スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

橋下知事NHK問題──その後

00-mas

大阪府の橋下徹知事は9日、8日に生出演したNHKの番組で司会の女性アナウンサーから「遅刻」と指摘されたことを挙げ、「当初から間に合わないと伝えていた」「(上京の公務を)切り上げてでも番組に出ろと強硬に言ってきた」とNHKへの不信感を口にした。
 報道陣に答えたもので、今後も取材には応じるが、「(NHKの)スタジオには一切行かない」と宣言した。


 番組は8日午後7時半から関西で放送された「かんさい特集」。橋下知事は同日、東京で政党などへのあいさつ回りを終えて帰阪し、同8時ごろにスタジオ入り。司会から「30分の遅刻で到着されました」と紹介され、「遅刻は僕の責任じゃない。(公務で冒頭から)来れませんと再三、言っていた」と反論していた。


 9日の予算協議を終えた橋下知事は、NHK側から番組前後にあいさつやねぎらいの言葉がなかったとして「黙っていても金が入ってくる組織はこんなもの。民間企業はあんな態度をとらない」と語った。
 NHK大阪放送局広報部は「司会の発言は場を和ませようとしたもの。終了後、複数の幹部からねぎらいの言葉はかけさせていただいている」としている。(Yomiuri ニュースより)
 


---------------
 


「今後一切スタジオには行きません」


橋下徹大阪府知事(38)は、8日に生出演したNHK番組での“ブチ切れ発言”について9日、大阪府庁で会見し「今後一切、NHKのスタジオには行きません」と強い口調で同局との“絶縁”を宣言した。
番組出演前から、強引な出演要請にイライラしていたことも明かした。しかし府知事当選時から不信感はあったようで、怒りは当分収まりそうにない。


当選時「バンザイ」中継時間も無理強い


橋下知事は最初こそ「こんなこと、ここで言っていいのかな」と遠慮がちにつぶやいたが、数秒悩んだ後は、せきを切ったように持ち前の毒舌がサク裂。NHKをメッタ斬りだ。
事の発端は8日。橋下知事は、東京で石原都知事と会談するなど、精力的に動き回った後で帰阪。NHK「かんさい特集」(関西ローカル、後7・30~8・45)の生放送に約30分遅れで出演し、平松邦夫大阪市長(59)らと対談した。
“遅刻”した形となった橋下知事だがNHKには前もって「公務優先なので、放送開始には遅れる」と知らせていた。

しかしNHK側は同日、スタッフを東京に派遣。公務を切り上げて出演するように「強硬に」要請した。それを断ると「では東京のスタジオで」とわが物顔で提案。これも断ると「同じ新幹線に乗り込んで新大阪までついてきた」という。
その後、急いでスタジオ入りした知事に藤井彩子アナ(38)が「30分遅刻」と発言。これで「完全に頭にきた」という。(スポニチより)
 


---------------
 


いやはや呆れたものである。「遅刻」することが前もってわかっていたことは、スタジオに橋下だけ人型が用意されていたことからも分かる。
NHKが惧れていたのは橋下が番組に間に合わないことだった。スタッフを橋下の周囲に派遣し、なんとか間に合わせようとしていた。そのとき彼らが思っていたのは、「なぜこんな苦労をせねばならないのだ」であり、「NHK出演を最優先しない橋下が悪い」だったろう。


私は前項で「テレビ人の驕り」に触れた。
「遅刻」ということばは、「なによりもNHK出演を優先すべき。なのになぜ遅れてくるのだ」という心境から出たのであろうと。それは私の意見であり推測である。


だが今回あきらかになったように現実はもっとひどかった。「公務を切り上げてまで出席しろ」と要請していたのである。その前、開票日には、NHKの放送時間に合わせて当選確実の万歳をしろとも強要されていた。


これであの女アナの「遅刻」が、自分たちの番組への出演よりも他のことを優先した橋下への「ペナルティ」として発言されたことがわかる。「権力者」からのお仕置きなのだ。いくら橋下に指摘されても謝るはずなどない。上から下へのお仕置きなのだから。
 


---------------
 


「司会の発言は場を和ませようとしたもの」は笑える。これもむかしのように「証拠」がないと通じてしまうが、今は映像がネットにアップされ、多くのひとが目撃している。「和ませようとして」の発言かどうかは見た人間が判断することだ。しかしまあよくも言うものだ。あれが「和ませるため」なのか(笑)。


「複数の幹部からねぎらいの言葉はかけさせていただいている」も嘘。組織はこういう嘘を平然とつく。これは私も経験済みである。これが真実なら、民放各局と比較してその種の言葉がひとつもなかったと言い切った橋下はとんでもない嘘つきになってしまう。この件に関しても橋下は闘うべきである。


 自分たちの番組を最優先せず遅れてスタジオ入りする橋下にNHK職員はやきもきしていた。場を仕切る司会者は不快だった。だから「遅刻」という表現があった。職員はみな遅れてきた橋下に不満だったうえに、番組中にNHKのイサンイダー取引にまで触れられている。関係者から「ねぎらいの言葉」などあるはずもない。どちらが真実を語っているかは明白だ。


 私は「橋下知事NHK口撃事件」を別項にあるようにまとめた。その後この種のニュースが続いたが、もう書く気はなかった。あれで充分だと思っていたのである。
 だが今日月曜になって看過できない出来事が起きている。むしろ問題点はそこにある。(続く)

関連記事
  1. 2008/02/11(月) 13:43:47|
  2. マスコミ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<橋下知事NHK問題──偏向報道のおそろしさ | ホーム | ランボー/最後の戦場 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/146-5481ebfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。