スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猫ひろし、スポンサー契約でボロ儲け──カンボジアが「猫ひろし従軍慰安婦」で賠償を求める日

カンボジアからのオリンピックマラソン代表になった猫ひろしがスポンサー契約でボロ儲けなのだとか。
元記事はこちら。 



NHKまで夜のニュースで大々的に取り上げていたが、オリンピック出場が決まった猫ひろしは、この先、一体いくら稼ぐのか。
「昨年末、スポーツ用品メーカーなど数社からスポンサー契約のオファーがあったが、猫ひろしサイドは断ったそうです。オリンピック出場が決まった後のほうが、商品価値が高まり、契約金が跳ね上がると計算したのでしょう。イチかバチかの賭けが、成功した形です。はやくもスポンサー候補として、味の素やニューバランスの社名があがっています。ニューバランスからは靴を提供されている。

オリンピック出場となれば、スポンサー料は3000万円程度になるでしょう。5社集まれば1億5000万円。最低でも1億円は稼ぐでしょう」(広告業界事情通)

カンボジア国内では話題になっていないから批判も起きていないが、広く知られるようになったら批判が噴出するのじゃないか。 (日刊ゲンダイ)

※ 

カンボジア国内で批判が起きていないのは、好意的だからではなく、庶民はオリンピックだとか、それのマラソン代表だとかに興味を持つようなゆとりなどないからである。そんなことは知らない。テレビのない家庭も多いし、ニュースでも流れない。假りに流れてもどうでもいいことだ。今日の飯とは関係ない。それほど貧しい。どういう国かは行けばわかる。

そういう国に対して「日本の猫ひろしという芸人」は、「記録には無関係で男女ひとりずつの出場枠」というオリンピックの「空白の一日」みたいな規則の裏を掻き、「国籍移動」という方法で愚弄したのだ。ホント、江川の「空白の一日」を思い出す。

医学を知らない貧しい若者に、「腎臓ってのはふたつあるから、ひとつとっても平気なんだよ。ひとつちょうだいね。お金あげるから」と言ってだましたようなものだ。

カンボジアの陸連の誰とかが言った「経済大国から来た猫ひろしさんの努力がありがたい」は、「大金がもらえて、家族がうまいものを喰えて、感謝してます」ってとこか。その旨いものは、おまえの息子の腎臓代金なんだよ。

このような恥ずかしい行為を、「快挙」ともちあげるひとの気がしれん。


ただし。
日本がカンボジアのような国だったら、どこかの経済大国からこんなことをされるだろう。国の強弱とはそんなものだ。
そして、そういう貧しい日本に住む貧しい私が、そのことに腹立ち、こういうことを書くこともない。だってそんなこと知らないし、その日を生きるのに精一杯なのだから。常時接続のインターネットなんてないんだから。

「所詮ニンゲンは弱肉強食。国の関係とはそういうものなのだ」と割り切れば、どうでもいいことか。 

そういうことをされた屈辱に腹立つのは、生活に餘裕の出来るずっと先のことだ。
そうなったらカンボジアは「猫ひろし従軍慰安婦」なんてのを捏造して日本に賠償金を求めるだろう。
世界中のあちこちに「猫ひろし従軍慰安婦像」を建立して日本を批難する。ニャ~。

わたしたちは、カンボジア代表だから、カンボジア人にしてくれって抵抗したんです。オリンピックはそれでこそ意味があると。なのに猫ひろしに力尽くで……。一晩に何万人もの少女が猫ひろしに犯されました。わたしたちは、わたしたちは、この残酷な行為を許すことはできません!」 

続いて、「猫ひろし大虐殺」。
残虐な猫ひろしが30万人を殺しまくった。賠償せよ! 補償せよ!

冗談じゃないよ。どっかの国とのつきあいを見れば解る。
不衛生で早死にの文盲ばかりの国に、衛生観念を教え、教育を与え、インフラを整備し、識字率を高め、平均寿命を大きく伸ばし、人口も増やしてやったのに、敗戦で認識をころっとかえ、未だに逆恨みされている。ありもしないことまで作られて世界中で誹謗中傷されている。

カンボジアが「経済大国の猫ひろしさんが」と言っているのは今の国情だから。
強くなったら「あの屈辱を忘れない」と何を言いだすかわかったもんじゃない。



彼のやったことは「快挙」ではない。彼は「英雄」でもない。
「国」の立場、強弱を利用し、「営利行為」を具現した醜さの象徴だ。 

でもニンゲンというものを直視するいい機会だったかも知れない。

さすがD作先生の教えは味がある。 深イィ。か?

---------------

 そうかの広告がつきまとう……呪われてる…… 
関連記事
  1. 2012/03/28(水) 13:35:12|
  2. オリンピック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫ひろし問題──国籍変更を仕掛けたのはホリエモン | ホーム | 日米をジョンとポールに喩える野田総理のセンス──批判する方も「やっちまったなあ」──常田富士男「私のビートルズ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/707-3b07f170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。