松下からPanasonicへ

00-seso
 松下からPanasonicへ


 


・松下電器産業が、社名と製品のブランドを「パナソニック」に統一すると発表しました。
 グループ企業すべてから、創業家の「松下」の名前が消えることになります。


 松下電器・大坪文雄社長:「パナソニックという1つの名前、ブランドのもと、グループがさらに強く結束すること。そして、パナソニックのブランド価値を向上させることであります」


・松下電器産業は2008年10月1日付で社名をパナソニック株式会社(英語表記=PANASONIC CORPORATION)に変更する。定款の変更に相当するため、6月下旬に予定している株主総会での特別決議を経て正式に決定する。


 「パナソニック」と「ナショナル」が並存しているブランド名は10月1日以降、パナソニックへの一本化を進め、ナショナルブランドは2009年中に廃止する。


 グループ会社に関しても「松下」「ナショナル」のついた社名を持つ国内外の約180社を対象に、「パナソニック」を冠する社名への変更を進めていく。
 同社は創業以来90年間、創業者、松下幸之助翁の姓である「松下」を社名に冠してきたが、ブランド名として海外でも知名度の高いパナソニックに統一を図る。


 松下電器は中村邦夫前社長(現会長)の時代から、事業部制の解消、松下通信工業の上場廃止と完全子会社化、松下電工の子会社化、子会社である日本ビクターのケンウッドとの経営統合合意など、創業者が定めた事業の枠組みを修正する聖域なき改革に取り組んできた。


 社名変更はこうした「中村改革」の総仕上げであり、同時に海外での成長を基軸に据える大坪文雄社長の「世界企業宣言」でもある。


 同社は1918年に「松下電気器具製作所」として発足し、29年に「松下電器製作所」、35年に現在の「松下電器産業」に社名を変更した。(ビジネスニッケイより)


============================================


 誰もが思うのはあの「明るいナショナル、明るいナショナル、ラジオ、テレビ、なんでもナショナル」というお馴染みの歌が消えること。
 他人事ながら私はPanasonicとナショナルとふたつのブランド、大本は松下電器と分かれているのはもったいないと思っていた。私の使用する製品はもう100%Panasonicだったが、それでも松下とナショナルが消えるとなると感じるものはある。


 ナショナルでいちばん利用したのはあの赤と黒の乾電池、Hi-Topだろう。登場当時は劃期的な新製品であり高能力で高額だった。まだ紙巻きの乾電池があった時代である。懐中電灯等でよく液漏れしていた。
 先年中国でこの紙巻きマンガン電池を見たときは懐かしかった。まだあるのだ。妻は一日で使えなくなると言っていた。

 NHK教育テレビの番組でも圧倒的にこの電池を使うことが多かったが、毎回丁寧にHi-Topの部分をフェルトペンで塗りつぶしていた。律儀である(笑)。あのデザインで一目瞭然なのに、黒く塗りつぶしてあるからよけいに目立ち「あれはHi-Topだな」と確認したものだった。塗りつぶしがなかったら心には残っていない。


 特撮(笑)ヒーロー物「ナショナルキッド」は、その乾電池のマークをつけていた。
 むかしはほんとにいい加減である。「とんま天狗」の主題歌なんて、いきなり二番になると「姓はオロナイン、名は軟膏」と出てきたりする。信じがたい。
「鉄人28号」も、最後は「グリコグリコグッリッコー」とグリコをアピールしてた。
 これらの企業はみな関西である。いかにも大阪らしい。

 私がCMでいちばん驚いたのは大塚製薬のボンカレーで、松山容子が「買ってね」と言ったことだった。考えてみればどんなかっこつけたCMも願いは買って欲しいことだ。直截的に言ったこれはある意味見事だとも思う、今は。当時は度肝を抜かれた。下品だと思った。


 と、ナショナルへの思いから連想は果てしないが、「松下」という名を大事にしてきた人には、もっともっと複雑な思いがあることだろう。


 これまた誰もに共通だろうが、松下政経塾のことを思う。
 幸之助翁はこれでまたさらに名を高めた。
 松下政経塾出身の精鋭が民主党のはずはないのである。あくまでもそれは「民主党からしか出られないから」に過ぎない。自民党はもったいないことをしている。無能な二世三世より優れた人材がいるのに。


 時の流れは速い。
 Panasonicは知っているがナショナルも松下も知らない時代がすぐに来るだろう。

関連記事
  1. 2008/01/11(金) 15:49:43|
  2. 世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<挌闘技バブルのころ | ホーム | アメリカ大統領選挙覚え書き①>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/107-3234de70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する