スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライブドアブログ字数オーバー初体験──ちょっと痛かったけど……

ブログ文章の誤字チェックをしていた。私はその事に関してはかなり真面目だと思う。時間があると過去の文をチェックして誤字直しをしている。それでもまだまだあるだろうから、とても自慢できるレベルにはないが、姿勢としては極めて実直である。

今日も「八大競」と書いてあるのを見つけ、赤面しつつ直した。競馬に関する文章だ。競馬は「競」である。しかし一般的には競のほうが優先されるからIMEでもこちらが先に出る。これは競馬文章を書き始めたひとがよくやる失敗になる。私も昭和61年に『優駿』に初めて競馬文章を提出した際、これをやってしまった。赤字で直されているゲラを見て気づいた。そのとき私は既に競馬歴10年以上だったが「競争と競走」を気にしたことがなかった。そんなものである。競馬ライター初心者だったのだからしかたない。しかしいまだにやるのは笑えない。

『優駿』編集者が優駿エッセイ賞応募作に関して、「競走を競争と書いているだけで読む気が失せる」と言っていた。第一次審査は編集部である。応募するひとは気をつけたほうがいい。こんなところからすでに審査は始まっている。

「競馬大好き<きっこさん>──2006年7月29日の日記──ホワイトフォンテン単勝配当の不思議???」という文章を手直しし、多少書き足して、アップしようとしたら以下のようなのが掲示された。


mojisu


初体験である。ブログ文章にも1回の字数制限はあるのだろうとは思っていたが、現実に表示されるのを初めて見た。新鮮だ。
15000字というと原稿用紙40枚ほどか。ここでいう15000字は改行も空白もなくびっしり字数だけの15000字だ。改行空白の多い会話体を考慮すると、現実的には60枚程度と思える。

ひとつのブログ文章でここまで書いて、こんなのを表示されるひともそんなにはいないだろう。

以前も書いたことだけど、「俺ほど長文のブログ日記を書いているやつもいまい」と自慢気に言う知人がいた。そのひとはすべてを携帯電話でやっている。センテンスが短く、文章は一行空けだ。スカスカ。
コピーしてテキストエディターに貼り、空白を削除し、まともな文章に整形したら原稿用紙4枚ほどだった。ちっとも長くない。とはいえ毎日携帯電話で原稿用紙4枚分の文章を書くのはたいへんだ。私には出来ない。パソコンなら何十枚でも平気だけど。
自分が長いことを自慢しているのではない。恥じている。そこは誤解なきように。むしろ小柄な女性には痛がられたりして自慢どころではない。



理由は明瞭だ。なつかしい競馬の話だから調子にのってほいほいと書きつらねてしまった。コクサイプリンス、フジノパーシア、ヤマブキオー、トウコウエルザと、想い出が尽きない。自分でも長すぎると思ったから<父さん>や<母さん>に関する部分は削除してAJC杯だけに絞った。かなり削ったのだ。そしてアップした。今回ほんの100字ぐらい足しただけで字数オーバーになったから、すでに元文で限界ギリギリだったことになる。
戦争の想い出を語り始めた年寄りが止まらなくなってしまうのと似ている。すなおに恥じた。

私のブログの読者の半分はケータイ接続だ。この長文を携帯電話で読むひとってすごいな。



30年前、ワープロを購入した。28万円。もちろん月賦。丸井。月賦利息がさらに3万円ぐらい上乗せされたのかな、たしか。丸井はあくどかった。でも丸井じゃないと買えなかったから恨みよりも感謝だけど。筆圧が強くて指が腫れ上がってしまう私には夢の機械だった。
これの1文章の字数限界が8000字だった。原稿用紙換算20枚だが、前記したようにこういうのは空白改行関係ない計算だから23枚ぐらいは書けた。

しかし30枚の注文だとこなせない。そしてまたフリーランスライターには30枚の注文が多かった。ここがむずかしい。15枚の文章をふたつ、のように割り切った。でもそれをプリントしてきっちり30枚にするのは手間取った。インクリボンがすぐになくなってしまうので感熱紙を使ったり、あれこれ苦労した。
このあと20000字に増えたので買い替える。22万円。新型機が安くて高性能。デザインもしゃれている。ワープロが普及し始め、ぐんぐん安くて高性能になっていった時期だ。これだと50枚だからほとんどの原稿は問題なかった。しかし80枚の注文があり、またふたつに分けねばならなくなった。

私はここでパソコンの『一太郎』に切り替えた。NECのPC9800。これで字数制限から解放された。フロッピーディスク1枚に分厚い単行本が一冊入る。脅威だった。OSはMS-Dos-3.1。パソコンにはついて来なかった。別途3万円で買わねばならなかった。フロッピーディスク2枚のOS。
すでにパソコンは持っていたのだが音楽用にしか使っていなかった。
やがて今度は『一太郎』の重さに辟易して、『VZエディター』というテキストエディターに切り替える。

とまた思い出話を書き始めると長くなるのでお終いにします。



2011年11月15日。ライブドアブログ字数オーバー初体験記念日。ちょっと痛かったけど痛さのなかにすこし気持ち良さもあった。早く体験したいと思っていたのでうれしかった。これでもうおとな。
関連記事
  1. 2011/11/15(火) 03:50:45|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尾崎豊「卒業」の想い出──友人Nの命日をまえに──ATOK話 織田哲郎の魅力 | ホーム | 初心者の知ったかぶり──ヴの馬名──泉谷への意見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/594-e847f198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。