ブログの便利さ──旧態ホームページの終焉

00pc5.gif
今さらだけどブログって楽だなと思う。
あまりに楽なので、ここのところずっとホームページ・ビルダーで作っているホームページを更新していない。
と書いて思うが、自分のサイト制作を「ブログから始めたひと」には、こんな言いかたすら通用しないのか。今の時代、そういうかたが大多数だろうし。なにしろ日本とアメリカが戦争したことを知らない「大学生」がいる時代だ。
かなりアナクロな意見になるが、通じるひともほんのすこしはいるだろうと思って書こう。



「ホームページ」という「勘違いによって普及したコトバ」も、今では誰もが正しく認識するようになった。
上記「ホームページを更新していない」のような言いかたは誤り。「サイトを更新していない」が正しい。
ホームページというコトバを使うなら、「私はブラウザのホームページをiGoogleにしている」のようになる。

が、以下正しくは「サイト」と使うべきところも「ホームページ」で進める。旧態の「ホームページ」が絶滅寸前だという話だから、そのほうがわかりやすい。



hb15
10年以上愛用しているホームページ・ビルダーだが、これが「朱鷺」のように、最後の「ホームページ」というコトバの砦になるのではないか。
そのホームページ・ビルダーも、懸命に「ブログとの連携。ブログ作りに便利」をアピールして生き残りを画策している。プロ用のサイト制作ではDreamWeaverに敵わないから、どうしてもそっち方面のアピールしかない。

しかしどうなのか。売り上げの推移は知らないけど(今年から制作販売がIBMからJustsystemに移行した)、ブログは特別なソフトを使わなくても作れるので、ブログ制作のためにホームページ・ビルダーを買う人はいないだろう。いるしたら、私のように旧型ホームページをやっているのがブログを始め、ホームページ・ビルダーの活用を考えた場合だ。

だがこれペケである。ホームページ・ビルダーで作るブログはちっともよくない。それどころか改行等がうまく折りあわず使いづらいことこの上ない。もしかして便利かもと使ってみたが、今では投げている。ブログはブログから書くのがいちばんだ。

「ホームページ作成ソフト売り上げナンバーワン」を謳っているが、市場そのものがちいさくなっている。売り上げは最盛期と比べたら落ちているだろう。そもそもかつては何種類もあった「ホームページ・ビルダーもどき」のソフトがみななくなってしまった。私はソフトオタクだから全部買い揃えたものだった。ホームページ・ビルダーが駆逐した、ともいえるが、旨みがないので撤退した、が正解だろう。



dream
ホームページ・ビルダーは、ブログのなかった時代に、初心者がホームページを作るためのソフトとして売り上げを伸ばした。当時からプロ用はMacroMediaのDreamWeaverだった。いまこれもAdobeに買収された。

プロ用のDreamWeaverは高価だった。操作が難しかった。初心者用ホームページ・ビルダーは廉価に設定された。誰でも扱えた。
私は両方購入したが、DreamWeaverは使いこなせなかった。といってそのことを恥じてもいない。それほど洒落たものを作る必要もなかった。ホームページ・ビルダーは私の身の丈に合ったすばらしいソフトだった。出会えたことを感謝している。この10年、どれほど活用したことだろう。いまも日々の日記はこれで書いている。

私は「ホームページは、DreamWeaverで作ったプロ系と、ホームページ・ビルダーで作った素人系に二分されてゆく」と予想した。
そうじゃなかった。ブログという新種が登場し、素人系ホームページは絶滅の危機に陥るのだった。これは予測できなかった。

ブログはいわば「簡易ホームページ作成機能をもった無料ソフト」だから、これに普及されたらホームページ・ビルダーのような有料ソフトは厳しい。そこには「有料ソフトでしかできないこと」がなければならない。
あるのだろうか。あるのかも知れない。あるだろう。でもそれは誰もに必要な機能なのか。重要なのはこっちだ。
私には必要ない。たとえばFlashで作る動く画像とかなんの興味もない。今の私はVersion Upのたびに多機能になったホームページ・ビルダーの機能の半分も使っていない。
私は毎年ホームページ・ビルダーを購入している熱心なユーザーだが、ある意味最もホームページ・ビルダーを買う必要のないひととも言える。ブログ附属の機能で十分なのだ。その程度のことしかやっていない。



