小沢一郎の出自──竹島領有権放棄を韓国に約束!?

小沢氏が「領有権放棄」表明と韓国のテレビが報道 真偽不明 2012.8.30 00:55
 
 韓国紙、東亜日報系のテレビ局「チャンネルA」は29日、島根県・竹島(韓国名・独島)の領有権問題に絡み、2009年12月にソウルを訪問した当時の民主党幹事長、小沢一郎氏(現「国民の生活が第一」代表)が李明博大統領に「自分が総理になれば(竹島の)領有権を放棄する」と述べていたと報じた。真偽は不明。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/120830/kor12083000550000-n1.htm 

---------------

 「真偽は不明」なのだとか(笑)。小沢は否定するのかな。あいしてやまない母国だもの、竹島なんてどうでもいいやね。確実に口にしている。でもさすがにこの時期、「そう言いました」とは認めないか。

 そうなると李明博がウソつきになるから、あちらも引っこまないだろう。内証の約束だったのに、任期切れ逮捕間近で切羽詰まっているから何でも口にしてくる。

 李明博大統領、常軌を逸した暴挙の真相──安倍晋三の突破する政治
で韓国大統領の末路を復習しておこう。

 初代の李承晩氏は、不正選挙を糾弾されてハワイに亡命し、客死。朴正煕氏は狙撃事件で夫人が死亡し、その後、自身も暗殺された。全斗煥氏は反乱首謀罪で死刑判決(後に恩赦)を受け、盧泰愚、金泳三、金大中3氏は自身や親族が逮捕され、前任の盧武鉉氏は自殺に追い込まれている。 

 あらためてひどい国だと感心する。よくもまあここまで(笑)。
 文盲の国民に教育からインフラまですべて教えてやったが、制御できない荒ぶる血までは変えられなかったということか。否定しようのない冷徹な事実が三流民族であることを示している。

 追い詰められた李明博が、小沢との内証話より我が身を優先したのは当然だ。命懸けなのだから。
「竹島に上陸した初の大統領」として韓国の英雄になり、このピンチを乗りきれるか!? こうなりゃなんでもありである。

 小沢は今ごろあの悪相を歪めて怒っていることだろう。「言わない約束だったのに」と。
 どんな展開になるのやら。楽しみだ。<きっこさん>からデヴィ夫人まで、小沢信者が何と言うか(笑)。



 小沢一郎の出自に関して、小沢側の主張をそのまま載せているのはWikipedia。こちら。

 一方、Yahoo知恵袋では、こんなやりとりがある。ここではハッキリ小沢の両親が朝鮮人(当然小沢も100%朝鮮人)であることを指摘している。一例としてこれをあげたが、同じ事を主張しているブログ等は枚挙に遑がない。



 だが今時のこの種のブログになどさほどの意味はない。今の時代、もちあげ記事から引きずり落としまで何でもありだ。問題は、そんなものなど存在しない1970年代から、そのことがずっと言われてきたことだ。火のないところに煙を立てるのが悪質なデマだが、大権力者が力で消そうとしてもずっと立ち続けてきたのがこの煙だった。

 1970年代に、私は複数の肉体労働の先輩から、酒を飲みつつ、「あのひとが総理大臣になったら日本は変る!」と熱い夢を聞かされている。いま思えば彼らは在日朝鮮人だったのだろう。名字もそうだったし、連れていってくれた飲み屋も独自のものだった。独自とは朝鮮飲み屋とでも言うのか、私はここで初めてユッケとか石焼きビビンバとかを知った。最初は生肉が食えなかった。目を瞑って喰って、うまいと思った。岩海苔を齧りながら飲むことも覚えた。
 ただこのときはまだビールを飲んでいた。私が真露をストレートで飲む朝鮮式を覚えるのは初めて韓国に行ってからだから、ずっと後になる。

 朝鮮語のメニュウもあった。私は初めてハングルというものを見た。私はここで初めて「オモニ」と耳にする。でも信じがたいことだが、それでも私は私を連れていってくれたひとが朝鮮人だとは気づかなかった。生まれてから朝鮮人を目にしたことがなかったし、朝鮮語なんて聞いたことがなかったからである。
 連れていってくれた人(青木という名だった)が、店主のおばちゃんと何か簡単な会話をした。私は「すごいな、青木さん、韓国語が話せるんですか。どこで習ったんですか。学校に行ったんですか」と言ったら、どっと笑いが起きたことがあった。

 先輩方はみなそういう私をかわいがってくれた。日教組による教育の自虐史観にどっぷりはまっていた時期だから私の考えは「日本は朝鮮に悪いことをしました。すみません」一色だった。それが話の節々に出るので、彼らにとって私はういやつだったのだろう。

 そんな彼らが「あのひとが総理大臣になったら日本は変る!」と期待する「あのひと」が小沢一郎だった。他の政治家の名前は聞いた憶えがない。なぜかみな小沢一郎に熱い期待を寄せていた。政治音痴だった私は、小沢一郎は自民党の他の政治家とちがい、この店にいる庶民に慕われる本物の政治家なのだと記憶していった。



 Wikipediaの小沢一郎の父親・小沢佐重喜の項目にはこうある。

前妻
地元で先妻と言われている女性は、東磐井郡(現一関市)の資産家の娘である。当時の納税額が地元でも一・二を争うほどの旧家だった。しかし、その頃の佐重喜は弁護士を開業したばかりで、経済的には相当苦しかったようで“女房の実家に借金をするものだから、嫁の親が怒って離婚させた”と伝えられている。その女性との間には子供はなかった。
 
