TBSのめちゃくちゃ番組──会津若松市激怒──ロンドンブーツ田村淳の「長州」感覚

00-mas
TBS番組に会津若松激怒、鶴ヶ城開城「不衛生だから」?
 


 福島県会津若松市は28日、東京放送(TBS)系のクイズ番組で戊辰(ぼしん)戦争時の若松城(鶴ヶ城)のイメージを損なう放送があったとして、TBSと番組制作会社に24日付で抗議文を郵送したことを明らかにした。
 
 抗議文によると、番組は2月16日に放送された「歴史王グランプリ2008まさか!の日本史雑学クイズ100連発!」。若松城について「旧幕府軍が城を明け渡したとんでもない理由とは」との出題に対し、「糞尿(ふんにょう)が城にたまり、その不衛生さから」が正解とされ、理由のすべてのように放送されたとしている。


 菅家(かんけ)一郎市長は記者会見で、〈1〉他藩からの応援の望みが絶たれた〈2〉1か月に及ぶろう城による傷病兵の増加や物資の枯渇――など様々な要因が重なった結果と説明。「視聴者や市民らに著しい誤解や不快感を与えた」とし、市民への謝罪と訂正を求めている。


 TBS広報部の話「抗議文が届いたかどうかを含め、内容を確認している」


(2008年3月28日13時44分  読売新聞)
 

------------------------------
 
 これは読売新聞の記事。私はこれより先に『夕刊フジ』で読んだ。ここに書こうと引用記事を探していて、読売も書いていることを知った。
 夕刊紙だけのトピックかと思っていたので、最大発行部数の新聞も取り上げていると知ったのは心強い。発行の時間から、読売の記事をフジがフォローしたようだ。
 
 読売は中立を保っているが『夕刊フジ』はもっと手厳しい。ぜひともこちらの全文を読んで欲しい。


「クイズ番組で歴史捏造? 関係者激怒」


http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_03/g2008032906_all.html



 読売は「糞尿(ふんにょう)が城にたまり、その不衛生さから」と一般紙しらく穏和に(?)書いている。これだと単なる歴史解釈の相違のようだ。中にはなにも抗議するほどのことでもないと解釈するひともいるだろう。そうではない。現実の放送は、城の中のそこいら中が糞だらけになり、こりゃたまらんと全員が逃げ出したと、会津武士を嗤うひどい内容であり、タレントも会場も嗤っていたのだ。私はリアルタイムで視聴していたから、そう断言できる。
 

 
 『夕刊フジ』からの一部引用。
 


 この騒動、専門家はどう見るか。
 幕末の会津藩に関する多数の著書があり、会津史学会の会員でもある直木賞作家の中村彰彦氏=写真=は「そんな放送をされたら、多くの人が亡くなったあの戦争が、糞尿譚や尾籠な笑い話になってしまう。死者を冒涜する曲解ですよ」と断言する。


 中村氏は、5000人が籠城した戊辰戦争経験者の回想録の一部に「籠城中、持ち場から離れられず、厠に行けなくて野糞をする人もいた。それを踏んで転んだりと、始末に苦労したといった記述はある」と解説。


 その上で「約10万坪の敷地がある若松城は、深いお堀に囲まれ、糞尿だって始末はできた。それだけで降伏をしたなんて、あり得ない話で、あまりにも史実の曲げすぎです」と指摘する。


 放送前に市側が、制作会社に糞尿話の引用先をたずねると『戊辰戦争速記録』という歴史書の名を挙げたというが「そんな本は聞いたこともなく、そんな史料をあげること自体が、おかしい」と中村氏は失笑する。
 

 
 私は2月に放送されたこの番組を見ていた。このくだりもよく覚えている。正解を知ると出演者のタレントや会場も苦笑していた。ロンブーの淳はおおはしゃぎ。

「よくもまあこんなバカなことをしたり顔で放送するもんだ」と呆れた。
 糞尿の処理に困って籠城していた武士がみな逃げ出したというのだ。今時の軟弱な感覚で歴史を知ったかぶりするとこういう噴飯ものの勘違いが生まれる。命を懸けて戦っている武士がたかが糞小便ごときでそんなことをするものか。


 そもそも現在でこそ水で流されてしまう無価値な人糞だが、当時は金銭で売買もされていた貴重な肥料である。都市部の糞尿の売買権利は大きなものだった。利権争いも起きている。
 自分の身から出た糞尿は、発酵させ、食物栽培の肥料として使用する価値のあるものだった。私の知る限りでも、昭和30年代の農村ではふつうに行われていたことだ。糞尿は忌み嫌うだけの役立たずではなかった。
 石坂洋次郎の小説を読むと当時の感覚がよくわかる。

