スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図書館話──キイボード打鍵音

 図書館で書いている。今日は18時閉館。もう17時を過ぎた。急いで打とう。

 パソコン席。隣にやたら打鍵音の大きいオヤジが来ていやになってしまった。いま、離れた静かな席に移った。やっと落ちつける。

 そんなことすら我慢できない私に問題がある。会社勤めでそんなことを気にしていたらやってゆけない。それはわかってるいる。私なりに努力はした。こんな時のためにと用意してあるカナル型イヤフォン(これもそのために買ったのだった)を装着し、ハードディスク内のクラシック音楽を聞いて音消しをする。しかしGriegのPeer Gyntを聞いていても、その隙間にオヤジの「カタカタ、カタ! カタ!」という音が忍びこんできて不快に変りはない。隙間のないジャズでも聴けばいいのだがColtraneという気分でもない。無理に耐える必要もあるまいと移動した。



 さて、パソコン打鍵の音なんてのは、ひとそれぞれの癖であり、そんなことが気になるという私はつまらんことに難癖をつけている神経質な男のようだが──まあそれはそのとおりだと認めてもいいけれど──毎度思うのは、打鍵音の異様におおきいひとというのはなんかへんなのである。だってまともに打っていればあんなに大きな音はしないのだ。

 前記「カタカタ、カタ! カタ!」と書いたけど、これはかなり正確な描写になる。そのオヤジは一応ブラインドタッチ風にキイボードに両手を置いていたが、盗み見ると、実質片手2本指、合計4本指打法ぐらいのようだった。そしてなぜか打鍵音の高いひとというのは、みな一様に腕を組んでパソコンを睨みつけていて、突如激しい打鍵音で打ち始めるのである。アクションつきなのだ。情熱的な画家がキャンバスを睨みつけて構想を練り、いきなり、ひらめいた!とばかりに絵の具を叩きつけるがごとくだ。

 不必要に強い力でキイボードを叩き、その打鍵音ですらうるさくてたまらないのだが、最後のあたりは、今で言う「ドヤ顔」で、「どんなもんだ!」とばかりに、「カタ! カタ! カタカタ!」と一際高い打鍵音で結ぶのである。いったいどんな名文が仕上がったのだろう。そして鼻息荒く腕を組んでディスプレイを睨みつけたりしている。打鍵音が高いというのは、それだけ激昂しやすいタイプでもあるのだろう。しかしなあ……。



 踊りのような藝事から木工品の技術者まで、なにごとも習熟し技術が高まれば無駄な動きがなくなる。速いフレーズを弾いているのにそうは見えず「Slow Hand」と称されたクラプトンのギターテクなどもそれに入るだろう。へたくそなギタリストほど指の動きは大きい。
 自慢するほどでもないが私の打鍵もほとんど無音である。キイボードの上を指が滑るように動く。キイには軽く触れるだけでいいのだ。打鍵音が高いとはキイボードから不必要に指を高く離して叩きつけているからだ。つまり無駄な動きが多い。

 この顕著な例は手のちいさな小学生だ。図書館のデスクトップ機を借りて何事かやっている小学生達の打鍵は一様にうるさい。手がまだちいさくてブラインドタッチに適していないから、どうしてもひとつひとつのモーションが大きくなる。やがて慣れて行き、手が大きくなれば彼らは静かになる。だが先程のようなオヤジは、このままずっと傍迷惑な高い打鍵音でやってゆくのだろう。なぜならそれは彼らの流儀だからだ。多分彼らは打鍵音の高さが他人を不快にさせているとは気づいていない。すなわち「高い音をさせて打ってこそパソコン」と思っている。いくら強く打っても無音のキイボードがあったら、きっと彼らは「物足りない」と言うだろう。

 今回も無音の私が使っているのは旧い型のもので、彼の方が新型のノートパソコンだった。彼が私のパソコンを使ったなら満足の行く高い音がするだろう。私が彼のを使ったらそれこそ完全無音になる。

 立ち小便の好きなひとがいる。すぐちかくにトイレがあっても外でしたがる。そういうひとが言うことにゃ、トタン板の上なんかにジョボジョボと大きな音をさせながらするのが最高の快感なのだとか。異様にパソコン打鍵音の高いひとというのはこんなタイプなのだろう。

 さて閉館時間がちかづいてきた。急いでアップしよう。インターネット制限の生活もたいへんである。 

------------------------------

★競馬ファンのSへ。クラシック音楽の名曲「Grieg作曲のPeer Gynt」からペールギュントという馬名はつけられたのですよ。覚えておいてね。というかぜひ聴いて好きになって欲しい。 
関連記事
  1. 2011/07/03(日) 17:49:42|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松本復興相辞任!──「よかったわね」のテレビ東京画面←テレビ北海道 | ホーム | 地デジまでカウントダウン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/514-2be72f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。