後妻・みち(元千葉県会議員荒木儀助の四女)
千葉県の元庄屋の娘である。千葉県東葛飾郡風早村(現柏市)生まれ。実家はかなりの豪農で生まれたときからお嬢様として育てられた。
 
長男・一郎(政治家)
 
娘(養女)・スミ子、則子
 
松田賢弥の著書『闇将軍 野中広務と小沢一郎の正体』194-195頁によると、「佐重喜とみちの実子は一郎だけで、スミ子、則子は佐重喜が外で作った子であり、スミ子、則子は養女というかたちになっている」という。



 この文章の《 後妻・みち(元千葉県会議員荒木儀助の四女)。千葉県の元庄屋の娘である。千葉県東葛飾郡風早村(現柏市)生まれ。実家はかなりの豪農で生まれたときからお嬢様として育てられた。》はウソである。

 小沢佐重喜は、本妻とのあいだに子がなかったが、愛人とのあいだにふたりの娘がいた。さらにもうひとりの愛人が待望の男子を産んだ。一郎である。佐重喜はよろこんだ。跡継ぎが出来たのだ。
 しかしその女は日本国籍のない朝鮮人だった。佐重喜は急いで知りあいの荒木に頼んで養女とし、こどものいない前妻を追い出し、生まれた一郎ともども本妻として迎えいれた。他の愛人が生んだ娘も引き取った。

 出産した成人を急いで形だけの養女にしたのに、「生まれたときからお嬢さまとして育てられた」とは、いくら政治家の伝記であり御用ライターの創作とはいえ、よくもまあ恥ずかしげもなく書くものだ。

 小沢もまた愛人とのあいだに子供を作っている。自分が愛人の子であるという出自は子供の頃から意識していたろう。腹違いの姉と一緒に育ちつつ。
 こういう宿痾は繰り返される。血にすりこまれた運命だ。
 小沢は、醜い朝鮮人醜男顔なのに、そこはかとなく淋しさの影をまとっている。出自の哀しみは消せないものだ。



 小沢は新進党時代、野村沙知代を国会議員候補として担ぎだした。そのことを奇妙に思う人もいるらしい。また、票が欲しければ誰でもいいのかと訝る向きもある。そうではない。小沢にとって野村沙知代は特別な存在だ。

 出自を偽って生きる小沢にとって、小学校しか出ていず米兵相手のパンパンをしていたのに、コロンビア大学卒、当時の職業は同時通訳、先祖は皇族の系譜と、途方もないウソを平然とつく野村は、心の通じる同感覚の人間なのである。屈折した人間同士、同じ臭いを感じたのだ。二人はじつのきょうだいのようによく似ている。

 次点落選だった野村は、その後繰上げ当選出来る態勢になったが固持した。このときはもう実弟が「姉はパンパンだった」と告白しており、コロンビア大学の件も、国会議員となったらより正式に調べられる。逃げたのは当然だった。



 通名の金子から何度も姓を変更して、作家山岡荘八の筆名である「山岡」を名乗り、「日本人山岡賢次」なるものに成り済ましている朝鮮人が小沢の腹心であることがよくわかる。いざとなったとき信じられるのは民族の血だ。

 日本の国会議員には信じがたいほど「元朝鮮人」が多い。
 芸能スポーツ分野から実業界、放送業界、広告業界、新聞社、巨大カルト教団の教祖、最大の家電量販店、果ては自衛隊の幹部、そして国会議員、ヤクザの親分まで、日本の要職はほとんど朝鮮人が占めているとすら言える。

 国営放送のプロデューサーから日本最大の広告会社の社長まで「元朝鮮人」なのだから、両者がその気になれば、テレビ番組を韓国ドラマばかりにしたり、韓流ブームなんてのを作りあげて日本人バカ女を踊らせるなんて仕掛けはたやすい。



 しかし彼らは民族的に朝鮮人なのであり、帰化しているのだから国籍としては日本人である。
 元は朝鮮人でも、帰化して日本人となり、自衛隊に入り(むかし、不人気の自衛隊は帰化した朝鮮人にには格好の就職先だった)、真に日本を愛しているひともいる。何人も知っている。

 だから「元朝鮮人はみな反日」とは思いたくないが、小沢一郎という元朝鮮人のやってきたことは、どう考えても一貫して亡国路線である。日本に対してかなり屈折した思いを抱いているのだろう。

 こういうのを自分達の地元に利益をもたらすからと持ちあげている岩手県民も心貧しい。地方の貧しい民にとって地元に益をもたらす政治屋を支持するしか生きのびる術はないとしても、いいかげん気づく時期だ。岩手県の繁栄よりも、日本国全体の明日を考えて欲しい。小沢一郎は日本を愛していない国賊である。



 李明博に、「俺が総理になったら竹島は領有権を放棄する」と言ったことを小沢は認めるだろうか。
 
 ただ、假りに小沢が認めたとしても、小沢信者というのは動じないんだね(笑)。ほんとにもう盲目的にあの醜男を愛しているから。
 デヴィ夫人なんか、「小沢さんはそう言ったと認めました。あたくしはそこに男の清々しさを感じます」なんて言いそうだ(笑)。
 小沢一郎を好きな人間でまともなのに会ったことがない。 正常な神経を持っていれば、あの男の本性は見抜ける。見抜けないのは明き盲だ。
関連記事
  1. 2012/08/30(木) 03:35:23|
  2. 朝鮮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「竹島領有権放棄問題」──我らが国士、小沢一郎先生、韓国紙の報道を全面否定──韓国の大統領様の立場はどうなるのか!? | ホーム | 今日から王座戦──羽生、3連勝で奪回しろ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/771-ad515173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する