ホームページ・ビルダーで作る旧態の個人ホームページが絶滅の危機にあるように、ホームページ・ビルダーというソフトもまた危機に瀕している。
かつてホームページ・ビルダーでホームページを作っていた友人もみな、いまはブログに移行した。するとホームページ・ビルダーのようなソフトは必要なくなる。いま最新のホームページ・ビルダーはVersion15だが、彼らがかつて愛用していたのはVersion6や7の時代だ。日本中に、使われなくなった旧いホームページ・ビルダーの屍が累々としていることだろう。

ブログ全盛となり、開発し販売してきたIBMが投げだしたそれを拾ったのが、無料IMEの時代に唯一有料IMEとして闘っているATOKのJustsystemだというのは興味深い。それはThinkPadのLenovo身売りとは意味が違う。

もうひとつ興味が湧いた。私のように10年以上愛用しているのではなく、もしも今「わたしは初めてホームページ・ビルダーを買いました」というひとがいたなら(いるよね、それは確実に)、そのひとは何が目的なのだろう。無料ブログで気に入ったデザインを選べば、ブログからの意見発信はすぐに出来るのに、あえて1万円以上のソフトを購入したのは何故なのだろう。訊いてみたいものだ。もしもここを読んでいたらメールください。いないか(笑)。

-------------------------------

というようなことを昨日書いた。すこし補足して今日のアップ。

先ほど【芸スポ萬金譚】に「安倍元総理と浅田真央は似ている」と書いた。
とりあえずアップし、その後、文中に「プロレスラー三沢光晴と日本テレビのひと(名前失念)は似ている」と書いたので、その名前失念のひとの名を探そうと検索を掛けた。

すると、なんと、驚くべきことに、その検索にすでに私のその文章が出てきたのである。
つまり、「三沢光晴 似ている」で検索したら、そのコトバが含まれているつい数分前にアップした私の「安倍元総理と浅田真央は似ている」がヒットしたのである。茫然とした。なんという速さだろう。



一方私がfc2で書いているホームページの方は、我ながらなかなかいいことを書いたなと思うこともあるのだが、どんなネタも検索にはヒットしない。この10年、ただの一度も見たことがない。いや正確には、ヒットはするのだと思う。ロボット検索を拒んではいないから。でもきっと該当記事が2万件あるとしたらケツの方に位置するのだ。誰もそんなところまで探してはくれない。

対してこの【木屑鈔】など、引っ込み思案の私には恥ずかしいぐらい上位でヒットする。それはライブドアブログの力なのだろう。あるいはGoogleの設定順ということなのか。
【木屑鈔】の検索ヒット率10は私には出来過ぎなので7ぐらいに減らしてもらって、代わりに0のホームページを、せめて3ぐらいにしてもらえないか、と思う。いくら目立つのが嫌いでも、検索完全無視のホームページはかなしすぎる。



私はホームページを自分史として書いている。日記であり、自分がこの世にいなくなったあと息子に読んでもらいたいとの願いで書き綴っている。だから頻繁にDVDにも焼いているし、自分と息子のためのものだから世間に認知されることには興味がない。

それでも、「こういうコトバ使いはおかしい」と書いたら、やはり同感覚のひとに読んでもらい同意を得たいという気持ちはある。
ブログにはそれがある。Vividにある。即座にある。旧態のホームページにはない。まったくない。
いきおい、いくら自分史として書いているのだ、誰も読んでくれなくていいのだ、と思っていても、ブログに書きたくなってくる。だってすぐに反応があるのだから。その魅力には抗しがたい。

書くのに楽で反応がある。検索にもヒットする。世間がブログ一色になるはずだ。遅ればせながらあらためていま、それを感じている。
それでもなんとか「朱鷺」になって、最後の「旧態ホームページ」を守りたい気持ちはあるのだが。
関連記事
  1. 2011/06/22(水) 04:12:21|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<携帯用文章──短いセンテンス──不要な心配? | ホーム | 小林よしのりのAKB讃歌──裸の王様は誰?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/506-85a735fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する