スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬券自慢名人の買いかたを推理する(笑)──100円単位の総流し──万馬券、的中!

 かの有名人<きっこさん>は、競馬初心者でありながら馬券名人である。難解なレースの馬単を、しかも万馬券を、ほんの2.3点買いで楽々と的中する。私は<きっこさん>以上の馬券名人を知らない。世界中の競馬ファンを見渡しても、<きっこさん>以上の馬券名人は存在しない。
 では世界一とも言える馬券名人<きっこさん>は、どのような買いかたをしているのか。それはレース前の予想とレース後の馬券自慢の落差から簡単に推測できる。



 まずはレース前の予想ツイート。

kikkobaken5

 1番人気の芦毛リトルゲルダは16番、同じく芦毛のシゲルスダチは3番(4番人気)。もう1頭の芦毛ブルームーンピサは14番(13番人気)である。

 このツイートから<きっこさん>の勝負馬券は、芦毛馬同士の16→3,16→14になる。もちろん裏の3→16,14→16も、縦目の3→14,14→3も表裏押える。これで8点である。この8点買いは、2点ずつ4枚の購入にするだろう。

 「奇蹟」が起きたときの馬券自慢のために芦毛3頭で決まったときの3連単も買う。これは6点になるが、これも2点ずつ3枚に買う。それが<きっこ>流(笑)。
「奇蹟だな」と書いているが、この時点でもうこの「奇蹟馬券」は購入済みだ。「奇蹟が起きた!」と的中自慢を書きたくてうずうずしている(笑)。そのための前振りである。



 1番人気のリトルゲルダが勝って予想が的中した場合、16→3,16→14の2点買いをアップして「1番人気からだから安いけど芦毛のワンツーで決着」と自慢する。人気薄の14が来た場合は、「念のために買っておいて正解!」のような自慢。

 順位が逆になった場合は、3→16,14→16の裏だけの2点買いをアップして「1番人気からじゃ安いので2着になることを願ったら見事に的中、ヒヒーン」となる。

 もしも人気薄のブルームーンピサが絡んで大荒れになったら、3→14,14→3の2点買いだけをアップし、「芦毛3頭の内、1番人気のリトルゲルダを消して他の芦毛2頭で勝負したら見事に的中、ヒヒーン」と自慢する。
 これは予想と馬券が一致した場合。ほとんどそんなことはないが、的中馬券自慢のためにここまでのことをしている。



 そして今回のように芦毛のワンツーフィニッシュとはならなかった場合、つまり予想大外れの場合、するとこんなツイート。

kikkobaken6

 なんと、予想した芦毛のワンツーフィニッシュではないのに、それでも軽々と「ナニゲに馬単万馬券」を的中。さすが世界一の馬券上手である。そして的中馬券のアップ。

kikkobaken3

 しかしこの馬券、レース前の予想からするとかなりヘンである。だって芦毛のワンツーフィニッシュや芦毛3頭で3連単が決まる奇蹟まで願ったのに、100円3点、300円勝負の馬券の中に、1番人気の芦毛16番から他2頭の芦毛への馬券、16→3や16→14がないのだ。前予想とは全然違う購入である。

<きっこさん>の一日の、じゃなくて毎週土日の競馬資金は2500円である。<きっこさん>はこの金額をきちんと護る。1レースの購入資金も200円から300円と決まっている。なのになぜ予想で口にしている芦毛同士の馬券がないのだろう。<きっこさん>の〝理論〟なら、ここは「16→3、16→14」「3→14」という芦毛同士の馬券があり、「残念ながらハズれた。くやしい」となるのが自然である。
 的中した場合でも、芦毛馬券以外に「16→12」があって、「芦毛馬同士の馬券と、もうひとつ高配当をナニゲに1点買っておいたら的中。ヒヒーン」とならないと筋が通らない。なのになぜこんなヘンな馬券なのだろう。相手の番号が10.11.12と続いているのもヘンだ。



