スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

把瑠都、初優勝!──誤用「号泣」が多すぎる──号泣とは大声をあげて泣くことである!

把瑠都、全勝V逃すも母、新妻に感謝の号泣

barutonamida


 13日目で悲願の初優勝を決めた大関把瑠都が、土俵上での優勝インタビュー中に号泣した。(デイリースポーツ)

---------------

 いくらなんでも誤用の「号泣」が多すぎる。あっちもこっちも号泣ばかり。

ごう‐きゅう【号泣】ガウキフ
大声をあげて泣くこと。「悲報に―する」(『広辞苑』第4版)


 「号泣」で検索すると出てくるタレントのそれには私も見聞したものがある。
 過去の苦労話をしていて、感極まり、ことばに詰まり、そっと目尻を拭ったりする。「あ、涙が出たのかな」と思う程度。なのにそれが「たかじん、号泣!」なんてタイトルになっている。おかしいよ、日本語が。

 号泣とはその文字からもわかるように「大声をあげて泣くこと」だ。「おーいおいおい」と、あの朝鮮の葬式の泣き女のように、声をあげ、身を震わせて泣くことだ。
 目尻の涙をそっとぬぐったり、まぶたを押さえたりするのは号泣ではない。声をあげまいと唇をかみしめ、滂沱と涙が頬を伝うのも、どんなに水量が多くても号泣ではない。
 号泣の必須条件は「声」だ。声をあげることだ。

 上記把瑠都も、最初はそっと目尻を拭うだけだった。そこに国技館に来ていたお母さんと奥さんへの拍手と歓声でさらに盛り上がったものだから頬を涙が伝っていた。しかし声は出していない。

 假に把瑠都が「ウッウッ」と声を出したとしても、それは「嗚咽を漏らした」だ。「号泣」ではない。
 素人ブログならともかくマスコミ人として、記者として、あまりにコトバに雑すぎる。報道の基本は事実を伝えることだ。事実を針小棒大に膨らまして煽ることではない。
関連記事
  1. 2012/01/23(月) 20:03:03|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<列を守れないシナ人、恨みを忘れない朝鮮人──外交は民族気質にあわせて変るべし! | ホーム | 粉雪の朝──Google急上昇ワード、野田聖子1位!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/624-65a0a890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。