スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自殺考.2──竹脇無我さんのこと(続き)

 私が一緒に仕事をしているころの竹脇さんは欝病とは無縁だった。「大岡越前」の収録に出かけたり、中国で評価の高い「姿三四郎」の役者として中国に招かれたり、公私共に充実していた。明治座で共演した十朱幸代と週刊誌ネタになったのもこのころである。まだ離婚していないけれど夫婦仲は冷えていた。御自宅におじゃましたこともあるので冷え具合がよくわかった。

自殺したお父さんのことは高名な名ナレーターとして誇りであると同時に、やはり自分達を残して逝ってしまったことを傷として持っていた。高校生のとき授業中に先生から伝えられたという。自宅の物置で首吊り自殺したことを。そのことを語ってくれることはなかったし、こちらから問えることでもなかったが、ある日ぽつねんとそのことに触れ、「あの気持ちは誰にもわからないよ」と呟いたときのさびしげな表情は鮮明に覚えている。



その後、FM-Tokyoで8年続いた番組も終りすっかり疎遠になった。私はその間に競馬のことを書くようになっていた。J-WAVEの開局が1988年。御世話になっているM先輩の関係からラジオ番組の構成はJ-WAVEになった。竹脇さんと疎遠になったのはその前、87年ころだったろうか。91年から私は海外放浪を始め、それ以前とは生活も交友関係もすべて変ってしまった。

ある日、竹脇さんが欝病を病んでいると人づてに聞いた。Wikipediaによると「49歳のころから欝病、その後糖尿病を」とある。49歳というと1993年ごろ。「8年間の闘病生活の末に復帰」とあるから、復帰したのは2001年ぐらいか。「笑っていいとも」で、すっかり性格の変わった竹脇さんを見て驚いたのはこのころになる。この出演は2001年3月のようだ。ハンサムだけどさびしげで暗い感じのひとだったのに、なにかふっきれたように明るくなっていた。実際明るくなったのだろう、今では欝病からの脱出がテーマの講演会では、お父さんの自殺に関することも積極的に語っているという。





写真の本が発売になったのは2003年の7月。内容紹介は、

《父の自殺、次兄の夭折、長兄の失明、自身の離婚…。頭の中が「死にたい衝動」で埋め尽くされる。うつ病地獄に落ちた著者が「また芝居がしたい」と再生するまでを綴った闘病手記。うつ病を正しく知る参考にもなる書。》となっている。

竹脇さんのさびしげな表情も父の自殺から来たものだ。御自身が自殺の衝動に駆られたのもそこからの流れになる。親が離婚している子の離婚率が異様に高いように、親が自殺している子の自殺率も高い。止め金が外れているのだから当然だ。

私は自殺肯定派なのだけれど、残された子のあの表情を見ると、それは罪深いことなのかと思ったりする。多感な時期のこどもを残しての親の自殺は卑怯だ。



ただし、日本という国を貶めることを生きがいとしている連中の「日本の自殺者は年3万人。ひとつの町が消えてしまうほどの数。イタリア等と比べたらいかに多いことか。それは日本という国が病んでいるひどい国であることの証左だ」という意見には反対する。単純に数字だけで論じられることではない。特に自分の起こした問題に対しての自死という責任はあって然るべきと思う。むしろ先日逮捕された「イギリス人女性殺し犯人」などはとうの昔に責任を取って自殺していると思っていたから、整形してまで生きのびていたことに驚いた。それだけ日本人の感覚も変っている。連合赤軍の時代には、犯人の親が責任を取って自殺していた。それを是ともしないのだが、今回のように逃亡していた犯人の親が夫婦でカメラの前に立ち、他人事風に冷静に事件を語っているのを見ると、それはまたそれで考えることになる。

と枝葉を拡げ出すと切りがないので無理矢理まとめるが、多感な時期に父に自殺された息子が引きずるさびしげな表情は、私のような自殺肯定派にも強烈に訴えてくるものがある、という話。
関連記事
  1. 2009/11/19(木) 16:32:12|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<民主党の強行採決──幻想からの脱却 | ホーム | 自殺考.2──竹脇無我さんのこと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/560-0a0ad528
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。