 結果はこういうレースです。
kikko-doutonbori



 このヘンテコ馬券の秘密はこういうことだ。<きっこさん>は前記のような自分の予想にしたがった馬券をまず買い、その他にも100円の3点買いずつ16番から総流しをしているのである。馬券的中を自慢したいために。
 1番人気からの総流しで当たるのはかっこわるい。すくない点数で当てるのがかっこいい。そしてもうひとつ、少額で馬券を楽しむ健全な放射脳西日本疎開者(笑)という設定を維持するため、1レースの馬券は3点までにしている。

 つまりこの1番人気16番からの総流し馬単は、3点ずつ分けて購入されている。「あたしの競馬資金は2500円、1レースの購入金は300円」という〝設定〟のために。

 まずは「16-1.16-2,16-3」の3点で1枚。次いで「16-4,16-5,16-6」で2枚目、3枚目は「16-7,16-8,16-9」となり、的中自慢でアップされた4枚目のこれは「16-10,16-11,16-12」になるってスンポーだ(笑)。それが不自然な「続き番号馬券」の秘密。もちろんこのあと5枚目の「16-13,16-14,16-15」も購入している。

 これは予想会社が「またも1点で的中!」と謳うために1点馬券を何十種類も買うのと同じ手法になる。インチキ予想会社とインチキオカマは、馬券自慢のインチキぶりが共通している(笑)。

 1番人気のリトルゲルダが2着になったら配当はより大きい。そのときはその自慢もしたいから当然「1-16」「2-16」「3-16」という裏目の総流し馬券も300円ずつ買っている。手間が掛かる。

 さらに、シゲルスダチからの流し馬券も買っているだろう。みな300円ずつだからたいへんお忙しい。でも的中馬券を自慢するためだ。燃えている。おそらくあれやこれや様々なパターンを50点はお買いになっているだろう。私のようなフォーメーションだと一発で買えるが、「300円(=3点以内)勝負」をアピールするため、<きっこさん>はそれが出来ない。たいへんな手間暇を掛けている。それが連続してレースを楽しめない理由でもある。ひとつのレースの馬券購入にものすごく時間が掛かるのだ。それは今までの的中自慢でも明白だ。
 芦毛馬同士のような馬券は早めに買っておく。だからそれの自慢は速い。でもこういうのは予備として買う多種多様な馬券のひとつなので、これが的中したときは説明とアップが遅れる(笑)。

 <きっこさん>は芦毛馬が好きなのではない。芦毛馬が好きだったら上記の馬券自慢は筋をハズしている。芦毛馬と心中しているはずだ。<きっこさん>が好きなのは「的中馬券自慢」なのである。その方策の一つとして、「芦毛好き」「人気薄の芦毛から流して万馬券」を狙っているにすぎない。



 そしていつもの馬券収支自慢。毎度おなじみ(笑)。

kikkobaken7

 <きっこさん>は毎週のように馬券収支をプラスにしている。世界一の馬券名人だ。こんなひとはこの世にふたりといない。
 毎週の資金を〝設定〟の2500円から25000円にすれば、ほぼ9割方の確率で毎週15万円程度は儲けていることになる。それだけで月収60万円は固い。それがもうここ数年の統計で確実に証明されている。なにゆえ頑なに「毎週2500円」を厳守するのだろうか。なにゆえ「100字書いて50円」のようなアルバイト(私もこのアルバイトを知っている)をしつつ耐乏生活を続けるのだろうか。馬券だけで人並み以上の生活が出来るのに。「Win5で2億円」など狙わなくても、<きっこさん>の馬券能力があれば、2億円などすぐに貯められる。週に25000円で勝負して月に60万円を稼いだら、次は週に25万円の資金にすればいい。そうすれば毎週150万、月に600万円のプラスは確実なのだ。なぜそれをしないのか。

