スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パンダの赤ちゃんのレバ刺し──ひとを喰う話

そんなわけで、テレビ嫌いのあたしだけど、小沢さんのことがあったから、ここのところずいぶんとテレビを見てしまった。
テレビというのはあらゆる情報をまとめて送ってくるからタチが悪い。テレビのある生活に慣れていると気にならないけど、あたしのようにいろんなことに好き嫌いがハッキリしている(ハッキリしてしまった)ものには、クソミソ一緒くたに押しつけられるのは苦痛でしかない。



なんでもレバ刺しが6月一杯で食べられなくなるとかで、6月30日には「最後のレバ刺しを楽しむ」とかの街の様子を流していた。いろんな局でやっていた。「食べられなくなるから今日は食い溜めです」なんて笑顔で語る善男善女が映っていた。

「レバ刺し」ってのは、殺した牛の肝臓を生で食うことだ。自分では殺せない動物は食べないという主義のあたしからすると薄気味悪い行為になる。よくもそんなものが食べられる。

牛タンなんてのも同じで、あれは牛の舌だ。牛の下は解体して切り取ると、縦横10センチ、長さ25センチぐらいの肉塊になる。それをスライスして食うなんて、なんて悪趣味だろう。ニンゲンてのは罪深い。

トン足なんてのも信じがたい。豚の足そのものである。あれを囓るひとの感覚が信じられない。生きている豚を知っているひとには、とてもトン足なんて食えたものではない。

朝鮮語では日本人を侮蔑するのに「チョッパリ」と言う。「豚の足」という意味だ。足袋を履いた日本人の爪先が豚の足のようなのでそう言うようになった。
豚の足(チョッパリ)が豚の足を食う図。なんとも醜悪だ。



同じ日に、アメリカのカリフォルニアではフォアグラが禁止されるとかで、レバ刺しと同じようなニュースを流していた。
フォアグラは、ガチョウやカモに無理やり大量の餌を飲み込ませ、脂肪肝を人工的に作り出したものだ。わざと病気の肝臓を作りだして食うのだから悪趣味だ。その方法が動物虐待ということからカリフォルニア州では禁止になったらしいけど、脂肪肝になろうがなるまいが喰われて死ぬ運命に変りはない。いかにもアメリカ的な、というかキリスト教的な偽善で吐き気がする。

それにフォアグラの作り方が動物虐待というのなら、「肉がやわらかくなるからとビールを飲ませて育てる松阪牛」は虐待ではないのか。同じようなものだろう。そもそも殺して喰う物に対して虐待もクソもあるものか。

毛皮は生きたまま剥がす。動物の苦しみはたいへんなものだ。それに対して動物虐待だから麻酔を打って剥がせと言っているようなくだらん独り善がり。「そもそも」の話だ。

ヨーロッパは土が貧しく牧草ぐらいしか育たない地域が多い。よって植物から栄養は取れないので、牧草を育て、それで育った動物を喰って栄養を取るようになった。
日本はちがう。土壌が豊かだ。総理大臣になるぐらい豊かだ。食物は植物と魚だけで充分だった。なぜこんな食生活になってしまったか。欧米に憧れたからだ。同じ事をするのが進化だと勘違いした。

むかしの食生活に戻るのが正しい。



その数日後には、パンダの赤ちゃんが生まれたとかでトップニュースでやっていた。どの局も延々とそれをやっていた。めでたいめでたい、かわいいかわいいと大騒ぎだ。借り賃8千万円でシナから貸借し、一日の食費2万数千円、年間1千万円の食費を使い、冷煖房完備の小屋で大切にされるパンダ。赤ちゃんが生まれたら、新聞からテレビまで、トップニュースとして報じられるパンダ。

一方で、殺されるために生まれ、生で肝臓を食われ、ベロをスライスして食われる牛、ぶったぎった足を齧られる豚。


 
いつも言うことだけど、あたしがシナ人を認めるのは、あの国では「それを隠さない」。
市場では、豚の頭が目鼻みんなくっついて、そのままで売っている。初めて見たときはギョッとした。そこから切り取って食う豚の耳と、調理した形でしか出さないミミガーでは、またちがってくる。

