スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ノロウイルス」の名前変更?──朝鮮の創氏改名、ハンセン氏病、バルトリン腺、カウパー腺、丸山ワクチン

「ノロ」ウイルスに「野呂」さん苦しむ 国や学会に「名称変えて」

 食中毒の「ノロウイルス」。この冬も各地で集団発症が相次いだが、「その名前は使わないで」と全国の野呂さんが改称を訴えている。野呂姓の子どもが学校などでからかいやいじめの対象になったり、その心配があるためだ。一般化してしまったウイルス名を改める妙案はあるのか。

 「野呂という姓は、ただでさえ、のろまとかノロノロとからかわれやすい。さらにノロウイルスとは…。これ以上、野呂姓の人間に重圧を加えないでというのが正直な気持ち」。「ノロウイルス」改称を訴える会の会長を務める杉井(旧姓・野呂)ゆうきさん(40)=横浜市=はこう訴える。

オハイオ州ノーウォーク
 ノロウイルスの由来は何か。厚生労働省の資料などによれば、1968年、米国中西部のオハイオ州ノーウォーク市の小学校で集団発生した嘔吐(おうと)や下痢の症状が出る急性胃腸炎の病原体として検出。72年、小型球形ウイルスが特定され、地名から「ノーウォーク(Norwalk)ウイルス」「ノーウォーク様(よう)ウイルス」と呼ばれるようになり、国際ウイルス学会は2002年、ウイルスの属名としてノロウイルスを正式に採用した。

 「ノロ」とは「ノーウォーク」の一部に発音しやすく「O(オー)」を補ったもの。この結果、全国で約2万人とされる「野呂さん」は嫌な思いをするハメになった。

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1777277.html

---------------

 よくわかる感覚である。前々からこの種の話を聞くと同感し、そしてまたエゴイズムであるが、自分に関係あるものがそういう名称に採用されないようにと願ってきた。全国の野呂さんには気の毒だが、しかし現実問題として世界的な名称になってしまっているので改名はむずかしいように思う。



 この種のことで真っ先に思いつくのが「ハンセン病」だ。癩病から、「あの家は〝らい〟だから」のような差別的な「らい」という言葉が生まれ、それを廃するために癩菌を発見したノルウェーの「アルマウェル・ハンセン博士」の名を取って「ハンセン氏病」となった。

 この辺の基本は、「混血」「あいのこ」が差別的だから「ハーフ」にするという横文字に置きかえればいいという日本的軽薄さとたがわない。そしてまた「ハーフでは半分だ、差別だ。ふたつの民族の血が入っているのだからダブルだ」なんてリクツで、今は「ダブル」というらしい。なんともなあ。混血は混血でいいだろう。「他人のことだからそう言える?」、いやいや私の一人息子は混血だ。自分に関することだから発言してもいいだろう。私はダブルなんて気持ち悪い呼び方をする気はない。
 片輪や不具をシンショーシャに置きかえ、さらにはHandycappedにするのも同じ。「身障者」の「障」の字に問題ありと「身しょう者」にするとか。島国根性のくだらなさである。 

 私はこの時点で「ハンセン博士が発見したからハンセン氏病」と理解していたが、ここからまた日本的なくだらなさが始まる。「ハンセン氏病」の「氏病」が「死病」に通じて縁起が悪いと「氏」を取ってしまったのだ。「ハンセン病」である。これは世界中の「ハンセン氏」に失礼だろう。「氏」がついていれば、「医者のハンセン氏が発見した病気」と思える。しかしそれがなくなると「最初に感染したのがハンセンというひと」「ハンセンのようになってしまう病気」となってくる。らい病の悲惨な部分がぜんぶ「ハンセン」に繋がってくる。ぜんぜんイメージがちがう。そしてその「氏」を省く理由が「死病に通じる」という日本的ゴロ合わせ、オヤジダジャレの感覚なのである。「らい」という日本語を廃することには熱心でも、異国人の姓名である「ハンセン」に対する気遣いはない。いかにも日本人らしい。



 朝鮮併合時代の「創氏改名」を、「民族の誇りである名前まで奪った!」と極悪非道の政策のように主張するアサヒシンブン的な連中もいるが、私はそれを否定する。強要はなかったし、朝鮮名のままのひとも多くいた。そもそもあちらに望まれ「併合」という形になったが力関係は明白だ。なら下のものが上の名を名乗れることは悦ばしいことである。それは敗戦後、アメリカ的な名前を名乗る芸能人が数多くいた事からも判る。今でもいるが(笑)。下は上に憧れる。朝鮮人は日本的な名前を名乗ることに熱心だった。金が金田、金村になったり、李が木村、木下になったりした。

