スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

酒話──ワインには熟睡効果?──日本酒の敵はワイン

 睡眠には体力がいる。若者がよく言う「15時間ぶっつづけで眠った」なんてのは、若くて体力があるから出来ること。そのころはそうなのだとは知らなかった。
 齢を取ると睡眠が浅く短くなる。長く深く眠る体力がなくなってくるのだ。とは智識では知っていたが他人事だった。ふと気づけば見事にそうなっていた。



 海外旅行のために親に猫を預かってもらい、田舎で同居していた頃、70代の父が深夜と明け方に二度トイレに起き出すのを、二階で徹夜仕事をしつつ、その気配を感じて気の毒に思っていた。せっかくいい気分で寝ているのに尿意で一晩に二度も起き出すのはつらいだろう。冬場なんて暖かい布団から抜けださねばならない。
 なのにまさか父より十年以上も早くそうなるとは思わなかった。もっとも寝る前にあれだけ大量にビールやホッピーを飲めばトイレにも行くだろうけど。いやいや若い頃はそれをしても起きることはなかったのだ。

 そしてまた思うのは、そういう不自由は慣れてしまえばたいしたことはない、ということだ。三十年ほど前、捻挫して初めて一ヶ月ほどびっこを経験したとき、初めて味わう我が身の不自由さと障碍者にやさしくない街の作りに腹立った──交叉点を渡りきらない内に信号が点滅を始めるのはひどいと思った──のだが、生まれてからずっとそういうひとは、意外に達観していて腹立たないのかも知れない、とも思うようになった。病気や障碍とうまくつきあっているのだ。

 私が風邪を引くのは五年、七年に一度ぐらいだから、そのときはそれはそれはもう大騒ぎだ。死ぬかも知れないと思う。でも世の中には年に十回ぐらい風邪を引く、というかほぼ年がら年中風邪気味のひとがいる。たとえば知りあいのKさんだ。あのひとのブログで「風邪を引いて咽が痛い。熱が出た。咳が出る。痰が出る。今日はもう早めに寝る」とか「風邪もなんとか峠を越して、今朝は咽の痛みは治まっている。しかしまた熱が」とかは毎月定番のようなものだ。そういうことのない私からすると「このひとは生きていて楽しいのだろうか」とすら思う。競馬好きのKさんはJRA全国の競馬場のすべての救護室の世話になっていて、どの競馬場の救護室がどこにあるかすべて頭に入っているとか。ああいうひとにとって病気はともだちみたいなものなのだろう。そしてまた腺病質のひとのほうがけっこう長生きしたりして、病気知らずがポックリ逝ったりするのがひとの世の常だ。

 毎晩小用で睡眠を邪魔されるのは愉快なことではない。今までそういう故障を知らない。尊敬している高島俊男先生の生活でどうにも実感出来ないのに「診察券の数なら負けまへんで」というのがある。先生、目から耳からお腹、痔まで、そこいら中を病んでいてトランプが出来るぐらい診察券をもっているらしい。私は歯医者以外の医者を知らない。だからたかがそんなことでも大騒ぎなのだが、それでも、これが老いということなのだろうとすなおに受けいれられるようになった。しかし「毎晩小用で起き出さねばならない」を受けいれることと「睡眠が浅くて不愉快」は別問題である。



 夜中に起き出す父を案じた田舎生活の頃は深夜型。毎晩徹夜で夜が明けてから寝ていた。そういやあのころはインターネットがまだ遅くて、それでいて値段は高くて苦労した時期だ。深夜型だったのは「23時から朝の5時まで定額でインターネット使い放題」だったことも関係あろう。それ以外は遅いくせに分単位の課金だったのだ。毎度一例として引くが15MBのiTunesをDownloadするのに一晩かかった。

