スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小物話──電動足湯機──焦って買わなくて正解

footbath 足首、足裏が疲れる。このごろは頻繁に攣る。問題だ。エアによるマッサージャーもいいが、電熱の足湯機を欲しいと思っていた。自己流の足湯は何年か前からやっている。適当な容器にお湯を張り机の下に置いていると、冬場はすぐに冷めてしまう。風呂に20センチほど熱めの湯を入れてやると快適だが、バスタブのへりにすわっての読書では座が定まらない。イスにすわり、デスクトップ機に向かいつつ足もとで使用するには専用機が必要だ。

 支那の老人のあいだでこれがいま大流行している。こどもたちがじいちゃんばあちゃんにプレゼントする品として多くの機種が出ている。値段は日本円で2000円前後。まあ「中国製」だから安かろう悪かろうではあろうが。



 ビックカメラで写真のものを見つけた。値段は7900円。すぐにでも買って、帰宅して、使いたくなった。
 その隣に、同じ会社の製品で下級機種の5300円というのがあった。見た目が安っぽい。機能もそうだが、デザインからも、こちらが欲しい。箱を抱えてそのままレジに直行しようと思った。
 しかしグッと我慢する。価格comで調べてからでもいい。もしかして6000円ぐらいのところがあるかも知れない。
 例によって「中国製」だ。支那の日本円にして2000円ぐらいの品をそのまま輸入して売っているのだろう。いや日本のメーカーのブランドがあるから、それとは一線を画しているのか。

 買いたい、すぐに持って帰って、お湯を入れ、ジェット噴流の中に足を浸したい。想像してうっとりする。2000円ぐらい安く買えるとしてもそれが何だというのだ。それよりも今すぐ使えることを優先したい。迷った。後ろ髪を引かれる思いで帰宅し、すぐに調べた。



 最安値で4970円というのがあった。3000円ちがう。あの下級機種よりも安い。この時点では「焦って買わなくてよかった」と思っただけだったが……。

 Amazonのレビュウを読んでおどろいた。読んでよかった。私はかつてここまで悪評の製品を見たことがない。最低の製品とこきおろしているひとたちのレビュウに共通するのは、「振動で水が溢れる、周囲がびしょびしょになる」「溢れない程度の水量では足が浸らない」「音が大きく、マンションで使うのは不可能」というとんでもない批判だった。
 一方、高評価を与えているひとたちのものは、「母親のプレゼント用に買った。まだ使っていない。きっといい製品だろう」という希望的観測である。「まだ使っていない」ひとがレビュウ書いちゃいけないよなあ。それ、レビュウじゃないし。

「音と震動が大きく、階下のひとから苦情が来る」という意見を読んで、しみじみ買わなくてよかったと思った。買っていたら延々とここに私もまた非難のことばを並べるところだった。



 べつにこの種のレビュウを重用しているわけではない。
 誹謗中傷にちかい悪意の意見もあるだろうし、ヤラセの褒め言葉もあるだろう。判断はこちらに任される。

 つい最近のレビュウに「最高の商品を買いました。ほんとに買ってよかった。次回も××社の製品を買いたいと思います」という満点評価があった。
 対して、前記の「水は溢れるわ、音がうるさくて使えないわ、いやはやひどいのなんのって」という評はずっと前のものである。
 とするとやはりこれは、まともな消費者が腹立って批判したのが正当、最近のいかにもわざとらしい誉め言葉は社員?によるヤラセと取るべきだろう。複数のひとが「音と震動がうるさくて使えない。マンションでは階下のひとに文句を言われる」と書く事態は異常だ。



 安いものだしすぐにでも欲しかったが、「通販ならもっと安いかも」と思ったケチな根性で、ハズレを買わなくて済んだ。私はけっこう買い物上手で、ほとんどのものが「アタリ」なのだが、まずこれはまちがいなくハズレだったように思う。長年の勘がそう囁いている。
 ともあれよかった。即座に購入し、いそいそと帰宅し、わくわくしながらお湯を張ってひどい目に遭ったら、商品に対する不愉快さももちろんだが、軽率な買い物をした自分への嫌悪感を引きずる。
 でもそのうち同様の商品は買う。情報を吟味して、なんとしてもアタリを引かねば。
関連記事
  1. 2013/09/15(日) 12:59:06|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月17日雑感──颱風一過、一気に秋?──オルフェーヴル、キズナの勝利 | ホーム | ことば考──「おあいそ」について──客は使うべきではない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1072-896a3752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。