 とんでも本「少年H」のばかばかしさと同じく、現在から過去を捏造するとこんな滑稽なことが起きる。水洗トイレ感覚で当時を論じてはならない。




 上記、中村氏が紹介している「持ち場を離れられず、近くに野糞をした。それにすべって転んだ」という引用も、尾籠な滑稽話ではない。いかに真摯に戦っていたかの証明だ。今風に、糞にすべって転んだ、服にうんちがついた、たいへんだたいへんだ、臭くていられない、という感覚で語るものではない。

 たとえ首まで糞に埋まろうと会津戦士は最後まで戦い続けたろう。そして言うまでもなく、深い堀に囲まれている10万坪の若松城が、糞尿の処理に困ることなどあり得ないのである。最大の問題は籠城による饑餓だったろう。
 それこそ「垂れ流し」のくだらないテレビ番組とはいえ、世の中にはそれを信じるひとがいる。会津の人たちは先祖の誇りにかけて笑ってすませるわけには行かない。



 
 もうひとつ大事な点を『夕刊フジ』から引用。
 
 じつは、抗議は今回が初めてではなかった。
 放送前、番組の制作会社から会津若松市の観光公社に「戊辰戦争の際、城内にはどのくらいの数のトイレがあったのか」と問い合わせがあり、質問の理由を聞いた担当者らが「それは史実と違う」と放送中止を申し入れていたのだ。
 だが「収録も終わり編集できない、と言われた」(
同市観光課)と地元のアピールを無視した形の放送となった。



 下線部分にTBSの体質がよく現れている。放送前に抗議はされていたのだ。真実を確認することや相手の名誉よりも、自分たちの都合を最優先している。こんな連中に報道の資格はない。
 いったいどこまで不祥事を重ねるつもりなのか。
 



 


 ささいなことだが──いや意外に重要な要素か──この番組の司会をし、戦国武将、歴史が大好きだと大言壮語するロンドンブーツの田村淳が山口県(=長州)出身だというのも関係があろう。


 田村は戦国武将に詳しいことを自慢し、そのことがきっかけとなってNHK大河ドラマに武将役で出演もしている。私は大河ドラマは見ないが、彼が自分の武将好きを連綿と語るNHKの番組は偶然見ている。
 この番組でも、自分を「歴史王子」と名乗り、出題や正解発表の際にも、通であることを大いにアピールしていた。この番組の企画発案にも関わっているのかもしれない。


 長州と会津は不仲である。当時の経緯をいまも引きずっている。
 山口育ちで歴史好きという田村は、子供のころから、むかし敵対した会津の「だらしない連中の実態」として、この種のくだらない風聞を聞いて育ったのではないか。
 


 朝鮮の高校生が日本に修学旅行に来ると、ガイドは神社で、「神様を拝むときは頭の上に靴を載せるのだと冗談で教えたら、無知な日本人は本気にして頭の上に靴を載せて拝んだ。それが烏帽子の形になった」と説明する。朝鮮の高校生が優越感でどっと笑う。あわれだ。まあこういうねじくれた関係が生じる歴史的不幸はあるが。


 それと同じように、長州育ちの田村は、こどものころから「腰抜けの会津のサムライは、くそしょうべんだらけになって逃げ出した」と覚えて育ったのではないか。
 この問題のときも、司会の田村は正解のそれを知っていたと得意気だった。
 


 ※
 


 敗者はかなしい。原爆や空襲で無差別殺戮をされても文句も言えない。それどころか中には、そういうことをされるようなことをしたこっちがわるいと言い出す輩までいる。
 それと同じ流れがここにもある。これは「勝てば官軍」の発想だ。


 それにしてもTBSってのは……。


 


============================================
 


【附記】──TBSが謝罪
 


鶴ヶ城クイズへの抗議にTBS謝罪「市民心情に配慮欠く」

 福島県会津若松市がTBS系のクイズ番組を巡って抗議文を送った問題で、TBS側は31日、謝罪文を提出した。


 番組では、旧幕府軍が若松城(鶴ヶ城)を明け渡した理由について、「糞尿(ふんにょう)が城にたまり、その不衛生さから」を正解とした。市は「それがすべてのように放送され、イメージを損なわれた」と抗議していた。


 謝罪文では、要因は複数あると認識していたが、バラエティー番組という側面もあったとしたうえ、「主な理由として扱い、市民の心情に配慮を欠き、深くおわびする」とした。訂正放送は「(クイズ番組は)単発なので困難」とした。


 菅家一郎市長は「この回答では市民の憤りは収まらない。きちっとした歴史認識をもってもらいたい」と話している。


(2008年3月31日21時41分  読売新聞)


 

関連記事
  1. 2008/03/30(日) 05:57:56|
  2. マスコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「報道2001──竹村健一卒業スペシャル」──黒岩卒業希望 | ホーム | タイでブルートレイン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/215-7d7747cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する