日米をジョンとポールに喩える野田総理のセンス──批判する方も「やっちまったなあ」──常田富士男「私のビートルズ」

野田総理が講演で「日本がポール・マッカートニーなら米国はジョン・レノンだ。ポールのいないビートルズはありえない。この2人がきちんとハーモニーしなければいけない」なんて言ったらしい。

ご本人は「ビシっと決めたぜ!」とご満悦かもしれないが、これはもうクールポコで言うと「やっちまったなあ」状態(笑)。国民は、泣きそうな顔で「そんな総理がいたんですよぉ」と言わねばならない。



ジョンとポールと言えば真っ先にこの歌を思い出す。

tokita
常田富士男「私のビートルズ」

♪禿山の、禿鷹が、私を少し噛ったからハッシッシ、ハッシッシ、ハッシッシをあげたのさ~。おぅ、夢見るふたり~。
バラの花をベッドに敷きつめて、ジョンとポールがあいしあっているぅ~。


mp3はこちらにアップ。この歌を知ってるひとがどれぐらいいるのか。
ちょっと検索したら、この歌を知っているのだが、背景を知らず、それを問うているひとがいた。詳しく教えてあげたいけど、私は見知らぬひとのブログにコメントなんて怖くて書き込めない。でも間違ったことを事実のように書き込んでいるひともいて、それにブログ主が「ありがとうございます。そうだったんですか」なんて返事をしているのを見ると気の毒になる。常田富士男を「まんが日本昔ばなし」でしか知らないんじゃ無理。演劇。

ひとつだけ言っておくと、当時を知らない若者?が、この歌のことを「誰にも知られることなく時の中に埋もれた」とかいかにもで書いていたが、そんなことはない。あのころの深夜放送じゃ毎晩かかっていた。私が歌詞もメロディもふつうのヒット曲として覚えているのが証拠だ。すんなり歌える。ゴールデンタイムの歌番組で歌われた歌じゃないけど。

Fuzzをかけたギターとベースのユニゾンフレーズ。このころはまだDistortionもOverdriveもない。ファズが正しい。きちんとホーンも入れて本家を意識している。いいアレンジだ。サイケデリックだぜぇ!(スギちゃん風)。




「野田政権の存在意義」、「ジョンとポール」??~耐えられない野田総理の言葉の軽さ

いくつかの記事を読んでみた。上記のブログがことば巧みにそれを批判している。上手だ。
といって感心するほどでもない。

というのは、ここで指摘されている、

・ビートルズのデビュー前の1957年から、解散する1970年までの長期間よきパートナーであったジョンとポール

・なのに昨年8月に首相に就任してから野田総理は、オバマ大統領と殆ど信頼関係を築けていない

・野田総理とオバマ大統領の関係は、ビートルズ解散直前のジョンとポールの関係のよう

・ビートルズ解散の原因の一つは、ジョン・レノンとポール・マッカートニーの不仲


これらは誰でも書けることだからだ。
逆に言うと、この比喩には誰でも突っこみたくなる。

日米関係に限らず、「社長と専務は」「委員長と副委員長は」「隊長と部下は」でもなんでも、ジョンとポールに喩えて繁栄や安定を願う言いかたをしたなら、彼らを知っている世代はもう脊髄反射で「でもその不仲が解散の原因なんだけどね」と口にするだろう。そのあとは、ジョージはリンゴは、となる。あまりに定番。

そういう意味で、上記の上手なブログは、言葉巧みに野田総理の発言を手玉に取ったようでいて、じつは野田総理に踊らされているとも言える。「アホが見る」とふられて思わず「ブタのケツ」と反応してしまったようなものだ。こういう批判文章を書いたこと自体がまた「やっちまったなあ」でもある(笑)。
(私は関東人なので「アホが見る」と振られても、「え?」と、すぐには反応できないのだけど。)



困るのは、野田総理はこれを「かっこいい」と思ってやっていることだ。
政治の比喩にビートルズを持ちだした自分を「やるじゃん」と思っている。「おれって新しい。今までの総理とは一味ちがう」

残念ながらそれはとてもかっこわるい。
政治的な微妙なことを音楽バンドになんぞ喩えてはならない。ましてあちらは麻薬やらなんやらある。ポールなんてマリファナ所持で日本に入国できず成田から追い返されている。そんなひとを日本国に喩えてどうするんだ(笑)。しみじみ譬喩のセンスが悪い。
まだしも人種問題を黒鍵と白鍵に喩えたポールとスティーヴィの「Ebony & Ivory」のほうがましだ。まあこれもあまりにベタだけど。

私も、「じゃあジョンとポールの不仲を決定的にしたおじゃま虫のヨーコはどの国?」と定番の突っこみを入れておこう。「ポール側から見たら不愉快だったかもしれないけど、ジョンがほんとうにあいしたのはヨーコなんだよ」と。
まさかヨーコはシナだったりして。

野田総理が、見かけはどっしりしているが、中身が軽いことがよく解る発言だった。

(以上、本文終り。以下餘談。)

-------------------------------

ま、私の場合、タバコをやめられないというだけでこのひとはダメだ。
18の時から吸い続けている(国会で質問され20歳じゃなくつい事実を言ってしまった)それほど中毒しているものだからこそ、総理になったことをきっかけにキッパリやめたとか、それぐらい見せてくれないと。
いまストレスでますます本数が増えているらしい。あの肌の汚さは喫煙が関係あろう。顔からしてヤニ臭い。

周囲にもたらすタバコの害毒とかは関係ない。彼の健康のこともどうでもいい。
指導者として、中毒している薬物をやめられるかどうかという意思の強さである。
その気になれば、これほど中毒しているタバコだってキッパリやめられる。その心意気を見せて欲しかった。

いまのところ見せている意志の強さは、なんとしても消費税をあげるという決意だけだ。
竹下と同じくそれで歴史に名を残したいのか。

---------------

 そうかのその字も書いてないのに広告が消えない。呪いか。すぐビートルズが出たのはさすがだな。
関連記事
  1. 2012/03/27(火) 03:00:08|
  2. 総理大臣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<猫ひろし、スポンサー契約でボロ儲け──カンボジアが「猫ひろし従軍慰安婦」で賠償を求める日 | ホーム | 猫ひろし、カンボジアからオリンピック出場──創価学会の栄光──アイネスフウジンと「ナカノコール」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/681-d0f61d48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する