 <きっこさん>は嫌いな安倍総理を大バカと罵るが、ここまで確実に儲かることが体験と数字実績でハッキリしているのに、頑なに「毎週2500円」を護る<きっこさん>は、安倍総理以上の大バカになる。

 これは毎週のように<きっこさん>からの清浄な寄附を受けとっているらしいシリアの難民の子供達にとっても謎であろう。<きっこさん>さえその気になれば5000円じゃなく、毎週50万円の寄附も可能なのだ。シリアの子供達のためにも、<きっこさん>が面倒を見ている野良猫のためにも、立ち上がるべきだ。でなきゃ男じゃない。いや男じゃなくてオカマだけど(笑)。



 なぜ投資金を2500円から25000円に増やさないのか!? なぜ頑なに2500円を守るのか!?
 
 答は簡単。2500円はウソだからである。毎週3万円ぐらいは買っているのだ。馬券的中を自慢したいがために、勝負レースではあれやこれや100円で50点ぐらい買っている。一日に6つぐらい参加しているようだから、ちょうど3万円になる。その中からの当たりレース自慢。それでもハズレレース多数なのが現実。毎週3万円買って、オケラか、15000円程度の払い戻しというマイナス決算だが、表には「資金は2500円、今週も2万円のプラス」のような大嘘をついている。

 だから、「そんなに的中しているんだもの、資金を10倍にしたら?」と言われても出来ない。すでにもう2500円ではなく25000円は使っているのだ。25000円設定にして勝ちまくる話にするには、毎週25万円買わねばならない。それでオケラか12万円程度の払い戻しだ。「資金は25000円なので今週も10万円のプラス」とウソをつくのはつらい。毎週25万、月に100万円馬券を買う資金は今の<きっこさん>にはない。なにしろ公園の水を盗んだり、ひと袋の入浴剤で三日保たせているのが現状だ。ヘアメークをやっていたころは、本業と夜のバイトで月120万円ぐらい稼ぎ、そのうち100万円以上を母さんの難病治療費に充てていた(という〝設定〟)と吹きまくっていたが。

 実際は馬券的中を自慢したいがためにあれもこれも買い漁り、毎週3万円以上買ってマイナス決算だろう。月に十数万円を競馬に使っての赤字だからこれ以上のことは出来ないのだ。
 何万円使ってオケラになっても「今週は2500円のマイナス」と報告する。調子のいい週で1万5千円のバック(=1万5千円のマイナス)というところか。だからいつまで経っても「今週は思いきっていつもの10倍、25000円を資金にして勝負したら30万円儲かった。内25万円をシリアの難民の子供達に寄附して残り5万円は生活費にした」とは書けない。だって毎週3万円使って払戻15000円程度のマイナス決算だから、これ以上のウソは無理なのだ。



 6枠に「グリーン」の名前の馬がいるからというケントク買いで、とうとう母さんまで万馬券を当てての馬券名人設定には笑った。あれはそういう馬券的中自慢もしたいから(同じような買いかたのお友だち、石川喬司さんもいることだし)そっち方面まで買っているということだ。いったい1レースで何点買っているのやら。

 マイナスなのにプラス自慢するってむなしいだろうなあ。でも鉄面皮だからそんなこと感じないか。存在自体がウソなんだものね。「カップヌードルのエビはカナブンの幼虫」という、かつてやっていた企業テロ誹謗中傷と比したら、架空の馬券名人自慢なんてかわいいものだ。

 なお、この文章のタイトルは「馬券名人の<きっこさん>」ではない。「馬券〝自慢〟名人の<きっこさん>」である(笑)。
関連記事
  1. 2013/09/29(日) 17:12:23|
  2. きっこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「文字打ち内職」の思い出①──のツイートから | ホーム | 郵便話──番地のない速達は受けとれないと郵便局に拒まれた──それはまあそうなんだろうけど……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1083-71169456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。