携帯電話話──携帯電話機種交換──ガラケーからガラケーへ

 数日前、携帯電話の機種を交換した。ガラケーからガラケー。じつに7年ぶりの機種交換になる。(商売柄、きしゅと打つと騎手が真っ先に出てきて変換に手間取る。)
 1990年代から2000年代初頭までは、新型機種が出るとすぐに替えていた。毎年のように。つまりその時期は私にとって携帯電話は最新のモバイルギアとして価値を持っていた。まだそんなに普及していなかったし、90年代は周囲の友人知人でも持っているひとはほとんどいなかった。

 やがて一気に普及し、電車の中でアンチャンネーチャンが携帯電話で声高にしゃべり社会問題になるようになる。あれはイヤだった。あのころから携帯電話を使わないようになって行く。アンチャンネーチャンと書いたら「おっさんおばさんも多かったぞ」と抗議が来るか。非礼なひとに世代は関係ない。
 電車の中での通話が消えたのは、マナーを護る日本人のえらさ、というよりメールの普及だった。一気にメールの時代になり通話は減った。ほっとした。電車の中の光景は、一気にメール打ちになった。これみよがしにしゃべりまくるのを耳にするよりは遥かに気楽だった。



 以降私は気分としてアンチ携帯電話になり、所持は続けたが、凝らないようになった。
 先日、西東京で中央線に乗ったら、1車両の中で、全員が携帯電話を見詰めていたので気持ち悪くなり、降りてしまった。若者ばかりではない。老若男女そろってそれだったのだ。仕込でやっている撮影現場のような異様さだった。その後、都心の山手線に乗ったら、そんなひとばかりではないので安心した。文庫本を読んでいるひともいれば居眠りしているひともいた。やはり洗練されている地域はそれ一色にはならないようだ。

 そういうことを危ういと思う気持ちがあるなら、冷静に、客観的に周囲を見るといい。電車の中で誰もが手元の携帯電話を見ている光景は気味悪いものだ。そういう感覚を持てば、電車に乗った瞬間にスマートフォンを開くことはやめるだろうし、仕事中にくだらんツイートをすることもなくなるだろう。

 昨日、自転車で走っていたら、スマートフォンを見ながら歩いているおばさん(たぶん40代)とぶつかりそうになった。もちろんむこうがわるい。そんなときに声を出すことなどほとんどないのだが、思わず「前を見て歩けよ」と口にしてしまった。おばさんに鬼のような顔で睨みつけられた。



 携帯電話機を捨てるというのはなんだか申し訳ない気がして、歴代の機種をずっと持っている。歴代のそれを見るとデザインの変化がよくわかる。
 捨てられないのには、電話番号が漏れるのではないかという心配もある。そんなこともないのだろうが、すこし気になる。なら破壊すればいいのだが、それが出来ない。まあパソコン用小物収納引きだしでさほど場所を取るわけでもない。もうすこし溜めてみよう。蒐集癖がないから偶然のこういうものがそれなりにたのしい。



 2006年末に今のにして、それからはもう完全に「電話をする道具」と割り切ったので機種交換もやめた。する必要がなかった。
 携帯電話もろくに使いこなせないオヤジと思われるとすこし悔しいので書いておくと、私はすでに90年代にモバイルパソコンに携帯電話を接続して自分のホームページ(当時はそう言っていた。ブログはまだない)にアップしたりしている。 ただし正確に言うと、茨城から石川まで走り、その途中経過をアップしようとしたのだが、長野を始め山岳地帯では当時の携帯電話は電波が通じず、実際は当時出はじめた下部にコネクションのあるグレー電話からのアップだった。

 しかしまた一面において、私が「携帯電話もろくに使いこなせないオヤジ」になってしまったのも事実で、その後出てきたQRコードあたりから私は時代に遅れて行く。2008年ぐらいだったか、インターネットをやっていても、やたら「QRコードを読みこんでウンヌン」というのが増えてきた。それは「インターネットから申しこむか、携帯電話なら、このQRコードを読みこんで」という二者択一だから、私がそれをする必要に迫られることはなかったが、知っていた方が良かろうと、ある日の飲み会で旧知の若者(といっても30になっていたか)にそのやりかたを問うた。そのときの彼のこちらをコバカにしたような表情はいまも覚えている。附属カメラを接写モードにしてという簡単なことなのだが、必要がなかったから私はそれを知らなかった。あのときの彼の表情を見て、自分は他者にあのような表情はしないようにしようと誓った。

