波の音、小鳥の鳴き声でやすらぐのか!?──リラックス音楽考──Music Bee

musicbee

Music Bee」という音がいいことで有名な音楽再生ソフトはどれぐらい普及しているのだろう。ここを読んでいるひとで使っているひとはいるだろうか。不覚にもこの種のフリーソフト大好きを自認していながらつい先日まで知らなかった。ここのところMedia Monkeyゴールド版とFittleで満足していて新手を探すこともしなかった。



サウンドカードをあたらしくした。春のPCミニ改造。やはりいいものを挿れると音が良くなる。先日、靖国神社の帰りに御茶の水でギター弦をたっぷり買ってきたので、今日は張り替えたzo-3を手にしてPCと一緒に遊んだ。こういうとき、アンプを繋がなくても遊べるzo-3は便利だ。今日はテレキャスをかかえるほど元気じゃなかった。FL Studioからリズムを流しての適当な遊び。

そこからの流れで、「音がいいと言われている再生ソフト=Music Bee」を知った。インストールしてみた。




musicbee2

冒頭の若いディランが写っている画像は、Music Beeのサイトから。
上のは『窓の杜』の紹介写真。最初これにしようと思ったのだけど、これのミュージシャンの部分をアップするとこうなる。

musicbee3

音楽に偏見はないつもりだが、この「ライブラリ」が私のモノだと思われるのはいやだった(笑)ので、本家のディランの画像をコピーしてきた。

しかしこれ、誰のライブラリなのだろう。『窓の杜』のだから、このソフトレビュウを書いたPCライターのものなんだろう。邦楽だけを聴く、アイドルの大場久美子や柏原よしえに憧れたおじさん、なのかな。小島麻由美や浅森坂と同世代の四十前後か。失礼ながらあまり趣味はよろしくない。でもいかにもPCライターらしい、かもしれない。私はもちろん古い森進一や八代亜紀を聞く姿勢を評価する。南沙織の「17歳」が「ローズガーデン」のパクリだとか知ってるかな。もちろんパクったのは筒美京平で南沙織に罪はない。

毎回同じ事を書いて恐縮だが、と言いつつ今後も書き続けるだろうけど、Google日本語入力は「小島麻由美」も「浅森坂」も一発で出してくれる。これをATOKでやることがいかにたいへんなことか。「八代亜紀」ですら出せない。まったく「この酒の人名に関して」は、神様のようにすばらしいIMEだ。「この種」を「この酒」とするぐらい一面ではバカだけど。

---------------

ああまた長い前置きになってしまった。すまんすまん。以上はどうでもいい話。以下が本題。

で、いつもはFittleでもMedia Monkeyでも「アルバムで聴く」のを基本にしているのだけど、あたらしいサウンドカードにあたらしい音楽再生ソフトだから、Music Beeでアトランダム再生をしていた。この方法のほうがサウンドカードやあたらしいソフトの魅力を発見するのには役立つ。クラシックのチェロの音はよく出るけど、ロックのベースの音は響かないとか、そんな場合もあるのだ。



すると「波の音」や、しばし「小鳥の鳴き声」などを聴かせ、それからBachが流れてくるようなのが連続した。それがちっとも楽しくない。

調べると、「Relax音楽」「やすらぎの音楽」「読書の音楽」「眠りの音楽」とか、そんなのだった。Genreとしては「Easy Listening」に分類してある。
たしかにそれはワゴンセールのようなので安CDを買い集めたり、図書館などからも借りてきて、せっせとmp3化してHDDにいれ、私が「Easy Listening」に分類したものだった。一時期「気持よく仕事が出来るBGM」に凝っていた。



当時の思い出だと、「なんでこれが心が安らかになる音楽なんだ?」と思うようなのも多かった。著作権のないクラシック音楽を、どこかの大学の心理学教授なんてのが「監修」した寄せ集め安物CDだ。実際には「名義貸し」だけで関わっていないのだろうけど。

たとえばBeethvenのViolin Sonata No.5「春」がある。Beethvenの作品では比較的お気楽音楽と言われているが、あのひとがお気楽だけの音楽を作るはずがない。師事したHaydnの音楽をそれで否定したひとである。Haydnはパトロンの貴族を気持ちよくさせる音楽作りに徹した。音楽を聞いてひたすら気持ちよくなりたいだけの私には最高の音楽家になる。

Beethvenはそれを否定した。だからお気楽と言われる「春」でも、楽しいだけでは終らせない。恋する青春の悩みも突如天候が変る春の不穏当さも表現している。これを聴いて「やすらいだり」「眠りについたり」は出来ない。よほど鈍い人でないと。