 オランダが植民地支配したインドネシアでは、現地人がオランダ的な姓名を名乗ることを許さなかった。オランダ人はインドネシア人が結婚等によりオランダ的な姓名になることを禁止したのである。これが支配者のまともな感覚だ。格下の土人に自分達と同じ名前を名乗られたのではたまらない。名乗らせない。朝鮮名を持つ朝鮮人に日本的な名前に改名させるということが、いかに異様な政策であったことか。させなければ区別がつきやすいのに。ここからも西洋の「殖民地支配」と「日韓併合」が根本的に異なるものであることがわかる。



 と、私は「創氏改名」を無理矢理強要のあった極悪非道の政策「民族の誇りであった姓名まで奪った」という主張を全面否定するのだが、これが島国根性から生まれた「愚策」であることはまちがないなく、しみじみ愚かであるとは思っている。上記のようにオランダの方針が正しいのだ。そうしていればよけいなイチャモンをつけられることもなかった。しみじみ愚策だったと思う。

 朝鮮における創氏改名に、島国根性日本人の「自分達のわかりやすいものにする」という御都合主義があったことは否めない。それは昭和末期、平成の世になっても現出している。群馬だったか、ブラジルから出稼ぎに来た青年達の名が呼びにくいと、兄を「タロー」、次男を「ジロー」と呼び、それにブラジル人青年が反撥した問題があった。

 ロシア人ボクサーに「海老原」という日本名を名乗らせたなんてのもあった。彼は素朴に「なぜ誇りある自分の名を捨て、そんな名前を名乗らねばならないのか」と主張して後に本名を名乗った。これを強要したのは「金」から「金平」に改名した朝鮮人だった。自分が改名しているから他人の改名にも鈍感だったのだろう。

 この辺の感覚が日本人の「悪い意味での島国根性」であることは認めねばならない。ほぼ単一民族なので懐が狭いのである。国境を数多く抱える欧州人であったなら、「呼びにくいから呼びやすい自分達の名前に変える」なんて失礼なことはしまい。されるほうも受けつけまい。なんとも狭量な島国根性である。なお、あえて「悪い意味」としたのは、私は「島国根性」をとてもよい意味でも使うからだ。日本人の几帳面さ、礼儀正しさ、自動車から携帯電話まで痒いところに手の届くように改良してしまうあの感覚が「良い意味での島国根性」になる。対して支那の「大陸的」はどうしようもない。



 関係ないことを語っているようだが主旨は一貫している。ブラジル人青年の名を呼びにくいとタロー、ジローにしてしまう感覚、ロシア人ボクサーの名を海老原にしてしまう感覚、この流れに、「らい病」を「ハンセン氏病」と呼ぶようにし、さらに「氏病は死病に通ずる」と「氏」を取ってしまい、「ハンセン病」と呼ぶ感覚がある。



 女性器からの愛液「バルトリン腺分泌液」、男の先走り液「カウパー腺分泌液」。このバルトリンもカウパーも発見した博士の名前だ。私がこれらを覚えた頃はまだ「バルトリン氏腺」と「氏」がついていた。
 これって誇り高いことなのだろうか。医学の世界では自分の名が冠せられることは後々まで自慢になるのか。私の名字がバルトリンだったら、なんだかいつも女性器の愛液にまみれているようで、あまりいい気はしない。というか、例えばバーバラ・バルトリンという美しい女性と知りあったとしたら、私は反射的に「彼女は濡れやすいのだろうか」と不謹慎なことを想像する。男のジョージ・カウパーさんと知りあっても同じく。

 ハンセンさんはスタン・ハンセンしか知らないが、ハンセン氏一族は、らい病が世界的に「ハンセン氏病」と呼ばれることをどう受けとめているのだろう。一族の博士が発見し、世界中でそう呼ばれることを誇っているのだろうか。英語の「癩病」である「leprosy」は禁止用語ではないから今も使われている。「Hansen's disease」はむしろ補助的だ。やはり「癩病」というコトバを「ハンセン病」にして封じてしまう日本の異常さが際立つ。



 とするなら「野呂一族」も、ノロウイルスに関して、気にするな、となるのだが。
 しかしこの場合、「日本の野呂博士が初めてそのウイルスの存在を発見し」ではない。問題は「ウイルス」にある。たとえば「丸山ワクチン」なら、ワクチンであるから丸山さんが辛い目に遭うことはない。誇れる。将棋でもゴキゲン中飛車対策に丸山九段が使いはじめた戦法を「丸山ワクチン」と呼んだ。

 この場合はウイルスなのだ。野呂さんが遅刻したら、いろんなヤツが遅刻するようになった。そういう場合「ノロウイルス」と使われたりするだろう。野呂さんが営業成績を上げたら、みんながそれに習って成績を上げた。だがこの場合「ノロウイルス」と使われることはない。「ノロワクチン」なら使われる。切実な問題である。
 といって改名はやはりむずかしいだろうなあ……。
関連記事
  1. 2013/10/13(日) 03:12:25|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「文字打ち内職の思い出②」に「内職でも高給なを【補稿】 | ホーム | 10月12日雑感──真夏のような暑さ──身辺雑記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1098-3b96c297
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。