涼しい夏──商品名を映すNHK──カンビールの飲みかた

●生活雑記──涼しい夏

 昨夜0時過ぎに窓から近所を見わたすと電気の点いている家が多かった。オリンピックを見ているのだろう。時間差のある国でのオリンピック開催時にはお馴染みの光景だ。4年ぶりにオリンピックが開催されているんだなと実感した。


 図書館から借りてきたちょっと難しめの本を読んでいたら、いい睡眠薬になったのか、うとうとしてしまう。寒くて目が覚める。午前3時。窓からの風が涼しすぎる。室温は27度。いつもの夏ならこの時間になっても暑くて寝られず、扇風機2台をぶんまわしながら、クーラーのない我が身を呪っている時間だ。なのに扇風機も廻さず、窓を開けていただけで、涼しさに目覚めてしまうのだから今年の夏はかなりヘン。

 テレビのニュースもインターネットニュースも、日本各地で猛暑日が連続、熱中症に気をつけて、とやっている。
 私の部屋も昨日の午後は室温34度まであがったので水風呂に入ってみた。あまり必要性はなかったのだが、34度を確認したので入るべきか、とまあそのへんの感覚。本物の水風呂では寒いのでぬるま湯風呂にした。その程度だ。だからやっぱり昨年以前の、「水風呂に首まで浸かっても暑気から逃れられない暑い夏」は、室温36度以上いっていたのだろう。

 6年ぶりにクーラーを設置して、「猛暑よ、やってこい!」と身がまえているのにぜんぜん暑くない。クーラーは使っていない。使う必要がない。今年はわたし的には冷夏である。

※ 

 日中外を歩けば汗だくになり、真夏日なのだが、なんか物足りない。暑い戸外よりもっと暑い部屋に住んでいるから、それはそれはたいへんな夏を過ごしてきた。この時期の猛暑日にはデスクトップ機を置いている板の間は床の板が焼ける。熱い。素足で歩くとホットカーペットの上を歩いているよう(笑)。畳部屋にはそれがない。しみじみと畳という先人の智慧に感謝する。のだった。例年。

 今夏はそれがない。板の間の床の暑さで、例年以下なのを感じる。ほんのりと熱くなっているが、記録的猛暑の一昨年なんて冗談じゃない熱さだった。
 だからもう誰がなんと言おうとわたし的には今年の夏は涼しい。自分の体感を信じる。去年も一昨年もこんなものじゃなかった。すくなくとも私の住まいにおいては。

---------------

●商品名にオープンなNHK

 過日このブログにこんなことを書いた。「民放のニュースが商品名にモザイクをかけている。むかしは不公平にならないようにとNHKがそうだった。でもスポンサーとの関係があるのだから、民放がモザイクで、NHKがモザイクなしの今のほうが自然だ」と。

 印象に残ったそのときのモザイクはたしか「ビンビール」だった。街の食堂の取材。モザイクをかけても「キリンのラガー」「サッポロ黒生」とわかるのだが、スポンサーに気を遣って表面上だけでもそうするのは理解できるリクツだ。
 モザイクはわずらわしい。私がテレビ大好き時代だったら興醒めだと批判したろう。今は見ないからどうでもいい話。それでも「昔のNHKの異様な商品消し」を知っているから、「民放がモザイクで商品名を消す」はとても印象的だった。
 
 まあ昔はモザイク処理なんてしゃれたものはない。そこにも書いたけれど、「一目でナショナルハイトップとわかる乾電池の商品名の部分をフェルトペンで黒く塗り潰している」のである。消されるとよけいに気になる(笑)。そんな時代があった。


 今朝(8/1)、NHKの朝5時のニュースを見た。そのあとの番組。生活情報。
「カンビールを飲んでいるといつのまにかぬるくなってしまう。そうならない便利グッズ」の紹介である。なんてことはない、カンビールよりも一回り大きい筒型のものを冷凍庫で冷やしておき、カンビールを飲んでいるとき、そこに置くという、それだけの話。どんぶりに氷を入れておき、そこに置いても同じ。くだらん。
 
