昨今政治局面漫談

 このごろ政局のことを書いていない。もっと書いて欲しいとメールをもらった。私ごときの書くそれを楽しみに待っていてくださるのはありがたい。だけど何を書くのだ。民主党批判はたやすいが、批判した先に何がある。なにもない。いま政治について元気に発言できるのは、いつでもどこでも永遠に正しい(と思い込んでいる)共産党支持者ぐらいだろう。


 民主党があの程度なのはわかっていた。しかし自民党のバカぶりは想像を超えていた。


 なんとも笑ってしまうのは質疑における「上から目線」である。未だに与党時代の感覚を引きずっていて、「キミたち新人に、教えてやろう」「まだまだだな」的な高見からの餘裕発言をしている。まことにまことにみっともない。それでいて「日本がこうなったのはあんたらの責任だろう」と逆襲されると逆ギレする。この逆襲も、成績のわるいこどもが親に叱られたら、「親譲りだ」と反撃するようなものでかっこわるいが、逆ギレはもっとみっともない。だってそれは絶対的事実だから。信じがたいことだが自民党にその自覚はないらしい。





「乞食の昔語り」という言葉がある。落ちぶれた乞食がむかし自分がいかに裕福だったかを自慢することだ。どんなにむかしを自慢しても今が乞食である現実からは逃げられない。それをわらった表現である。



 と、ここでちと脱線。ここのところ昨年12月に発表になった新IME、Google-IMEを使っている。二十年以上磨き上げてきたATOKがあるので今更あらたなIMEなどいらないのだが、こんなものをいじるのがソフトオタクの楽しみだ。そのことはホームページで詳しく書くとして。


 下の画像にリンクしました。興味あるかたはぜひDownloadして使ってみてください。





 このIMEの魅力はGoogleで検索されたことばから辞書を作っているので流行語に強いことにある。くだらん若者ことば等が一発で出る。しかし本来の文学的?表現には弱い。その辺は辞書登録しつつ気長に育てねばならない。今も上記「わらった」を私は「嗤った」にしたかったのだが出ない。2ちゃんねる用語の「(藁)」は出る。まことにくだらん。一人前に育てるまでまだまだ時間が掛かりそうだ。でもMS-IMEよりは遥かに優れている。無料。ATOKは8000円。ATOKあやうし!





 谷垣やらカトウコウイチやらが質問に立ち、まるで先生が生徒を叱咤するような態度をとっている。それに目が泳いでしまう総理もなさけないが(笑)、自分の立場を自覚していない元与党はもっとなさけない。僅差で敗れて次があるならまだしも、ほとんど再生は絶望的な状況なのに、乞食はまだ自分の立場が認識できずふんぞりかえっている。


 目が泳いでいる総理も、返答に窮している新米大臣も、時と共に一人前になって行く。だが今現在乞食なのにそれを自覚できず、むかしの裕福気分で餘裕発言している乞食は、もう野垂れ死ぬだけなのだ。バカである。しみじみバカだと思う。





 予想通り小沢は不起訴で決着がつきそうだ。そんなの読めていた。


 小沢の金権体質などいまさらだしどうでもいい。政治家はやるべきことをやってくれれば清濁併せ呑むのはむしろ度量になる。だから小沢の金に汚い部分を責める気はない。だが天皇陛下を政治利用したことは許せない。近ごろあれほど不快な出来事はなかった。こいつの媚中感覚はどうなっているのだ。日本と、現実に日本に向けてミサイルを配備している国と、有事の場合そのミサイルを撃ちおとしてくれるという約束(実現するかどうかは別にして)をしている国とで「正三角形」を作れるはずがない。正気とは思えない発想だ。


 票を取るためなら輿石なんて日教組でも重用する感覚。それは「清濁併せ呑む」とはちがう。思想のない変節漢だ。まさか輿石が政権与党の顔として「小沢幹事長を護る!」なんて発言する時代が来るとは思わなかった。悪夢である。日本中の日教組を一ヵ所に集め、そこに爆弾を落とすと日本もずいぶんとましになる。


 ともあれ自民党という腐った水が澱んだままよりは、どんな形であれ一度流れたのはよかったのだろう。自民党にとっても民主党にとっても。


 これからの再編成に希望を託す。しかない。





 長崎知事選に予定通り大仁田が出馬。橋本も東国原も支持したけど、こんなのはしない。彼らとは違う。単に権勢慾名誉慾が強いだけの無能。最低のヤツ。長崎県民の良識を信じたいが、長崎県民の政治センスというのも???なので、どうでもいいか。






 リクエストをくださったかた、この程度の漫談で御容赦を。
関連記事
  1. 2010/02/04(木) 02:46:18|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐藤康光、A級から陥落──一期で復帰しろ! | ホーム | グラミー賞──マイケル{This is It}>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/376-2097b187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する