 その後もそういう失礼な若者には何人か遭っている。こちらが携帯電話を「電話するだけの道具」と言うと、それだけでもうその種の機械を使いこなせない化石オヤジと見下してしまうらしい。あんたの産まれる前からパソコンいじってるんだけどね、と腹の中でつぶやく。
 今回の機種変更の応対をしたやたら付け睫毛の長いオネーサンもそうで、ケータイを電話機としてしか使えない化石オヤジに一所懸命説明していた。でも機種の説明や料金をiPadを利用しながらするので、すこしばかりiPadについて質問したら、しどろもどろだった。仕事用に最低限のことを教えられているだけで、実際はなにも知らないらしい。奧からもっと詳しい男が駆けつけてきて交代した。けっこうわらった。

 若者に見下されても、私には反撥できるだけのものがあるからいいけど、実際に化石オヤジのひとは、小僧っ子にそんな態度を取られて悔しいだろうなあ。そんな日は居酒屋で飲んで愚痴るのか。「コンピューターがなんだあ、なあにがスマートフォンだ、電話機は電話するためにあるんだあ」とかなんとか。



 私が人前では口に出来ない恥ずかしいことに、ソフトバンク使用がある。私が契約したのはJ-Phoneなのだが、それがフランスのVodafoneになり、またまた今度は朝鮮のソフトバンクになってしまった。あの日本人の男を犬にしたCMを流している孫正義率いる反日クソ会社である。 

 今回、他社にしようと思って出かけたのだが、乗りかえに金が掛かることを知った。それも半端ではない。会社を替えるだけで1万円弱の金が発生するという。それをソフトバンクに払う。その他の手続もあり総額15000円ぐらいはかかるらしい。阿漕なことをしやがる。(いま「あこぎ」を変換したら、音楽用に辞書登録してある「A・ギター」が最初に出てきた。)
 しかし「特別期間」とかがあるらしく、私の場合は「2014年11月1日から30日まで」に手続をすると、その1万円弱が無料になり、番号ポータビリティとかで今の番号を引き継ぐ経費とか、5千円程度で出来るという。これを逃がすと、いきなり2年後の「2016年11月」まで出来なくなるのだとか。なんなんだこの2年に1ヵ月訪れる無料月間は。ともあれ忘れずにそのときに会社を替えよう。来年の11月だな。



 店を出て、手にしたあたらしい電話機を開いたら、待受け画面が、あのイヌコロになっていた。屈辱で顔が熱くなった。まだ買ったばかりで使いかたもよく解らん。急いで店に戻り、待受け画面を替えてくれと先程応対したネーチャンに頼む。「おとうさん、嫌いなんですかぁ」と間延びした口調で言われたので張り倒してやろうかと思った。あのイヌコロを「おとうさん」と呼ぶのが通例らしい。

 帰宅して、すこしいじっていたら、絵文字や、flash動画? そんなのもイヌコロだらけ。あちらはあちらで「ソフトバンクの携帯にすると、あの犬のおとうさんがついてきます」を売りにしているらしい。削除しまくる。疲れた。とにかく全部消した。私の電話機の中にあのイヌコロはいない。
 2014年11月まで待っていられない。金を作って早く会社を替えよう。金を作る。馬券。
 いつもこうして、馬券さえ買わなければ……という人生を送ってきた。おとなしく2014年11月まで待つか。いや待てん。なんとかせねば。

---------------

【追記】──ワンセグが愉しい

 以前のは最高機種だったので、あれこれ附いていた。ワンセグの画面も縦型横型回転で切り替えられた。今度のは安い普及型なのでおそろしくシンプル。クラウンデラックスからカローラスタンダードになった気分。(←たぶんこの比喩もかなりズレている。)音量を変えるボタンもない。earphoneを挿れる穴もない。ん? 「防水機能」、ああそれじゃなにもないはずだ。

 それでもワンセグの映りが前よりもずっといい。前の機種はアンテナが附いていて、それの方向を変えたりして映りを調整した。今度のはアンテナはないがきれいに映る。
 それでここのところ以前の習慣だった6時前後にみのもんたを観る、というのをやっている。テレビを点けるほどではないし、デスクトップ機で作業中、ちょうどいい。3時から作業していると、ちょうどこのあたりで一息入れたくなる。

 あまりに世情に興味がないので、それでもまずいかと観てみるのだが、結果はくだらんなあと10分も見ずに消すことになる。世の中、ますますくだらんことになっているようだ。それでもこれでなんとなく世間の話題を知った気分になり、安心したりする。
関連記事
  1. 2013/08/24(土) 08:19:12|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小物話──中国で作ったメガネ──中国物価考 | ホーム | 世相話──Amazon中毒──なりたくてもなれないひともいる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1067-f7343f0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する