 自宅でカンビールを飲んでいる若い夫婦が、「うん、ぬるくならない。これならいつでも冷たいビールが飲めて最高」なんて、民放の通販製品CMみたいなわざとらしいことを言っていた。しかしそれ350cc、カンの小ね。あんなもの一気に飲むので私だとそもそもぬるくなることはない(笑)。

 そのときに沖縄のオリオンビールとサッポロのエビスビールが、堂々とモザイクなしに、フェルトペンで商品名を塗り潰されることもなく映っていた。毎日NHKのこの種の番組を見ているひとからしたらもう何年も前から馴染んでいるシーンなのだろうが、私は前記のように「民放がモザイク、NHKがモザイクなしが正しい」とは書いても、NHKは大相撲とEテレの将棋しか見ないから、現実に「NHKが商品名を堂々と映している映像」を見たことがなかった。新鮮。時代は変っているんだなあ。

---------------

●カンビールの飲みかた

 もうひとつ、その若夫婦が「カンビールをそのまま飲んでいる」のも印象的だった。がさつなアメリカ人みたいである。日本はいまそうなりつつあるのか。言うまでもないがハイキングとかの出先じゃないよ。その家庭のお茶の間。赤ん坊もいた。テレビもある居間。そこで夫婦でカンビールをそのまま飲むのか!?

 ビールというのは「専用スポンジ」できれいに洗った油気のない、冷やしたグラスで飲むからこそうまい。一味ちがう。グラスにも凝りたい。薄い生地のものがビールの色を映してうつくしい。二味ちがう。

 若いときは「冷凍庫で冷やしたジョッキで豪快に」も愉しい。齢を重ねたら「薄い生地のグラス」がいちばんだろう。かといって私なんかどんなにうつくしい工芸品グラスでも、ちいさすぎると物足りない。ビールをまずくする絶対厳禁の行為は「注ぎたし」だから、ちいさなグラスで一息に飲むのがおいしいのは常識なのだが、かといって150CCぐらいしか入らないようなグラスでもつまらない。もう注ぐのが頻繁すぎて慌ただしい。これはこれで興醒めになる。ベストチョイスはむずかしい。

 うらやましい話。
 椎名誠さんのエッセイにあった。そういうたしかヨーロッパ製の薄くて美しいお気に入りのグラスがあり、家でビールを飲むときは必ずそれにする、というぐらい気に入っていたのだとか。それを割ってしまった。落ちこんでいたら奥さんが捜しまわって同じものを買ってきてくれた、という話。
 うらやましいのは夫婦仲ではなく、そのグラスに関して。うまいんだろうなあ、それで飲むと。私も欲しくなった。 



「専用スポンジ」を使うのは他の食器を洗うスポンジを使うと油が移ってしまうからだ。食器用のスポンジとグラス用のスポンジはべつにするのが常識。油を使った料理の皿と酒のグラスを一緒に洗うような女は最低だ。グラスを見ると女の性格がよく解る。むかしむかし、女の部屋に招待されたがグラスの汚さを見ただけで帰ってきたことがあった。あの女はなぜ私に愛想を尽かされたのか気づかなかったろう。

 きれい好きな女がグラスを汚くしていることあり得ない。グラスを見れば、その女のパンツの清潔度も、いやいやパンツの中の清潔度まで見える。 

※ 

 この亭主も、「あ、ぬるくならない、冷たくておいしい」と学芸会みたいなセリフを棒読みする前に、カンビールをカンのまま亭主に飲ませるような女房をもうすこし教育した方がいい。つうか、それが気にならない男はそれでいいのだからよけいなお世話か。こういう男は假りに女房がきちんとするようになったとしても味のちがいなどわからないのだろうし。
 へたに目覚めることは人生を不幸にするから、似た者夫婦でカンビールをそのまま飲んでいるのがしあわせなのだろう。

 商品名を映しているNHKに刮目したがカンビールをそのまま飲んでいる若夫婦に落胆した朝だった。
関連記事
  1. 2012/08/01(水) 06:58:05|
  2. 世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「居酒屋店主と妊婦の闘い」に関する私見──無償でも立ち上がるひとはいるというネット的希望! | ホーム | 「課長島耕作」話に追記──その他の作品への感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/751-79687b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する