Beethvenの音楽は心を揺さぶるから最もEasy Listeningとは遠い音楽だ。多くのひとは音楽で心を揺さぶられたいと願いBeethvenを至上の音楽家とする。安寧でいたい私は、心を揺さぶってくるBeethvenは避けたい音楽になる。揺さぶられるのだから理解出来ないわけではない。揺さぶられてもいい状況になったら正面から聴くつもりだ。



そんな一連の「心やすらぐ音楽収集」の中に、この「自然音シリーズ」があった。
集めただけで聞いていなかった。それがアトランダム再生で偶然流れてきた。ちっともやすらがない。それどころかイライラする。波の音などわずらわしいし、小鳥の鳴き声もわざとらしい。風の音など不快になるだけだ。みな削除した。

私は高校生時代、背中にギターをしょってバイクで海辺にゆき(家から10キロほど)、一晩中波の音を聞きながらギターを弾いていたぐらい海が好きだし(と赤面しつつ書いております)、親の世話をした田舎時代は野鳥を餌付けしていたし、ツバメが室内に巣を作ったので、寒くても部屋を開けはなしていたし、草原を吹き抜ける風の爽やかさも知っている、つもりだが、なぜかこれらを受け入れない自分がいた。



理由のひとつとして、深夜から明け方なので「音量がちいさいこと」はあろう。大きな音で流して、酒でも飲むのなら、海辺にいる気分になれて楽しいのかもしれない。あたらしいサウンドカードのお蔭で充実しているし。
ちいさな音だから、波の音など「ザーッ、ザーッ」とノイズのようでしかない。小鳥の鳴き声や風の音も。

でももっと大きな理由は「ニセモノ」であり「不要」だからだ。
私はいま波の音が聞こえない地域に住んでいるのだから無理に波の音を聞く必要はない。それが私の基本姿勢になる。

波の音が聞こえる地に行ったなら、すんなり受け入れるだろうし、このあと夜明けに、ベランダに小鳥がやってきて鳴いたなら、それはとても爽快だろう。つまりは「無理してそんなことをしてどうする」になる。

「おれって、ずっと海辺で育ったからさ、波の音がないとさみしくていられないんだよ。いま山のほうに住んでるだろ。だからPCやってるときも、いつも波の音をBGMで流してるんだ」なんてひともいるだろうけど、ともだちにはなりたくない。山に住んだら山の音を聞け。それが基本だ。
いや実際にそういうヤツを知っている。嫌いだった。そのカッコツケが。彼は波の音を欲していたのではない。波の音を恋しがる自分を演出して酔っていただけだ。

波の音を聴いてもちっとも楽しくなく、むしろいらいらして削除してしまったのは、私が「そういう考え」であり、そういう「反発」があったからなのだろう。



それを消して、しばらくSmooth Jazzを聴いていた。こういうのも本物?のJazzファンから見たら腑抜けの音楽なのだろうが、でもこれだけ普及したところに、求められている音楽である現実がある。実際私の場合、bebapでももううるさすぎる。

音楽を消すと、明け方の4時、PCファンの音が耳についた。4月になって急に暖かくなったものだから、先日、夏に備え水冷CPUクーラーにファンをひとつ増設した。Speed Fanで見てみると、2月には20度ぐらいだったCPU温度が30度を超すようになっていた。室温がそれだけあがっているのだから当然だ。ラジエーターの冷却は12センチファンが「吹きつけ」だけだったのを、対面にも同じく12センチファンを「吸い込み」で附けた。これでなんとか夏を乗りきれるはず、なのだが……。

ファンをひとつ増やしただけでずいぶんとノイズレベルがあがった。音楽を止めるとかなり気になる。
夜明けの時間。ファンの回転音と、キイボードを叩く音、やがて遠くから始発電車の音が聞こえた。それが私のこの時間の生活の音であり、ここに人造の波の音はいらない。「自然音」を録音したものだから「人造」ではないのだけど、でもそれをここで再生して流すのは「不自然」だ。



しかし消してしまったのは早計だったか。あとで、たまらなく波の音に飢える時が来るのかもしれない。そのときはそのときだ。あらためてまた入手すればいい。もしも飢えるなら、それはそれでまた楽しみである。
関連記事
  1. 2012/04/12(木) 03:00:55|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中東をいたぶるアメリカに見る日本の負け犬の歴史 | ホーム | 日本はポール、アメリカはジョン──『SAPIO』業田良家の「ガラガラポン」──リンゴは輿石、ジョージは岡田(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/683-3f8f6567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する