スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

音楽話──YouTubeのPaul Brown「Winelight」──「ようつべ」にはなんでもあるんだなあ!

 ここのところずっと音楽再生ソフトはMedia MonkeyのGoldを使っている。有料版だけあって文句なしだ。サブとしてMusic Bee。もうiTunesを使うことはないだろうが、一応最新版をDownloadして持ってはいる。先日すこしいじったが、あれって、益々使いづらくなってないか? なにを考えているのやら。もう縁切りしたからどうでもいいんだけど。



 Winampの最新版をDownloadしてみた。こちらもしばらくご無沙汰だ。ただしこちらは嫌いなiTunesとはちがって、その多機能を使いこなせない私に問題がある。
 ひさしぶりにDownloadし起動したらオープニング画面がインターネットラジオになっていた。しばらく聞いてないなあとAbusolutely Smooth Jazzをクリックしてみる。

 するとまあなんというタイミングであろう、いきなり大好きな「Winelight」が流れてきた。サックスだが本家のGrover Washington Jrとはちがう。誰かと演奏者の欄を見るとRocco Ventrellaというひと。不勉強にして知らない。今度買ってみよう。それよりももっとこのラジオを聴いて幅を拡げないと。ここのところ持っているものしか聴いてない。それでもありすぎるほどなんだけど。



paul brown そのあと、自分の持っている本家G.W.JrとギターのPaul Brown、Nick Colioneの「Winelight」を聴く。Paulがアルバムに収めたのは2005年だからNickの1999年のほうがずっと先だ。本家G.W.Jrの発表は1982年。1999年は〝スムースジャズの父〟と言われた彼の亡くなった年である。

 しかしNickのを聴いても最初に聴いても私は感激しなかったろう。それはギターで演っている独自の「Winelight」に過ぎない。いやそれはとてもすばらしいのだけど、聞きのがしていた気がする。私がPaulのこれに惹かれたのはPaulの解釈のしかただった。ギターでサックスを模倣するような不思議な感覚だった。さすが名プロデューサーだけにそのへんがうまい。



 そこでふとYouTubeのことを思った。あそこで日々多くのものを得ているひとは不思議に思うかも知れないが、どうにも私にはいまだにYouTubeに毎日接するという感覚がない。

 出かけて、Winelightで検索すると、本家はもちろんだが、なんとPaul Brownのライヴ映像まであった。しかもJessy Jが参加している。ふたりが親しいのはJessyのアルバムをPaulがプロデュースしているのだから当然としても、こんなものまであるのかと感嘆し溜め息が出た。すごいなあYouTubeって。ほんと、なんでもあるんだ。(このセリフ、このブログだけでも相当の回数書いているような気がする。これからもまた何度も書くのだろう。)



 インターネットラジオから流れてきたPaul Brownの「Winelight」に衝撃を受けたのは2006年だった。感激してサイトに長々とそのうれしさを書いた。サックス吹きが作ったサックス用の曲を忠実にギターで再現しあたらしい世界を構築しているのがなんとも新鮮だった。
 Smooth Jazzの名プロデューサーが、年をとってからいきなりギタリストとしてデビュウしたのが不思議で、「数数のヒット番組のディレクターだったテリー伊藤が近年タレントに変身したようなモノか」と私なりの例えで表現している(笑)。



paul brown2 Paul Brownの演奏姿を見るのは初めてだった。ロンドンでのライヴらしい。なんともありがたい時代である。あまりにありがたいのでパソコンに感謝して拝んでしまった(笑)。

「Winelight」のアレンジは基本として、というか本家のG.W.Jrからもう伝統的に、ギターがオルタネイトなミュートアルペジオで伴奏し、サックスが自由に踊るものだ。あの伴奏をやれと言われるたらきつい。倦きてしまう。指がつる。ほんとにほんとの引き立て役の「伴奏」だから。Paulはギターでリードを取るので、それをエレピにやらせていた。
 Jessyとのダブルリードだと思ったが、Jessyは師匠格のPaulを立てて、一歩引いている。いい雰囲気だった。5分過ぎ、最後のJessyのソロがいい。



 こういうものを見ると、毎回「もっとYouTubeに行こう。もっと利用して勉強しよう」と思うのだけど、すぐに忘れてしまい、また何ヶ月後かに同じようなことを書いている。やはり「ネットをやるためにパソコンを始めた」というひとと比べるとどうにもそのへんが鈍い。なにしろ常時接続なのに、いまだに知らないことはインスールしてあるいくつもの辞書で調べ、それでハッキリせず、「こまったこまった」と悩んでいて、「そうだ、ネットで調べてみよう!」と大発見のように思ったりする。最初からネットで調べる感覚のひととはおおちがいだ。

 ともあれDownloadさせてもらった。しばらくは毎日のように聴くだろう。とはいえ夜っぽい雰囲気の曲だから昼間は聴かないだろうけど。



 Paul Brownの「Winelight」を知らないひとのためにリンクを貼っておきます。

・YouTube──Paul BrownとJessy Jの「Winelight」ロンドンライヴ

JessyTequila そのあとMedia MonkeyでJessy Jを開き、連続して聴いた。あいかわらずJessy Jの情報がすくない。検索してもなにも出ず、このブログに当たってしまった(笑)。検索して自分のブログを見つけてもしょうがない。でも懐かしかったので読んだけど。

・「夏の朝にJessy J」

 Jazzを聴くとバーボンをストレートで飲みたくなるというバカっぽいワンパターンをなんとかしないと。



---------------

【追記】──Paulはライヴよりアルバムがいい!?──「Foreign Xchange」を聴きながら

Paul Brown & Marc Antoine - Foreign Xchange
 これは2009年の「Foreign Xchanges」。親しいギタリストのMarc Antoineとの共演。Paulの最新アルバムは2012年に「The Funky Joint」というのが出ているらしい。それはもっていない。

 ライヴのビデオを見たあと、これを聴いていてしみじみ思ったのだが、Paulはライターよりスタジオ録音のアルバムのほうがいいと感じた。あそびのない1音1音計算尽くのような無駄のないフレーズがいいのであり、ライヴの饒舌な音とは似合わないように思う。

 単なる私の好みだが、もともと敏腕プロデューサとして多くのヒットアルバムを手掛けてきたひとだ。ギタリストとしても、ライヴでよさが発揮されるというタイプではない。この感想、あながち的外れでもあるまい。
 もちろんそのことと、YouTubeのお蔭で貴重なロンドンライヴの映像を見られた感激は別物だ。
関連記事
  1. 2013/05/09(木) 06:43:23|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パソコン話──かってに入ってくるDelta Search(Babylon)のしつこさ──イスラエルと中共の象徴──ATOKの差別語規制 | ホーム | 酒話&競馬話──「越後桜 大吟醸」を飲んでみた──「コダマはカミソリの切れ味、シンザンは鉈の切れ味」──「ならメイヂヒカリは日本刀の切れ味だ!」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1085-2415c4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。