スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小沢一郎考──デヴィ夫人、田嶋陽子、、ホモのかっちゃんまでみんなに愛されるスーパースター小沢一郎──「たかじん」を見ながら

月曜の朝5時、何年ぶりかで小林よしのりの「台湾論」を読んで感激する。名作だ。李登輝総統のことばに何度も涙した。うぃ~。

taiwanron


よしりん、いまはもうAKBに夢中で別世界にいっちゃったけど、こういうのって、「『だいじょうぶだあ』の田代まさしの名コントと覚醒剤中毒の田代まさしは別だ」のように、分けて考えるべきなのか!? 
よしりんは、『戦争論』を始め、いい仕事を一杯やってきたものな。

田代まさしだって窶れたハゲ姿で逮捕されたけど、今見ても『だいじょうぶだあ』はおもしろい。志村けんを見事にひからせている。あれほどの脇役はその後もいない。ちなみに著作権の問題から未だレンタル作品になっていない『だいじょうぶだあ』を全部ビデオで録画して保っているのは私のささやかな自慢。



私が東京では見られない関西圏日曜午後放送の「たかじん」をネットで見るのは火曜が多い
いまは月曜の早朝だから時間的にまだ無理かなと思いつつ動画倉庫に行くと、意外にも昨日の午後の番組の「たかじん」があっさりと、しかも砂時計連発もなく、すんなりと見られた。ありがたい。感謝。

いま、「田嶋陽子の小沢讃歌」に苦笑してストップしたところ。このあとどんな展開になるにせよ、この「デヴィ夫人と田嶋陽子の小沢好き」は書いておかねばならない。

このふたり、なにを話しても、容姿から経歴から思想から、ありとあらゆる面で共通点はない。
でもなぜかふたりとも「小沢好き」なのだ。見事な唯一の一致点。
小沢一郎というひとは類い希な魅力をもった男なんだろうね。究極の色男だ。デヴィ夫人と田嶋陽子と小沢の3pビデオが出たら買います!


すみません、ウソつきました。見たくないので買いません。

デヴィ夫人と田嶋陽子は表裏一体、一覧性ソーセージ!?←どんなソーセージなんだかね。一覧してもわからん。



小沢の魅力は、ホモのカッチャンや田中康夫も虜にしている。すごいよ、これは。
あ、忘れてた、ネット界の妖怪<きっこ>と名乗るジーさまも小沢好きだ。ババア、ジジイ、ホモ、妖怪、すべてに好かれる小沢一郎の魅力。

カッチャンと田中と小沢のホモ3pのビデオが出たら……すみません、買いません。



わたしゃあの醜男が、無理な笑顔で、「ニカーっ」と笑っただけで、吐き気がする。 
これは小沢の好き嫌いとは別に別項で真剣に書きたい。すなわち「政治家のイメージ戦略」の話として。

あの憎々しげな顔の醜男は「笑わない」を売り物にすべきだった。それが唯一の朝鮮醜男顔の光らせかただった。ところが周囲に奨められたのか、スタッフの結論だったのか、いつごろからかニカーッと歯を喰いだした気味の悪い作り笑顔を連発するようになった。「小沢先生は笑わないので怖いというイメージがあります。女性層の人気を獲得するためにもっと笑いましょう」なんて意見に流されたのか。
絶対に笑わない悪代官顔で通せば別の展開があったろうに。

私が参謀だったら、ぜったいに笑わせなかった。本当に意味のあるときしか笑わない、年に一度もない、を売り物にした。たまの笑顔を光らせた。それが最善だったはず。
小沢は周囲のそういう奨めもあり、鏡の前で笑顔の練習をしたのだろう。歯を喰いだしてニタッと笑う自分に気味が悪くならなかったのか!?

鼻糞くっつけた森なんとかいうブスが、「ふだんはとってもよく笑いますよ。こわいなんてことはありません」と意図的に何度もしゃべっていたから、世間からの「怖い、笑わない」というイメージを覆そうと努力したのはまちがいあるまい。でもそれは逆。こんな時代だからこそ「笑わない怖いオヤジ像」で売った方が正解だった。笑顔の似合わない顔なのだから。作り笑顔と思われる笑顔はやめたほうがいい。

※ 

田嶋陽子のようなのが、憎んで憎んで憎むのが小沢一郎のはずなんだけど、なぜか支持者になっている。
それは田嶋陽子というのが浅いバカの証拠でもあるんだけど、それとはべつに、小沢と通じあう琴線?があるのだろう。朝鮮か。あれやこれや、デヴィ夫人もこのキイワードでぜんぶ氷解するけど。

ともあれ私には、国の贈答品だったデヴィ夫人、親のDVを経験して捩れた田嶋陽子、両親が離婚し貧しい母子家庭育ち(という設定)の<きっこさん>、それらみんなが小沢一郎好きというのは、学生だったら卒論にしたいぐらいの興味深い話になる。

---------------

さて、これから「たかじん」の後半を見よう。
関連記事
  1. 2012/07/23(月) 06:32:41|
  2. デヴィ夫人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「課長島耕作」話に追記──その他の作品への感想 | ホーム | 島耕作話──「社長」で終るはずの島耕作に「少年篇」が!──アメトークの「島耕作」──西原理恵子「人生画力対決4」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/749-a56ccbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。