うれしいメール──ホームページをやっていてよかったと思う瞬間

00-seikatsu


 ホームページ読者用のgooにタカハシさんというひとからメールが届いていた。名前に覚えがない。誰だろうと思う。攻撃的なメールだったらいやなのですこし緊張する。ここのところ見知らぬブログ読者が増えていて、好意のメールもいただくが、サヨクからの攻撃も多い。平気だけど(笑)。
 つけ焼刃じゃなく、長髪のサヨクっぽい、アサヒシンブンを読んでいたのが、牛歩のごとくだが、一歩一歩歩んでたどりついた境地だ。生半可には動じない。


 誰だろうと思ったら、競馬場のパドックで何度もご一緒したあの「タカハシさん」だった。まあ今の私には、タカハシさんで浮かぶのは、彼ひとりしかいない。
 報道陣用パドックで何度も馬体のことを話したものだった。残念ながらふたりとも診立てはいいのだが馬券に結びつかない。去年のダービーだって、「ウォッカとアサクサキングスをふたりで褒め称えつつ買っていない」のだ。



 ところで、この報道陣用パドックは一般席の前にある。早くから来て最前列を取ったと思っていた人には、メインレースになるとどかどかとカメラマンやライターがやってきて自分たちの前に並び、パドックが見えなくなってしまうから、とても不快なものであろう。「なんなんだ、こいつらは!」という怒りの声も何度も聞いている。ごもっともである。


 私は競馬ライターになるまえに「ただの競馬ファン」の時期が十年以上あった。それが私の原点でありいちばんの誇りだ。まあハッキリ言っちまえば、学生からすぐに競馬のプロになってしまっては競馬が見えない。予想や血統評論のプロにはなれても、競馬全体を語る視点は持ち得ない。

 自分が特権とは無縁だったから、こういう怒りの声はよくわかる。報道陣用パドックで、背中から聞こえてくるそういう声を聞くのはつらい。でもかつて自分がそうであったからこそ言える。「ちがうところに行け!」と。

 その場所は前に鉄柵があり、誰か関係者が来るらしいと最初からわかっている。賢いファンはそんなことは知っているからそこに席取りはしない。報道陣用パドックなんて、ほんのすこしなのだ。いくらでも他にいい席はある。普通のファンが正しく席を取っていたところを、何らかの権力でどけどけとやられたら怒って当然だが、最初から区切られているところにひとが来たからと怒るのは筋違いである。一般ファンの私だったら、一度は失敗しても二度目はしない。現にただのファンのころ、私はオッズ板下を定点にしていて、そんなところには近寄っていない。

 でも毎回そこにいて、毎週のように怒っているおじいさんもいるから、それが楽しみなのかもしれない。人それぞれだ。怒ることを楽しみにしているのなら、こんなのはよけいな意見になる。



 
 タカハシさんと会って話したのは、最近のものが「ダービーのパドックでのウォッカ讚歌」だから、もう一年近く前になる。その辺のことは競馬ファイルに書いた。馬の見方が自分と似ているので近しい感じをもったことを覚えている。


 しかし私は東京競馬場のパドックでタカハシさんと会い、共通の友人に紹介され、互いの名前を名乗っただけで、名刺交換もしていない。パドックで会うだけの人だった。

 一二度、競馬場帰りの酒席で一緒になったことがあり、そのときタカハシさんが「林家たい平」を褒めたことが印象的だった。そういう飲み会に出席している人に落語好きはいなかったし、假にいたとしても、「たい平=『笑点』」という発想しかできなかったろう。いや競馬ファンは日曜は競馬場に行くので『笑点』は観ていない。私のように録画までしているのはまれだ。
 そこでタカハシさんがたい平の能力を高く評価していたので、彼の音曲の巧さに目をつけていた私は、競馬ファンでは得難い人に会ったと思ったものだった。そのことは「落語」の項に書いた。



 そういうタカハシさんがいきなりメールをくれた。きっかけは先日私が「レープロ」に書いた文章を読んでのことらしい。そこから私の名でネット検索し、ホームページを見つけ、そこにあったgooのメールアドレスにくれたのだ。
 と、ここまですべて競馬関係だから、これらは「競馬ファイル」に書けばいい。それようの【競馬抄録玉】まで用意してある。


 なのにここに書くのは、タカハシさんの交遊が競馬では収まりきらないほど広いと知ったからである。



 メールは二通あった。一通は、その「レープロ」を読んだということ。またそのうち飲みましょう、だ。
 それからホームページを適当に読んでくれたらしい。すると共通の趣味の落語がある。そこからまた話が拡がっていった。それでもう一通書いてくれた。


 まず、タカハシさんはたい平とは遊び仲間であるとのこと。ただの落語ファンの視点ではなかったのだ。これはテレビディレクタ(私はプロデューサと書いたが、ご本人が「使いっ走りのディレクタですから」と謙遜しているのでしたがうことにする)なら十分にありうることだ。落語に理解のあるかただとあらためて確認した。このことで「競馬」だけではなく、「落語」の項目にも書かねばならない、となる。


 さらには「高島俊男先生と交遊のあるかた」とわかったのである。今度は《『お言葉ですが…』論考》にも書かねばならない。これにはおどろいた。なにしろ先生が夏を過ごすあの「長野の別荘」にも行っていて、先生の文中にも登場しているという。「今度上京するときに待ち合わせて飲みにでも行きますか」と言われると、私はまちがいなく先生に叱られるうすらばかなのでびびってしまう。
 タカハシさんの方も、パドックで一緒に馬を観ていた競馬ライターが、自分と同じ落語好きであり、高島先生をあれほど敬愛していると知って驚いたようだった。二通目のメールはあれこれに触れた長文である。


 これらの拡がりのすべては、「レープロを読んだタカハシさんが、私の名前をネット検索してホームページを探し出し、そこをあれこれ読んで、競馬以外の、落語や高島先生のことを見つけてくれたから」である。私は何もしていない。ひたすら、そこまでやってくれたタカハシさんと、「レープロ」に書かせてくれたYさんに感謝するのみである。

「ホームページをやっていてよかった」と、心から思う瞬間である。
たとえばこれがブログのみであり、この木屑鈔(ぼくせつしょう)で何度か高島先生の名を書いていたとしても、タカハシさんもそこまでは気づいてくれなかったろう。あくまでもこれはホームページという場で、《『お言葉ですが…』論考》という項目を立ち上げていたことの恩恵である。

 もちろん《『お言葉ですが…』論考》という専門のブログをやっていれば気づいてもらえる。しかしそこまで徹底することは出来ない。これは日記的なブログと違い、項目別に分けて作れるホームページの差になる。最近すっかり低調で、ブログにお株を奪われてしまったホームページだが、かくいう私も最近ブログばかり書いているけれど、こういうことがあるとその価値を見直す。



 皐月賞で中山開催が終る。それから東京の「ダービー、オークス開催」だ。それが終るともう一年の半分が過ぎてしまう。早いなあ。
 山ごもり蟄居生活なので今年の中山は全休してしまった。こんなの何十年ぶりだろう。ソンクラン目的に二月から四月までチェンマイに行くときでも、必ずそのまえの正月開催に行っていた。資金を稼ごうと。結果、減らしていたが(笑)。

 東京は行く。タカハシさんと、たい平や高島先生を肴に飲み明かそう。
 まずはそのための軍資金に皐月賞を当てないと。

関連記事
  1. 2008/04/16(水) 11:46:40|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<嶽本野ばら「タイマ」を読む──これはこれで新境地開拓 | ホーム | ひさびさにCDを聞く──これはこれで新鮮だけれど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/247-b544e04d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する