秋田八幡平クマ牧場のヒグマ──茨城県牛久のアナコンダ──ニンゲンの驕り

20日午前10時ごろ、秋田県鹿角(かづの)市八幡平の「八幡平クマ牧場」から、女性従業員がクマに襲われたと119番があった。

県警や消防によると、午前10時半ごろ、襲われた70代の女性従業員がオリの中で倒れているのを確認したが、呼びかけに応じなかった。午後2時ごろ、遺体を収容したが損傷が激しいという。また別の女性従業員1人と連絡が取れなくなっているという。
 
ヒグマとみられる6頭がオリから脱走して敷地内を徘徊(はいかい)しており、地元猟友会が射殺した。八幡平クマ牧場は、ヒグマなど38頭を飼育。

 動物園などのクマが人を襲った例としては、05年に「富士サファリパーク」(静岡県裾野市)で、飼育舎からクマを外に出す作業をしていた従業員2人がヒグマ2頭に襲われ、うち1人が死亡した。 


Yahooニュース

---------------

 先日茨城県で6.5メートルのアミメニシキヘビに66歳の男性が殺される事件があった。週刊誌で続報を読んだが、絞め殺されたのではなく失血死で、現場は血塗れだったとか。頭部には無数の咬み傷があり、中には頭蓋骨を食いやぶって脳まで届くものもあったという。噛み殺して呑みこもうとしたのだろう。牛でも呑みこむぐらいだからニンゲンなどたやすい。

 本来日本にはいない南米の大蛇を飼ったりするから(売り物だ)起きた事故だ。
 兇暴なワニとか亀を輸入して飼い、飼いきれなくなって公園の池に放すなんてのは重罪である。とんでもないことだ。厳罰に処すべきだ。

 その大蛇を商品として、この珍獣屋を経営していた42歳の息子は、父親をこのような形で殺したことを猛省すべし。それでもまだこの商売を続けるつもりなのか。末代まで祟るぞ。



 なぜ秋田県で北海道からヒグマを連れてきて飼う必要があるのか。なんなんだ「クマ牧場」ってのは。 起こる可くして起こった事故だ。

 先にヒグマの住んでいた北海道にニンゲンが入植し、自分達と対立するヒグマを駆逐して行く。ヒグマにとっては後から来たヤツラに「害獣」呼ばわりされて不愉快だったろうが、そのへんは生存競争で、より強いものが勝つのがこの世の流れだから諦めてもらうしかない。白人とアメリカインディアンと同じだ。アメリカと中東と。
 ヒグマが遭遇したニンゲンを襲って殺すのは当然だ。そいつらは安寧な自分達の生活を奪った侵掠者なのだから。

 だがそのヒグマを、今は生存していない本州にわざわざ連れてきて見世物にするとなると話は別だ。
 ニンゲンの驕りである。殺された年寄りの「女性従業員」がかなしい。ヒグマはクマ牧場の経営者を襲うべきだった。



 富士サファリパーク」、恥ずかしい名前だ。サファリはアフリカだ。原宿シャンゼリゼ通り、南アルプス市と同じくみっともない。
 こういうネーミングを思いつくヤツの頭の中はどうなっているのだろう。恥の概念はないのか。

 本来、野に生きる動物を檻の中に閉じ込めて「飼う」ということ自体がストレスを与えているのだから、そういうニンゲンの驕りがあるかぎり、これからも頻発する事故だろう。すぐに閉鎖しろ。なにが「クマ牧場」だ。くだらん。

 犬を飼ったが、すぐに厭きてしまい、散歩に連れて行かなくなったので、ストレスの溜まった犬が飼い主に噛みついたというのと本質は同じだ。 犬小屋に繋がれている犬を見ると哀れでならない。

 自称「動物好き」はたちがわるい。同じく自称「こども好き」も。結合したら最悪だ。
 このクマ牧場の経営者も、「かわいいクマをこどもたちに身近に見せてあげたい。クマは力持ちで、とってもかわいい。それを知って欲しい。未来をになうこどもたちに夢をあげたい」とか言っていたのか。 

============================================

【追記】──県が再三指導──読売新聞

同牧場に対してクマの飼育許可を出していた県は20日午後、急きょ記者会見し、同牧場に対し、飼育状況などでたびたび改善指導してきたことを明らかにした。

東京都の動物愛護団体から、「劣悪なクマの飼養環境の改善を求める」との内容の公開質問状が、佐竹知事宛に提出されていた。

同牧場は1987年に設立された。経営者が相次いで変わり、現在は通算で7番目。県生活衛生課によると、ピークの95年は133頭を飼育していた。 


---------------

 ピーク時には133頭って、寒気がする。何の意味があるのだろう。 
 経営者が相次いで変るほどの状況なのに、閉鎖されなかったのはなぜなのだろう。 

---------------

【追記】──大地震と動物園

 大震災が起きたら、壊れた動物園から逃げだした猛獣による被害も出るだろう。餓えたライオンやトラやクマが街を徘徊するのだ。
 いますぐ「動物園」なんてのぼせあがった施設は閉じるべきだ。
 なぜ日本で、ライオンやトラを檻に入れて見世物にせねばならないのか。ニンゲン様だから、それをする権利があるというのか。

 上記「動物愛護団体」というのが出て来るが、こういうひとたちは動物園に対してどう思っているのだろう。
 動物を好きなら、まず真っ先に考えるべきは「自然な状態」であり、この地にいるはずのない動物を、他所から連れてきて、檻の中で見世物にするということに反対すべきだ。それが真の「動物愛護」だろう。

 だけど他の動物を殺して喰って自分達の生命を維持しているニンゲンに、「動物愛護」なんて言う資格はあるのだろうか。
 
 ニンゲンの業として、豚や牛や馬や羊を食用にするところまでは認めるとしても、どうにもこのライオンや虎やクマを、遥か彼方の地から連れてきて見世物にする感覚は認めがたい。

 
関連記事
  1. 2012/04/21(土) 08:43:00|
  2. 世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<就職した山本太郎と就職先の関係──原点はグリーンピース | ホーム | 『WILL』5月号──南京大虐殺のウソを暴く貴重な写真>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/696-60a329b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する