携帯電話料金10万円──もうすぐ携帯電話が止まる話①──J-Phoneのころ

 あと数日で携帯電話が止まる。しばらく経験していないので定かではないが、たぶんそれぐらいだろう。
 その経緯を自省を込めて書いておきたい。


●携帯電話料金の思い出
 
 私が携帯電話を使いはじめたのはJ-Phone創業の年からである。何年になるのだろう。理由は明解だ。私は選択肢のない国営企業のみという状況が嫌いだから、携帯電話には興味津々だったがNTTしかない時代には手を出さなかった。待望の民間企業(まあNTTも建前は民間企業だが)の携帯電話が発売になったので関わった。

 もしも電気会社を選べる時代が来たら絶対に東京電力は使わない。さんざん止められていじめられたから(それはまあ料金を滞納するこちらがわるいのだけど)NTTや東電に対する怨みは深い。
 携帯電話は、たぶん1995年ぐらいから使い始めたのだろう。それから2005年ぐらいまで毎月の携帯電話料金は2万円から3万円ぐらいだった。愛用していたから、ほどよい使用料金だった。ただし90年代はまだ地方に行ったらほとんど使いものにならなかった。


keitai3 アジアにおいて、2000年ぐらいから一気に携帯電話は便利になった。いわゆるローミングサービスを利用するより、あちらで買った方が安くて手早い。私はあちらで携帯電話を買い、向こうのものはローミングなんて関係なくそのまま国際電話として使えたから、その番号を日本の編集者に伝えて、それに掛けてもらって通話した。使い捨て感覚である。

 写真は当時のタイで買った携帯電話機。これを15000円ぐらいで買い、プリペイドの1万円分ぐらいのチップを挿れておくと、1ヵ月ぐらい気持ちよく使えた。

※ 

 
y-munbaba
 しかしまだまだ歪んでいた時代でもある。
 写真のような、支那の山奥の見わたす限り山ばかりの泥道で、民族衣装を着た少数民族の老婆が懐から携帯電話を取りだして通話を始めるような珍現象が起きた。

 広大な支那では電話線を引くのがたいへんで、電話の普及が遅れていた。そこにこのテクノロジーである。無線通信が異常な速さで普及した。 その老婆のように、普通の家族用電話(有線電話)を一度も使ったことがないのに、いきなり個人の携帯電話を保持するような珍妙な事象が連続したのである。

 ただしこれは悪徳企業?が安い電話機(その分、電話賃が高い)を無理矢理押しつけ、無智な人々がなにもわからないまま購入してしまったような一面があり、その後料金が払えないという揉め事が続出した。
 
DSCF0205 悪徳企業と言ったら気の毒か。彼らもあたらしい商売なので読めなかったのだ。とにかくもう山奥の田舎町にも携帯電話屋があふれていた。機器を安く誰でもいいから売りまくり、電話料金で儲けるシステムだったが、貧しい山岳民族に高額の電話料金が払えるはずもなく、徴収できず倒産したところも多いはずだ。そういう民族の中には、ただみたいな値段で電話機が購入できるので勧められるまま買ったが、考えてみたら電話を掛ける相手がいないという笑い話みたいなことも起きていた。



 一方で、こういう地でファクスを使うひとなどめったにいないので、中級以上のホテルには一応機械はあったが、おそろしく古く遅い機械で、日本へのファクス一枚送信に5千円も取られたりした。原稿料がファクス代金で消えてしまう。
 ボっているのではない。旧型機械なので原稿読込みがとんでもなく遅く、それだけ電話賃(通話時間)がかかってしまうのである。


 ADSLからブロードバンドの普及により、在宅仕事である私の携帯電話への依存度は急撃に減った。2005年には普通電話を撤廃した。
 2008年ぐらいからは毎月5千円もかからない。まず使わない。今もガラケーであり、ここのところ3千円から5千円で安定している。普段は3千円だ。たまに都心に出たとき、あちこちに掛けたりして、その月は5千円になる。
 私がスマホを使わないのは必要ないからであるが、もしもガラケーと同じ料金だったら、あたらしいモノ好きであるから、きっと手を出した。さすがに、使わないと分かっている物によけいな金を使う元気はなくなってきた。私はもうまったく使わなくなっているのに、『一太郎』等の「使い慣れたソフト」をニューバージョンが出るたびに惰性というのか習慣病と呼ぶのか、買い続けてきた。そういう無駄からやっと卒業しつつある。

「いまの私の携帯電話料金は3千円から5千円以下で安定している」が「もうすぐ携帯電話が止まる話」の前提の一になる。(続く)
関連記事
  1. 2013/07/30(火) 11:00:37|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<携帯電話料金10万円──もうすぐ止まる話(続き) | ホーム | 生活雑記──ひさしぶりのニュー新橋ビル──様変わりに驚嘆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1060-7601c069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する