら、いずれ袂を分かつだろう。石波の特定アジアに関する考えは小泉とは一致しない。小泉の成長を信じたい。



党員票が多かった石波を無視できない情勢だ。
幹事長のような要職につけねばならないらしい。
それだけが憂鬱だ。
石波は保守ではない。

むかしなら「一度石波にやらせてみればいい。すぐにニセモノとわかる」と言えた。
しかし同じ論理で民主党が大勝し、悪夢の4年が現実となった今は、そんな悠長なことは言えない。
ろくでもないのを総理にしてはならない。そんな餘裕は今の日本にはない。鳩山と菅だけで充分だ。こいつらのやった国家的マイナスを取りもどすのにこれからどれほど時間がかかることか。

とにかく安倍が勝ってくれてよかった。解散が待ち遠しい。やっと悪夢の4年の出口が見えてきた。

政権与党の代表撰びよりも、野党の総裁選のほうが大きな話題となり、号外まで出ている。
それが今の日本だ。
そしてまた、早くもアサヒ、マイニチは、安倍叩きを始めている。こいつらの腐った根性は……。
日本の最大の敵は日本にいる。



石波の隣に石波を尊敬するという三原じゅん子が目立つ形ですわっているのに笑った(笑)。(【後記】──その逆隣には片山さつきがいると気づいた。)
安倍の隣では高市早苗が、なんだか我が事のようにわくわくしつつはしゃいでいた(笑)。

三原じゅん子も、もうすこし深く考える頭があったら、尊敬しているという石波や親しい野田聖子のインチキを見抜けるのだろうが、まあそのへんが限界か。三原じゅん子レベルの自民党員が石波を熱烈に支持したのだろう。なんで石波のインチキを見抜けないのか、わからん感覚だ。

ともあれ、あんなのが総理にならないとわかってほっとした。長い長い12日間だった。やっとぐっすり眠れる。
石波はまた自民党を脱けて、かつて新進党で一緒に行動していた小沢の「国民の生活が第一」にでも入ったらいいんじゃないの(笑)。

============================================

【追記】──当選後のあれこれ──18:30

・総裁就任演説の最初で、この3年総裁だった谷垣を讃えたのはえらいな。拍手に包まれ、谷垣もうれしそうだった。そういう礼儀をきちんとしているのが安倍の魅力でもある。前回の総理就任時とちがって(今回は自民党総裁就任で総理大臣ではないが)、男の自信に満ちている。ひとまわり大きくなったのがよくわかる。

・テレビ朝日は早速朝鮮人にインタビュウ。「極右の安倍が総裁になって心配だ」という朝鮮人の声を伝える。どこの国のテレビ局なんだ。なんで新たな自民党総裁が決まったら、朝鮮人にインタビュウなんだ? 狂っている。

・安倍は早速「石波を重用する」と言ったらしい。ネット新聞はみなそれをトップニュースにしている。ああいう結果なのだからしょうがないのか。
しかし安倍の次ぎに石波がなるかも知れないし、そのとき石波は前総理の安倍を重用しないだろう。だったら今回は自分と意見を同じくするメンバーで脇を固め、石波を弾くことは出来ないのか。まあ出来ないのが自民党政治なんだろうな。 くだらんバランス感覚だ。
惜敗であれ石波は意見を異にする敗軍の将だ。ここは第一線から身を引いて捲土重来を期すのが本来の姿だ。アメリカもロシアもシナもそうだ。ところが日本の自民党政治は、その敗軍の将を重用するのだよねえ。わからん。派閥の力学とはそんなものか。

・秋葉原での演説でも盛りあがった熱烈に安倍を応援してくれた麻生太郎の処遇はどうするのだろう。麻生一派の誰かを入閣させるなんてことではなく、麻生を外務大臣にするとか、そんな起用はないのか。

・Twitterを覗いたら、フォローしあっているひとがみな安倍総裁誕生を祝っていて、ひさしぶりに「Twitterもいいな」と思った(笑)。
関連記事
  1. 2012/09/26(水) 18:01:06|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<安倍総裁を支持する!──アサヒ、マイニチの狂ったようなネガティブキャンペーン──3500円のカツカレーを批判する愚かさ | ホーム | Twitter話──自分を「JAP」と名乗る自称愛国者に呆れる──チョンやチャンコロを使わない基本姿勢>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/781-599ad536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。