スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひさびさに風邪.3──入浴誘惑

 承前。指がかじかんでしまって深夜の勉強ができない。ペンを持って文字を書くどころか、それよりもずっと楽なキイボードを打つPC作業すらつらい。珈琲を注いだマグカップを両手で握りしめて暖を取るうち、こりゃもうだめだと諦めた。机を離れ、ガスファンヒーターを点けて、吹き出し口に、焚き火にあたるように手を当てる。






現在のBGMはGreg Osby



 そういや焚き火って大好きだった。田舎にいるとき──高校生までの話ではなく、親の面倒をみるために帰郷同居していた三十代後半から四十代半ばのころ──家の隣の畑でよく焚き火をした。あれは楽しかったなあ。火を見つめていると不思議な気分になる。火を神聖視する感覚がわかった。田舎暮らしで思い出す郷愁のひとつだ。土地を持っているものだけができる贅沢である。日本じゃもう私には無理だけど云南にゆけばまだその自由はある。



 かじかんだ手が温まると、いかんいかんこんなことをしていてはいかんと気づき、ガスファンヒーターを切る。今年は使わないと決めたのだった。そのことにさしたる意味はないが、せっかくここまで守ってきたのだ。ここで変節はしたくない。もうすこしで春だ。そう思って炬燵にもぐり込む。弱で十分だったのに降雪以後は強が必要になった。全体暖房をしていないからこそ気温の変化を肌で感じとれる。寒いと思った日は確実にニュースがそう伝える。

 炬燵にもぐり、ここのところ読み返している沢木耕太郎の初期作品を手にしたり、PS2で詰将棋を解いたり、ラップトップで落語を聞いたりしているうちに躰が温まり、いい気持ちになってくる。眠るならベッドにゆかねばと思いつつ、そのままうとうとしてしまった。途中、汗を掻いて目覚め、スイッチを弱にする。このときに起きて、汗を拭いてベッドに行けばまだ難を逃れていた。だけどあまりに長いあいだ風邪と無縁だったので増長していた。ヤバいと思いつつ、そのまままた寝てしまった。そうして明け方「クション!」である。ゾクゾクっとした。しまったと思ったがもう遅い。何年ぶりか分からないほどひさしぶりの風邪とそうして邂逅した。



 くしゃみが連発する。鼻水が出る。昨日は一日中鼻をかみ、ヒリヒリして痛くなる状況を何年ぶりかで味わった。鼻は腫れていまも痛い。ティッシュでは切りがないのでタオルにかむことにした。

 それでもこんなのは昨年の身動きできなかった腰痛から比べたら病気のうちに入らない。これぐらいたまにの遭遇なら風邪も悪くはないな、とすら思う。餘裕だ。咳が連発するが、咽が痒い感じの軽い咳。本当に病んだときの痰が絡み、さらに悪化して血まで混じるような激痛の咳とは程遠い。

 加湿器をセットした。今年はまだ使っていなかった。湿度35%。だいぶ乾いている。しばらく稼動していたら45%になった。鼻が楽になるのがわかる。



 つらいのは風呂に入れないことだ。買い置きしてある六一○ハップを入れた硫黄風呂をたて、前記沢木耕太郎の初期作品や高島先生の「水滸伝の世界」等を読みつつの長風呂が、ここのところ唯一の楽しみだった。



 六一○ハップ、製造中止──硫化水素自殺の餘波

(民主党の女議員が仕掛けたこの六一○ハップ製造中止事件はほんとうに不快な出来事でした。もし未読でしたらぜひ読んでください。2008年11月の出来事です。)



 なんども「ええい、入っちまおうか」と思った。風呂の中の読書、湯上がりの快適さを想像してうっとりする。しかしこんなことを書いていられるのはまだふつうに動けるほど症状が軽いからだ。風邪がひどくなるとどうなるかは知っている。風邪の怖さはそこにある。ピンキリなのだ。咳だって痰が絡むようになったらもう……。そういえば声が出なくなったことがあった。それを思いうかべるとさすがに入れない。昨年の寝た切りの恐怖が甦る。

 きょう鏡を見て落ちこんだ。私はなぜか髪はまだ黒いのにひげが先に白くなってしまった。たまには伸ばしたいと思うのだが出来ない。数日風呂に入れずひげも剃っていなかったので、そこには鼻の下やあごに白い無精髭を生やした窶れたジジーがいた。すこし頬が痩(こ)けているのは食が細っているからか。ほんとになあ、この無精髭があるとないとでは見た目十歳ぐらいちがう。ああ、風呂に入りたい。熱めの風呂に入り、身体中をごしごし洗い、髪を洗い、無精髭を剃ってサッパリしたら、どんなに気持ちいいことだろう。

 このあとこのブログが途絶えたら、我慢できず風呂に入り風邪が悪化して寝こんだと思ってください。と書いたら、立て続けにくしゃみが出た。鼻水が垂れてきた。絶対にそんなことをしてはダメだと躰が言っている。いくらなんでも、これじゃ入れない。
関連記事
  1. 2010/02/09(火) 02:20:09|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<神戸のロックカフェ.1──Sさんのブログから | ホーム | 音楽ファイル──ミュージシャン名のまちがい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/391-49afaf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。