《内柴正人容疑者に対する石原都知事の見解》を支持する──橋下当選YouTube報道の力

「逮捕されたといっても、これから裁判があり、無罪になるか有罪になるか分からない。表彰を取り下げるというのはフライングじゃないですか。もし無罪だったらどうするんだ」

準強姦容疑で逮捕、送検された柔道の五輪金メダリスト内柴正人容疑者。
熊本県が県民栄誉賞を取り消したほか、中川正春文部科学相もスポーツ功労者顕彰の取り消しを含めて検討を口にするなか、石原慎太郎知事はこんな見解を語った。
内柴容疑者には平成16年と20年に都栄誉賞が贈呈されている。

「都栄誉賞については」と尋ねる記者に、開口一番「なんだっていうんだ」と応じた石原知事。
「あなたがたがたきつけている。メディアは喜ぶかもしれないが、法治国家なんだから。一種の人権侵害じゃないですか」といさめた。


http://sankei.jp.msn.com/region/news/111210/tky11121018140002-n1.htm

---------------

 内柴容疑者は、未成年の教え子に酒を飲ませた時点で指導者として失格になる。今後の焦点は彼の主張している「合意」の判断だが、妻帯者でありながらそういう「行為」があったことは認めており、この点からも道徳的に擁護はしがたい。

 ここにきて以前からの彼の女癖の悪さが連続的に報じられている。内柴は金メダリスト・石井慧の柔道に対する姿勢を前々から厳しく批判してきた。石井の側からすればオリンピック時に、同室の自分を追いだして女を部屋に連れこんだ非常識な内柴に言いたいことは山とあろう。彼の女癖の悪さは事実のようだ。

 また、窃盗と暴行で実兄が服役中であること。幼い頃に父母が離婚し、兄は母に、内柴は父に引き取られたこと。そのため、母方の姓を名乗っている兄と、父方の姓である内柴では苗字がちがうこと。内柴を引き取った実父は、その後も何度も結婚離婚を繰り返したので、内柴の母親は何人も変ったこと。それらの屈折した育ちによる性格の歪み、というようなマイナスイメージの情報も流出している。オリンピックで連続金メダルをとった英雄の堕ちた姿として、世は内柴批判一色だ。



 だが、それでも、いやだからこそ、今の時点で一斉に内柴容疑者を断罪し、与えた賞を取消しに走るのは早計と思う。熊本県等の対処を急ぎすぎていると感じていたので、都知事のこの意見には納得した。私は石原都知事の見解を断固支持する。

 今までの女癖の悪さ、未成年に飲酒を勧めたこと、妻帯していながらそういう行為があったこと、それらの状況から彼は限りなく真っ黒にちかい灰色である。だが、「真っ黒」という断定までは、もうすこし間があってもいい。
 そう断定し、突き放し、火の粉が自分に降り掛かってこないようにするほうが、立場のある人は楽だ。自分が汚れないために汚れたものを遠ざける。地位のあるひとはみなそうする。政治家は特にそうだ。熊本県の処置の早さもこれと同じ。

 都知事の発言は、都知事という立場からも、このことによってこれから逆境に立つ可能性を含んでいるのに、侠気のある発言だ。
 ブログや掲示板には「これだけ状況証拠が揃っているのに、ジジー、惚けたのか」というような石原批判の書きこみが目立つ。それもまたそれで真っ当な意見であろう。なにしろ「限りなく真っ黒に近い灰色」なのだ。これを庇うのはひねくれ者だ。みなと一緒に引かれ者に石をぶつけるほうが楽に決まっている。
 都知事も若いときだったらもうすこし安全な発言をしたかも知れない。だがいま、日本に缺けている「正当な頑固爺」として、メディアの誘導尋問を正面から弾きかえして見せた。その存在をうれしく思う。
 そのうち内柴が完全に黒となったら、それこそ鬼の首でも取ったようにアンチ石原は騒ぎたてるだろう。それでもいい。今この時点でこの発言をした石原都知事の姿勢を私は支持する。


 
============================================



 都知事の意見を新聞で知ったとしても私の感想に変りはなかったが、偶然点けたMXテレビでリアルタイムで見ることが出来た。文字と映像では印象が異なる。「質問する記者と都知事のやりとりの雰囲気」を自分の目と耳で確認できたことは大きかった。
 アナログ放送が終了した7月24日からつい先日までテレビのない生活をしていた。それ以前も今の住まいではMXテレビは映らなかった。品川に住んでいたころは見られて馴染んでいたから、この定例都知事会見と、大レースのときにある大井競馬中継は見たいと思っていた。

 11月6日に地デジチューナーを繋ぎテレビのある生活に復帰した。するとMXテレビが映るようになった。それがうれしくて(笑)たまにMXテレビを点けて見たりする。健康食品の通販みたいなのばかり流していて、すぐに消してしまうのだが、今回はそういう気まぐれが役立った。都知事の定例会見は「毎週金曜日15時から16時」のようだ。私がたまたま点けたのはこの時間だったらしい。