日本ではみんな隠してしまう。肉はスライスされ、発泡スチロールに並べられた「原形を残さない肉片」として存在する。

テレビで、若い娘が「肉、肉」と叫ぶCMを流していた。あの娘は、豚肉でも牛肉でも、生きている豚や牛が「自分の好む肉という形になるまでの過程」をつぶさに見たら、とてもあんなに能天気に「肉」とは言えなくなるだろう。いやCMに出ていた娘以前に、現実をきちんと学んだなら、ディレクターやプランナーの考えまで変るだろう。



デヴィ夫人がブログで、動物実験で殺される動物や、飼い主やペット業者によって捨てられ命を落とす動物を救おうと提案していた。

でもあのひと、たいへんな量の高額な毛皮を持っているのではないか。
豚肉、牛肉、羊肉、なんでも食うのではないか。

犬猫の命を救えということを、毛皮を着て、豚牛を食いながら言っても矛盾ではないのか。
殺されて食われるために生産される豚牛と、ニンゲンに愛される犬猫とでは命の重さがちがうのか。

デヴィ夫人よ、動物愛護を訴えるなら、まず最初にあなたが菜食主義者になりなさい。話はそれからです。



福島の事故で、多くの〝野良牛〟が出た。餌がもらえず餓死する牛も多数いた。ほとんどが肉牛だ。
飼い主が避難していなくなり、やせこけて町を放浪する牛を救えという声があった。
その場は救えても、そのあと殺されてニンゲンに喰われる運命は同じ。



ワイドショーのニュース。
高速道路の交通事故で運搬車から豚が逃げだす。クルマに撥ねられる事なく全頭が捕まった。
「ブタくんにとってはトンでもない災害でしたね」とMCが言えば、「よかったですね」とアシスタントが笑顔でフォローする。これから屠殺場に行くのだ。何が「よかった」のだ。



考えれば考えるほどにわからなくなる。
わかっているのは、あたしは自分で殺せない動物は食わないということだ。

今から鯨の缶詰で一杯やる。
これはあたしが捕まえて料理して缶詰にした鯨だから矛盾はしていない。
筋だけは通す。民主党が政権を取ったらこうなるとあたしは選挙前から宣言していた。

-------------------------------

そうしてあたしはひとつの結論に行き着いた。

ひとがひとを食うのが最善だ。地球の食糧危機問題もこれでクリア出来る。
あたしの本音は「地球を蝕む人類は破滅すべし」だけど、それはおいといて、増えつづける人口問題と食糧問題を解決するとしたら、これが最良の方法だろう。

ひとがひとを食う。これがベスト。



葬式では、故人を偲びつつ、みんなで故人を食する。

レバ刺しが好きな人は肝臓をいただく。
ハツが好きな人は心臓を。
モツやホルモンが好きな人は小腸、大腸を。 
トン足が好きな人は爪の附いた足を丸かじり。
ミミガーが好きな人は耳を切りとって。

すると葬式にも人気の差が出てくる。
若くて生きのいいのが死んだらたいへんな人出だ。
レバ刺しなんて取り合いになる。

年寄りが肝臓癌で死んだ場合など、レバ刺し好きは香奠すら持ってこない。 

ビール好きのデブが死んだら、松阪牛の例から、意外にロースがうまいかもと人気になったりする。

そうなることが、罪深いニンゲンにとって最善とあたしは考えている。

ひとはひとを喰え! これはひとを喰った話ではない、人を食う話だ。
関連記事
  1. 2012/07/11(水) 15:30:55|
  2. マスコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<山田五十鈴の死、パンダの赤ちゃんの死、かなしい時間──国民の生活が第一だよん! | ホーム | 2012年7月11日、国民の期待を背負って「小沢新党」発進!www>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/740-05b06e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。