スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冬の競馬場

◎冬の競馬場



暖かい毎日である。もう春爛漫といっていいのだろう。なにしろ部屋の中でちょっと片づけものをするだけで汗を掻き、ティーシャツ一枚になったりするほどだ。どう考えても二月末、三月上旬の陽気ではない。


東京の桜開花予想は3月19日。ずいぶんと早い。
凍えるほどの冬をさして経験しないまま春になってしまうと冬の厳しさを恋しく想ったりする。
そう想えば真冬の競馬場に通い、身も懐も(笑)凍えたことはいい経験だった。


今年の中央競馬初日は1月6日。激しい雨である。ひどい日だった。せっせと片道二時間かけて出かけた。寒くて震え上がった。館内にいれば暖かい。だが馬は間近で見たい。そうすると雨と風に触れて寒い。震え上がる。だけど馬も騎手もそこにいる。その寒さの中にいる。私は暑さ寒さを馬や騎手と一緒に感じることが競馬の基本だと思っているからここで逃げるわけには行かない。


だから寒いのは当然でありそれでいい。冬なのだから。困ったのは内外の温度差だった。
北京で買ったダウンパーカーを着ている。値段の点から本物かどうか疑わしいがとりあえず日本の寒さはしのげる。そりゃ北京のあれと比べたら東京なんて生ぬるい。


4階席から吹きつける雨の中、パドックを見る。そこまではいい。館内にはいると今度はこれでもかというぐらい暖房が効いている。寒い日だから最強にしているのだろう。暑くていられない。何もしなくてもダウンパーカーの前を開けているだけでは額に汗が滲み出てくる。ダウンパーカーを脱ぎ、それでも暑くていられないのでセーターも脱いだ。薄着である。返し馬を見て、オッズペーパーを印刷し、と慌ただしく時間が流れて行く。なにより脱いだ服が荷物になって煩わしい。


レースが終り、すぐにまたパドックに馬が出てくる。身に行く。今度は寒い。セーターをバッグに入れたままダウンパーカーを羽織って出たがそれでも寒い。しかしこれで館内に戻りセーターを着ていたりしたらそれに時間を取られ、ろくにパドックが見られないので我慢する。なんとも半端でつらい時間だった。


パドックで馬を見ることで最も大事なことは、一定の場所から一定の角度で見ることである。雨風に晒されようといつもの場所に行き、いつもの角度で見ねばならない。暖かい館内からガラス越しに見たりモニターで見たりしたのでは意味がない。なんのために競馬場まで来たのかわからない。
室内外の温度が同じ季節が恋しかった。室外で寒さに震えるから室内の暖かさはありがたかったけれど、あまりの温度差が恨めしくもあった。


というようなことを1月6日の金杯の日にやっていた。しかしこの日は雨の日だった。そこそこ風もあり厳しい状況だったがまだよかった。金杯の3連単12万を当てたことも関係あったろう。


真に厳しかったのは次の日だった。1月7日。この日は厳しかった。雨は上がったがとんでもない強風の日だった。この寒さは半端ではなく4階の外にしばらくいると体の芯まで冷えた。寒さとは風なのだとあらためて知った。北海道などで感じる深々と冷え込む寒さも風がないとそれほどでもないのである。問題は風なのだ。騎手の栄光と苦労を思った。たいへんな仕事である。


これはその後の東京開催でも思い知る。今度は新スタンドの5階である。いつもいつも強風で耳などちぎれそうになった。どれほどの強風だったかは自動ドアのスイッチを切っていたことでも解る。出入りは手動ドアだけだった。それが解らず自動ドアの前で押したり引いたりしている人がいるのが笑えた。私も最初やってしまったが。メインレースで間近に馬を見ようと一階の報道人席まで降りて行くとそうでもないから、やはり高いところは風が強いのだろう。一階まで降りて行くのが面倒で手抜きをした罰とも言える。競馬場に行くと本当に歩き回る。万歩計でどれぐらいか測りたいぐらいだ。健康のためにはいいだろう。


住居ではまったく寒さを感じない冬だった。ガスファンヒーターを点けたのは数回程度である。それも私の場合、一日中で最も冷え込む明け方に起きて仕事をしているのだ。それで17度ぐらいだった。晩秋ぐらいである。すごしやすい。その時間でめったにヒーターがいらなかったということは、もしもまともな時間に寝起きする生活をしていたなら今冬は一度も使用せずに済んだかもしれない。


競馬場に通って高い場所で寒風に震え上がったこと、今の部屋に越してきてからも、深夜に自転車で買い物に行き、手がかじかんだことなどは、異常な暖冬だったからこそいい体験だったと思う。
日当たりのいい今の部屋で室内作業ばかりしていたら、暖冬だ暖冬だと言うだけで一度も寒いと感じないまま冬を越してしまったろう。悪天候の日に競馬場に通ったことは、私なりに季節感を掴むためによかったと思っている。


 

関連記事
  1. 2007/03/07(水) 02:57:01|
  2. 競馬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新『お言葉ですが…』始まる! | ホーム | ゴング 廃刊!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/68-4f7c653b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。