スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デヴィ夫人の田中直紀擁護は滑稽──おんなの暴走

BGMはBeaux Arts TrioのRachmaninov。あ、このCDではRachmaninoffになっているな。ロシア語のアルファベット表記は統一されていない。でもたしかラフマニノフはffのほうを好んだのだったか。なら次からはffにしよう。

beauxrachmaninoff



 私は比較的(笑)デヴィ夫人が好きである。その理由はここにたっぷり書いてあるので興味あるひとにだけ読んでもらうとして。

00kanren.gif
デヴィ夫人と山崎朋子

 しかしこの田中直紀擁護は納得できない。

●デヴィ夫人ブログ──リンチ大好きな 貧しい日本 がんばれ 田中直紀防衛大臣!



 デヴィ夫人は「おんな」だ。いいところも問題あるところも、みんながみんな「おんな」である。理性よりも情が先に立つ。
 いいところは、おんなの掟を守れという発言だ。男を裏切る女を批判する。好きになった男ではないか、好きじゃなかった場合でも、自分で納得して金をもらって世話になった男ではないか、なぜいまになってそれを裏切り内輪話を暴露するのだ、正義の味方面してその男を批難するのだ、女として恥ずかしいではないか、と意見する。まことに正しく、むかしの花柳界の意気をもったいいおんなだと思う。

 困るのはそれが暴走することだ。北朝鮮擁護が代表例。スカルノ大統領の第三夫人だったとき、ライバルの第二夫人がアメリカ寄り、彼女は左側のソ連や北朝鮮寄りだった。そのとき金日成に世話になった。その恩をいまも忘れない。だから北朝鮮を援護しろ、もっともっと援護しろ、金品を与えろ、そうすれば日朝はなかよくなれると力説する。さらに歯止めがきかなくなり、シナや朝鮮がトリミングして捏造した日本批難の写真をそのまま信じて流用したりする。
 世話になった男の恩を忘れないのは麗しいが、これなどは残酷な殺人鬼を「誰がなんと言おうと、わたしにはやさしかった」と庇う愛人感覚である。どんなに自分にやさしかったとしても、社会的に殺人者である視点を忘れてはならない。



 今回の田中直紀擁護もそれに通ずる。基本は彼女の小沢一郎好きにある。そこから小沢支持の田中眞紀子好き、その亭主の(う~む、亭主か? 下僕という気もするが)田中直紀好きになる。自分の好きなものはみな全面的に擁護する。北朝鮮擁護と同じ。田中直紀を「いいひと」だとし、役職に慣れていないのだから失言もしょうがないじゃないかとし、それを批判するのはまるで「弱い者いじめ」だとする。
 小学校の先生が、その地に不慣れな転校生を庇っての発言なら理にかなっている。あるいは、飲み屋での酔っての失言を庇うならまだしもだ。だが防衛大臣なのである。国の明日をも左右する要職である。それが公的な場で無智をさらげだし恥知らずな発言を繰り返しているのだ。

>>勉強する時間を 与えても よいのではないかと思います。

勉強したひとがなるのだ。防衛大臣は、泥棒を捕まえてから縄をなうひとが就く役職ではない。

>彼の防衛に関する 理念・方針・方策をきくべき。

そんなものはない。それを持っていないから叩かれている。

>野田首相の 任命責任を 問うためだけに〝坊主憎けりゃ 袈裟まで憎い〟みたいに田中大臣を標的にするのは どうかと思います。

防衛大臣は袈裟ですか? いいえ、坊主の本体です。

>国会中継を見ている 国民は、田中防衛大臣に 味方したい心情になっていると 思います。

なっていないと思います。みな失笑しています。



 もしもこれが彼女の嫌いな鳩菅の発言、失策だったらどうなるか。手厳しく糾弾し、大臣の器ではない、恥を知りなさい、すぐに辞職しなさいと書くだろう。辞職要請に得意の署名集め(笑)をするかもしれない。
 ところが自分の好きなものだとこんな甘い発言になる。どう考えても田中直紀は大臣の器ではないし、そもそもこのトンデモ任命は、増税路線に対する田中眞紀子の口封じから発している。

 評論家の三宅久之さんは、誰もが口にできない増税を明言しただけでも野田総理は鳩菅とはものがちがうと評価している。こういう任命を見ると肯んぜられない。田中眞紀子対策で防衛大臣という要職をあんな無能な男に任せるひとが果たして有能な総理なのか。

 発売中の『週刊新潮』が田中直紀に触れている。ある日の田中邸。直紀の姿が見えないと眞紀子が喚きちらしている。「パパはどこ! パパはどこなのよ!!」と。あのだみ声で。秘書は必死に探し回る。そこにふらりと直紀が帰ってくる。サウナに行っていたとか。行く先を眞紀子に告げずに外出した罰として眞紀子に廊下の雑巾がけを命じられる。粛々とそれにしたがう直紀。あまりにかなしくて途中でなげた。とても読み進められない。大臣以前に男として終っている。

 小沢一郎好きにはデヴィ夫人のような盲目的支持者が多い。私にはわからない感覚である。
関連記事
  1. 2012/02/10(金) 22:29:54|
  2. デヴィ夫人
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しゃべくり007──アンジャッシュのパクリ──冗談でもしてはならないシナへの謝罪 | ホーム | Bob Jamesを聴きながら──iTunesの狂ったジャンル分け!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/700-7636947d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。