インターネット断ち──という難問──〝名器〟の木嶋事件

ひととちがう生活時間で生きているが、昼頃には一服することが多い。午前3時からPCに向かっていると、午前8時にひと休み、二度目がちょうどその頃だ。
ここ数日、そんな休み時間にKey Hole TVでサブディスプレイの片隅にワイドショーを流している。
音は出さない。音楽を聴いている。たまに画面をチラッと見て、興味のある話題だったら音を出して見る。というつもり。
Key Hole TVのちいさくて見にくい画面だがこれで十分。



ところがその中身は、洗脳されたオセロ中島と、自称〝名器〟の木嶋という人殺しの話ばかり。
音を出さずチラ見しているだけでもうんざりして、けっきょくは見ることなく消す。

私は殺人事件が嫌いなので近寄らない。「ミステリー」と呼ばれる分野の小説を読まないのも、そういうテレビドラマを見ないのも、それが人殺しの話だからだ。
木嶋という女の人殺しに関してなにも知らない。
なのに、肝腎の殺人事件の経緯を知らないのに、本人が法廷で供述したという「女としての機能そのものが優れていると相手に言われた」とかの「名器発言」は知っているのだからインターネットはこわい。知りたくなくても情報があちらから押しよせてくるので知ってしまう。迷惑と思いつつ、その迷惑度合に慣れ親しんでいるのも事実。



私は山奥で隠遁生活をしている「つもり」なのだが、たとえ「つもり」でも、その徹底のためにはインターネットを切らねばならない。Key Hole TVは、あまりにテレビを見なくなったからあえてやってみた気まぐれにすぎない。テレビは一切なくてもいいけど、もうインターネットのない生活は出来ない気がする。すっかり常時接続に毒されている。

出来るか出来ないかの実験は今すぐに出来る。「これから一週間ネットに繋がない」とか宣言してケーブルを抜けばいいのだ。

とりあえず今は毎日メール連絡の必要な仕事があるからそこまでは出来ない。でもそれだって、「常時接続を切り一日2度メイルチェック」で充分だから、やはり言い訳か。それで間に合わないほどの緊急の場合は電話が来る。そういう事態の発生はほとんどない。だからやっぱり言い訳だ。

以前は頻繁に海外に出ていたので、そのことが「インターネットのない生活」、「新聞雑誌のない生活」、「テレビのない生活」の実験になった。
いまは日本で好き放題の生活だから、そのへんの情報選択はすべて自身の克己心に委ねられる。「新聞雑誌のない生活」「テレビのない生活」を実践しているが、それらはみな「インターネット」で代役されているのだから意味はない。テレビのない生活をしていたときもYouTube動画倉庫で適当に見ていたから、それは「テレビ受像機のない生活」でしかなかった。



昨年11月末にTwitterをやめた。
人の振り見て我が振り直せ、である。
四六時中ツイートしているひとを見たら気味が悪くなった。正気ではない。
半年ほどの短い関わりだった。

そういうひとよりはまだましだと思うが、私も「常時接続」という名の中毒ではある。
3時から8時まで机に向かって一心不乱かというとそうでもなく、2時間に一度ぐらいのわりあいで、5分10分、ニュース読みに出かけたりしている。ホームページにしているiGoogleには様々なニュースや「急上昇ワード」が表示されているし、ブログを利用させてもらっているライブドアからも、どうでもいいような内容のメルマガが送られてくる。それらで前記の「名器発言」等を知ってしまう。(私はこういう「させてもらっている」というような表現が嫌いだし、この種のものは相身互いだから「利用している」と書きたいのだが、なんかブログに関しては「させてもらっている」感が強い。利用料金を払っているプロバイダのホームページにはこんな表現はしないのだが。)

振り返って、そういう自分に気づく。癖になっている。嫌っているようで好きなのだ。毒されている。
もしも常時接続でなかったらこんなことは出来ない(起きない)から、デスクトップ機を離れ、こたつに行ってお茶を飲み、雑誌を読んだりする息抜きの時間になる。かつてはそうだった。常時接続前はそこまでインターネットはこちらを巻きこんではいなかった。そちらにもどりたい。そちらのほうが正常だと思う。今更むかしのように机の上に何冊も辞書を置いておく生活にはもどれないが、その辺は電子辞書があれこれ挿れてあるし、なんとかなるだろう。



う~む、「常時接続を切ってのインターネット断ち」か。難問だ。かつての遅かったインターネットでは生じないテーマだ。ブロードバンド時代になっての問題である。インターネットをやめろと言っているのではない。常時接続を切り、インターネット接続を一日1時間とか、そんなふうに制限しろという自身に課すテーマ。

私は電車の中でひたすら携帯電話の画面を見詰めているひと、歩きながらも携帯電話の画面を見詰めているひとを軽蔑している。病人だと思っている。
しかし私もまたインターネット常時接続という病人ではないのか。

ここから離れるのは、ある意味、薬物中毒のタバコをやめるより難しい。
と書くと、チャレンジ精神が疼いてくる。
四半世紀前、一日二箱喫っていたタバコをやめた。
ある日突然、タバコに依存している自分に腹が立ったのだった。
ひっきりなしにタバコを喫わないと生きていられない。そんな自分が許せなかった。
いきなりその日、やめた。一週間、のたうちまわって苦しんだが、やめた。以来一本も喫っていない。

出来ないはずがない。やってみるか。

------------------------------

【追記】 いま7:55。Key Hole TVで「みのもんた」を点けてみた。木嶋の話。急いで消す。ダメだこりゃ。

【追記.2】 いま17:11。ターザン山本さんのブログを読んだら、木嶋をテーマに友人と語りあい、〝毒婦〟としてブログテーマにしていた。そんなに話題のひとなのか。くだらんと言って見ない私が世間とズレているのか。たしかにまあ、あのようなブスが〝いい女〟として、複数の男から金を巻きあげるという事件は、現代のさびしさ症候群を語るにはかっこうのテーマなのだろうが。
関連記事
  1. 2012/03/02(金) 04:44:43|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボトルネック奏法──YAMAHAの真鍮製スライドバー──デルタブルース──私の三大変節記 | ホーム | 雪明り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/650-10489d4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する