スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2012年7月11日、国民の期待を背負って「小沢新党」発進!www

小沢新党への大いなる期待(笑)で、7月はずいぶんとテレビを見てしまった。
まずは7月2日の離党届である。朝からわくわくだった。

小沢一郎は民主党への離党届を出した。
まだ和子夫人との離婚届は出していないらしいが(笑)。 

預かっていた40人分の離党届を出したら、離党しないというのが早速ふたりも現れて笑わせてくれる。
なんだかなあ。預けたら出すだろう。私は小沢嫌いだけど、これにはどうも。



あらためて感じたのはテレビを見られなくなっている自分の体質だった。だって政治芸能スポーツ世相すべてごちゃまぜである。見たいのは政治だけだから、こまめにチャンネルを替え、CMや芸能スポーツのときには音声を消す。1を見るために見たくない9に接するというのは苦痛だった。



msn産經ニュースに「有田さん、鳥越さんに問う」という記事が載った。いや記事だと思ったら花田紀凱の随筆だった(笑)。それはここにあるので、個々に読んでいただくとして。

話はシンプル。有田ヨシフ・スターリンや、鳥越切り傷だらけ俊太郎が、週刊文春に載った「小沢一郎夫人の手紙」をニセモノだと騒いでいるのに対し、花田が疑問を呈したという話。それは結びのこの文だけで十分。

《「離縁状」がデッチ上げというなら、小沢氏や和子夫人がなぜ抗議して、法的措置でも何でもとらないのか。》

まったくそのとおりなのである。それだけのことなのだ。
あの手紙がニセモノだというのなら、小沢が女房と一緒に記者会見して、「あれはニセモノです。中身も事実無根です。私に愛人がいるとか、愛人とのあいだに成人したこどもがいるとか、放射能が怖くて逃げ出したとか、すべてウソです」と言えばいいのだ。ついでに「女房ともこんなに仲がいいです」とディープキスでもしてみせればいい。それだけの話だ。そうすればデヴィ夫人からきっこさんまで、多くの小沢信者も安心して胸を撫で下ろすだろう。
なぜしないのか!? 出来ないからだ。事実だからだ。



さてここで問題です。下線部分の意味を答えなさい。
 
1.
猫も杓子も 
2.
ピンからキリまで 
3.メクソハナクソ
4.
ババアからジジイまで

きっこさんと言えば、細野だったか、山本モナとのキスシーンが写真週刊誌に載ったことを、不倫をしているようなのは議員の資格がないとしつこく攻撃していたが、小沢が愛人とのあいだにこどもを作ったことはしらんふりか。既婚者の妻への裏切り行為として、細野よりも小沢のほうがはるかに罪深い。



7月2日の小沢一派の動きを見ていて苦笑したのは、スポークスマンが山岡賢次だったことだ。夕方のフジテレビにも生出演してしゃべりまくっていた。その他の番組にも出ていた。

しかし山岡賢次と言えば、怪しい朝鮮人であり、通名「金子賢次」を、作家山岡荘八(筆名、本名は藤野)の娘(実娘ではなく養子)の入り婿となって「藤野賢次」に替え、さらにはなぜか義父の筆名である「山岡」を名乗って、名作「徳川家康」を書いた山岡荘八の息子になりすまし、悪徳マルチ商法をやっているという、「不審な政治屋投票」をやったらダントツで一番になるであろう最悪のカスである。小沢の代わりにテレビに出て小沢新党を語る人物がこれしかいないのか。これしかいないというところに小沢泥舟の先が見える。

それにしても山岡賢次はないだろう。どんな一年生議員でも山岡よりはましだ。



7月9日、10日の衆院中継はおもしろかった。たのしんだ。午前9時から、昼休みを挟んで、午後5時まで。
それによって大相撲中継がなくなってしまったのだが、ちっとも気にならなかった。だってエンタテインメントとして、こっちのほうがおもしろかったから。

なんといっても笑えたのは「小沢新党」の連中の民主党攻撃。
このときNHKはすでに質問する「小沢一派」の議員の肩書きに、「国民の生活が第一党」と挿れていた。会派だから?
党名は今日11日の午後に発表になるのだが、これはどういうことなのだろう。やたらそればかり言うものだから、「次の選挙が第一のくせに」という揶揄と共に、「もうここまできたら〝国民の生活が第一党〟にしたら」という冗談を多くのひとが口にしていたが、ほんとにそれになるのか!? ここは笑うところなのか!?



小沢一派の牧というのが民主党を攻撃する。ターゲットは岡田だ。やるべきことをやっていないではないか、と。指名された岡田の、「それは牧先生が中心となって先日までやっていたことではないですか」には笑った。
「最近町内が汚れている。町長としてどう思うか!」と迫ったら、「先週の掃除当番はあなたじゃないですか」と言われたようなもの。みっともないやりとり。

鼻糞くっつけているみたいな顔のブスな女議員も、舌鋒鋭く食いつくのだが、それはほんの数日前まで長年自分の属していた党の批判なのだから、それが正鵠を射ているほどに、なんのこっちゃとなってくる。なんとも物悲しくなる質疑応答だった。



新党発足記者会見は今日の午後だ。何時からだろう。
私は小沢新党に期待している。
輿論調査の期待度の低さなんてのは関係ない。
民主党というどうしようもない寄せ集め世帯が分列するのはよいことなのだ。
同じ〝期待〟でも小沢信者とは中身か違うけれど。

これで政界再編が進むといいが……。 

---------------

【餘談】──石原伸晃の「こえいろ」

昨日、民主党の鳩山の議員資格停止問題に関して石原伸晃が、声色(こわいろ)を「こえいろ」と言っていた。次の総理を目ざす自民党幹事長がこんなことを言っていたら麻生のようにやりだまにあげられるぞ。しっかりしろ。

関連記事
  1. 2012/07/11(水) 10:17:48|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パンダの赤ちゃんのレバ刺し──ひとを喰う話 | ホーム | 「SSDの健康度」に【追記.3】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/739-b578652f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。