 近年は相変わらず午後9時就寝午前3時起床の生活である。ほろ酔い機嫌ですんなり午後9時に眠くなるところまではいいが、決まって午前1時頃に目覚める。つまり今の私の体力では一気の熟睡時間は4時間が限度らしい。ここでまた1時から3時までの2時間をもう一度ぐっすり眠れるならなんも不満はない。それが出来ない。かといってここで起き出し、睡眠時間4時間でがんばる体力もない。それをすると午後に疲れが出る。やはり6時間は欲しい。この1時に目覚めてしまったときがじつに半端なのだ。まだ寝たりないし、かといって眠くてたまらない、というのでもない。いきおいベッドの中で、横になっているだけの寝ているんだか起きているんだかわからない2時間を過ごすことになる。これが不本意だ。すぐに3時の目覚ましが鳴る。不承不承起き出すが、どうにも気分すっきりやる気満々の朝とはいいがたい。 



 先日、午後9時就寝なのに、午前3時の目覚ましが鳴るときまで気づかず、しかも目覚ましが鳴って起き出しはしたが眠くてたまらず、5時に掛け直して二度寝したことがあった。5時にやっと起き出した。3時から5時までもぐっすり眠った。8時間熟睡である。この日は満ちたりた気分で絶好調だった。一日中充実していた。前夜を振り返ると、しごくひさしぶりに赤ワインを飲んだ日だった。ふつうのひとから見たら凄い量を飲んでいるが(笑)、私にしてはたいしたことはないし、宿酔いの気配など毛ほどもなかった。それでもひさしぶりに味わった熟睡の理由を、「ホッピーよりも強い赤ワインをたっぷり飲んだからだろう」とした。ともあれこのとき、「ワインを飲むと熟睡できるのか!?」とは思った。



 私にとってワインは肉を食うときに飲む酒である。いま基本的に肉は食わないので機会が激減した。それでもこの「熟睡」を試してみたく、昨夜はウインナソーセージとフライドポテトをつまみに飲んでみた。いつもはビール用のつまみだが今夜はワイン用だ。私の肉嫌いは、いかにも肉という見た目にあるので、餃子とかウインナだとしらんふり?して喰うことが出来る。

 すると今朝はなんと6時まで熟睡した。午後9時からだから9時間。寝過ぎである。それでも文字通り〝夢中〟だったから躰が要求した睡眠ではあった。ここのところ慢性の睡眠不足だった。これまた飲み過ぎではない。その辺は計算している。どうやら私には「熟睡したいときにはワイン」という特効薬が出来たようだ。ありがたい。



 ワインで助かるのは、輸入品の安物でもそれなりにうまいことだ。ビンボな私のお気に入りはチリやアルゼンチンの南米モノだ。充分にうまい。葡萄の木はフランスから渡ったものだしね。フランスで全滅してあちらから戻した経緯もある。これが日本酒だとそうは行かない。安いものは値段通りにまずい。よって日本酒は高くつく。日本好きの日本人として「日本人なら日本酒だ、日本酒以外飲まない!」ぐらい言いたいのだが、なにしろ懐が……。

 日本酒業界は長年ウイスキーやビールをライバルとしてがんばってきたが、今の時代、真の敵は同じ醸造酒のワインだろう。なにしろあちらは生産地が「世界的」だ。そのうえ飲みやすい。これはもう客観的に見て、オンナコドモにとって、日本酒よりワインは飲みやすい。それは言いきれる。それを意識してか「ワイングラスで飲むうまい日本酒コンテスト」なんてのまであるらしい。くだらんなと思いつつ入賞した日本酒をけっこう飲んだりした。それは四合瓶で千円前後なのだが、どう考えても同じ値段のワインのほうがうまい。

 不思議と「日本酒で熟睡」はない。似たような酒だから、となると「慣れ」も考慮しなければならない。毎日のようにワインを飲むようになったらこの「熟睡効果」も薄れるのか。

 ともあれ今夜もワインのお蔭で熟睡できそうだ。なんともありがたい。こんなことにありがたさを感じる時代が来るとは夢にも思わなかった。 
関連記事
  1. 2014/04/29(火) 10:32:05|
  2. 飲食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<日本対韓国──オバマ大統領との「会食外交」で完敗(笑)──池田大作の碑文──「独島は我が領土」歌詞 | ホーム | タバコ話──日本人男性の喫煙率34%──「平均」というマジック>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1160-6052f7f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。