スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

羽生復調の秘密──家族が帰ってきた!?──名人戦開幕間近

 名人など永世・名誉称号を6つも持ち、将棋界に君臨する羽生善治二冠(41)。昨年9月に通算タイトル獲得数で故・大山康晴さんと並び、11月からは2月のNHK杯まで破竹の14連勝を記録した。3月7日の竜王戦で敗退し連勝はストップしたが、年間獲得賞金額も14年連続1位と、いまも絶好調を維持している。

『女性自身』は2010年11月16日号で、妻・畠田理恵(41)との”別居"を報じている。夫を世田谷区内の自宅に残し、2人の娘と横浜市内のマンションにいる理由について、島田(註・畠田の誤記)は「二女がフィギュアスケートを練習するため、リンクの近くに部屋を借りた」としていた。

「娘たちの学校は都内にあるため、畠田さんは毎日、横浜から車で送り迎えしていました。途中、彼女が自宅に寄ることもありましたが、それも2~3時間程度。羽生さんは娘たちと会う時間がほとんどなかったそうです。このころから彼に白髪が目立つようになりました」(将棋仲間)

 そんな彼がここへきて突然の絶好調。何があったのかと3月下旬の朝、世田谷の自宅を訪ねると羽生二冠が出てきた。飼い犬のゴールデンレトリバーが先に"お座り"して彼を待っている。ところがこの日は、ミニチュアダックスフントを抱えた畠田の母親と、トイプードルを抱えた二女も玄関から出てきたのだ。どうやら再び家族が戻ってきたようだ。

 その後3人は愛犬を連れて近所の公園に向かうと、1時間ほど楽しそうに遊んでいた。近所の主婦によると、畠田と2人の娘を自宅近くで見かけるようになったのは、最近のことだという。羽生二冠の好調の秘密は、家族が戻ってきたことにあったようだ。

「長女は中学生になったのを機にスケートをやめ学業を優先することになりました。そして二女も中学生に。3月22日からの『スプリングトロフィー・フィギュアスケート選手権』にも出場しませんでしたから、長女同様、学業に専念するのでしょう」(スケート関係者)──女性自身

---------------

 思わず「島田って誰?」と突っこみたくなる。
 そのあとの「将棋仲間」もひどい。遊びのサークルじゃない。世界一将棋の強いひと、いやそれどころか江戸時代に完成された現代の将棋形式で、ここ300年でも最も強いひとのことを語るのに、「将棋仲間」はないだろう。いくら「女性自身」でも。

 ここは最低限「将棋関係者」「将棋連盟関係者」「将棋ジャーナリスト」とか、もうすこし気を遣って欲しかった。いかに将棋のことなど何も知らないライターが書いていることか。ま、「女性週刊誌」だからな。いや男性週刊誌も似たようなもんだけど。
 正直に言うと、将棋ファンとして、この種のことは将棋雑誌は伝えてくれないから、私は、どんな形であれこれらをネタにして伝えてくれる女性週刊誌に感謝している。それが週刊誌らしい9割インチキだったとしても肝腎の部分はこちらが読み取る。



 大の羽生ファンとして、心から「よかったなあ」と思うけど、かといって言祝ぐ気にもなれない。これが唯一の羽生のガンだ。なんであんなのと結婚したのか。
 かといって今の女房と離婚して(財産、10億以上ぜんぶ取られるだろうな)、真にあいしあえる女とめぐり逢ったとしても、娘への愛情は消えないだろうから、羽生が懊悩に沈むのは見えている。だから今回の復縁はよいことなのだろうけど……。

 羽生と同じく、娘ふたりの友人が、奥さんと険悪になったとき、「女房とは別れたいけど、娘と離れることを思うと……」と悩んでいたことを思い出した。



 何年来か、豪邸にひとりで住み、近所に回覧板をまわしに出かけたり、ひとりで生ゴミを出したりする羽生の姿が目撃されていた。そんな状態で、あれだけの成績を残すのだから、いかに強いことか。

 女房が別居してまで打ちこんでいたのは愛娘のスケーティングと言われていた。「第二の真央ちゃん」を目ざしていたのか。それともそれは単なる別居の言い訳だったのか。

 とにかく羽生の家庭がうまく行って、彼が全能力を発揮できますように、と祈るしかない。



 もしも二十代の渡辺がこんな状況に陥ったら、どんなことになっていたか。愛妻賢妻でほんとうによかった。彼の今の充実を支えているのは賢妻だ。

 ここ数年のタイトル戦で、10局以上対戦していて、唯一羽生に勝ち越している棋士となったが、渡辺の力は認めるにせよ、羽生にそのような苦悩があったのも事実だ。



 しかしまた思うのだが、「女を撰ぶのも男の実力」である。 

 女房を外したと嘆くので、ろくな男を見たことがない。古い知りあいでソクラテスというのがいる(笑)。



 女房子供が戻ってきてハッピーなら、今年の羽生はすごいことになる。 
 10日から始まる名人戦が楽しみだ。 
関連記事
  1. 2012/04/04(水) 14:08:31|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大震災直後の『週刊ポスト』と『AERA』の表紙──一年前の報道姿勢の確認 | ホーム | 天皇陛下の御心──産經新聞、石原慎太郎「日本よ」より>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/676-82d286b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。