 質問した記者は、都知事に、内柴批判と、それに賞を与えた反省を口にをさせようとしていた。

 こういうのに簡単に乗ってしまう政治家もいる。たとえば鳩山弟だ。地デジ化のCMキャラに起用していた草磲剛が夜の公園で酔って裸になり大声を出した。その翌日、詳しい事情も知らないまま記者の挑発に乗り、「メチャクチャな怒りを感じる。最低の人間だ。絶対に許さない」とテレビカメラに向かって発言した。

 これもリアルタイムの映像で見た。その瞬間、短慮だと感じた。私は草磲になんの興味もないけれど、ストレスの溜まった三十男が深夜、酔って公園で裸になり高歌放吟したという、その程度の事件であることはすぐに分かった。それを大臣という地位にあるひとが、テレビ画面で全国に向けて「絶対に許さない」はないだろう。なんとも底の浅い男だと呆れた。これで東大首席卒業なのだとか。あそこで一拍ためられない男に政治家の資格はない。これじゃ直情径行のチンピラである。ヤクザでも親分にはなれない。

 内柴のことを問うた記者には、都民栄誉賞を与えた都知事の責任を追求しようという気配が見えた。敵対しているアサヒなのかどうか知らないが。それこそが真の狙いだ。口の悪い都知事だから、鳩山弟のように「すぐに取り消す、最低の男だ、あんなのに都民栄誉賞をやったのは失敗だった」ぐらい言わせたかったのだろう。

 しかしそれに対して都知事は一喝するかのごとく前記のような応答をした。記者はぐうの音も出なかった。まことに痛快である。これは見ていないとわからない。紙面からはそこまでは読めない。リアルタイムで見る映像の力をあらためて知った。
 
---------------

●橋下当選を報じたYoutube

 11月27日。大阪の橋下当選を私はYoutubeの生放送で見た。午後8時から。
 橋下が会場に到着したのは8時40分ぐらいだった。
 そこにはアンチ橋下のマスコミもいっぱいいる。そこから3時間続く質問には橋下支持者なら不快になるような色々なパターンがあった。

 午後10時からフジテレビの報道番組を見た。宮根のやっているやつだ。2時間の時間差があるから、会場での質疑応答を編集して流した。テレビ局がいかに自分たちの都合のいいように番組を作るかがわかる。なるほど、あの質問は切って、この質問を流すのか、のように、すべてをそのまま流していたYouTubeを見ていたから、フジの作為が見えた。あらかじめ用意された選挙戦の映像では、演説する橋下に野次を飛ばす聴衆を何人も映し、平松のほうは、演説のあとに路上のゴミ拾いをする後ろ姿を映し「いいひと」を演出していた。それは後日のワイドショー等でも同じ。まあ怒ると言うより作為が露骨すぎて笑えたが。



●総理退任時の佐藤栄作

 佐藤栄作は首相を辞めるとき新聞記者と対立した。あんたらの書くことは信用出来ないと溜りに溜まっていた憤懣を口にした。新聞記者も反発して全員退席する。この辺もNHKは映していた。会場から記者が退席していく様子を覚えている。佐藤は誰もいない会場から、テレビカメラに向かってしゃべった。国民への挨拶として、それが佐藤の撰んだ手法だった。

 翌日、新聞は佐藤をボロクソに書いた。当時私はアサヒシンブンを読む「どちらかと言えばヒダリ」の大学生だったが、それを通りこして、佐藤の感覚を支持した。発言は、切り口と構成でいじられる。そこに新聞記者の意見が加えられる。マスコミが輿論を作るのだ。佐藤の怒りはもっともだと思った。8年も我慢してきたのだから、最後の最後はあれをやりたかったのだろう。



 あれから幾星霜。テレビカメラもまたノーカットでやってくれない限り大嘘となった。新聞と同じじ都合のいいように編集される。前後をカットし、一部を取り出し、そこを何度も繰り返せば、イメージ操作などたやすい。
 しかしここに心強い味方としてネット配信が現れた。編集することなく、ただそのままを流してくれる。新聞雑誌の報道にうんざりしていた小沢一郎がそこに走ったのは自然な流れだった。(私は小沢大嫌いです。念のため。)

 今後ますますこの流れは拡大する。

 橋下当選の日にYouTube生放送がなかったら、私はあちこちのワイドショーを見て、あれを足し、これを引き、自分の考えをまとめねばならなかった。だが嘘偽りのないノーカットの映像を2時間も見られたから、意図的に編集されたワイドショーなどもう見る必要がなかった。あたらしい時代になっている。泉下の佐藤栄作は羨んでいることだろう。佐藤がいまの時代の政治家だったら、新聞を無視して、インターネットの映像で直接国民に語り掛けていた。

============================================

【メモ】──泉下(せんか)

 Google日本語入力では「泉下(せんか)」が出なかった。Google検索で使われるコトバから辞書を作っているから、使うひとがいないのだろうとこれは納得。ところがATOKでも出ないので困る。「もしかしてそんなコトバはないのか」と不安になる(笑)。広辞苑を引いたらしっかり載っていたので安心。「あの世のこと」である。
関連記事
  1. 2011/12/11(日) 11:07:36|
  2. 橋下徹
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続《内柴正人容疑者に対する石原都知事の見解》──デヴィ夫人の意見──賛同する開業医のブログ | ホーム | パソコン冬支度──背景はたき火──たき火への想い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1094-d7bb2967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する