スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

週刊誌話──男性週刊誌部数激減──週刊朝日廃刊間近!?──ハシシタ問題

かつて全盛を誇った男性週刊誌の衰亡ぶりは凄まじい。2000年下期(6月~12月)と2012年下期を比較してみると、主要週刊誌6誌(ポスト、現代、文春、新潮、朝日、毎日)だけで、実売が総計285万部から177万部まで実に「108万部」も減らしている(37・8%減)。

具体的に見てみると、
週刊ポストが65万7000部から31万8000部へ、
週刊現代が64万3000部から42万4000部へ、
週刊文春が63万部から48万部へ、
週刊新潮が50万6000部から36万5000部へ、
週刊朝日が30万9000部から13万部へ、
サンデー毎日が10万8000部から6万部へ、という具合だ。

週刊誌の時代は終わったのか──門田隆将」

---------------

 なるほどなあ、こんなに落ちているんだ。
 一時100万部を越えていた光文社の「週刊宝石」は、まだ50万部ぐらい売れているのに先は暗いとばかりに当時のトップの判断で休刊になった。先見の明と言えるのだろうか。いま実売で50万部売れている男性週刊誌はないし、中身のないあの週刊誌は間違いなく先細りだったろうから、あそこでの決断はやはり先見の明か。

 「週刊宝石の休刊ていつだっけ」と調べて、2001年1月と知る。同じ光文社の写真週刊誌「Flash」も一緒だった。休刊になった日をよく覚えている。最後の一冊だからと買ったっけ。あれから12年も経つのか。
 ということは、ああいうものを読むのは二十歳過ぎだろうから、「週刊宝石というものがあったことを知らない三十代男性」がいっぱいいることになる。私にはなんとも不思議な感覚だ。

 週刊宝石について、Wikipediaには「一貫して反権力の姿勢を貫いた」とかっこよく書いてあるが、その他検索して行くと、当時記者として関わっていたひとたちが、取材費を好きなだけ使わせてくれた時代に感謝しつつも、「内容のないくだらん週刊誌だった」と書いているのが嗤えた。たしかにまあ記憶に残る企劃は「処女捜し」と「あなたのおっぱい見せてくれませんか」だったからなあ。
「反権力」ってのはポーズだ。売るための。いま『日刊ゲンダイ』がさかんにやっている。
 1981年創刊2001年休刊は、真ん中にバブルを挟んで、いい時代に存在したってことか。なんだか私の「愉しかった時代」と合致してる(笑)。



asahihatoyama「サンデー毎日」の6万部ってのは週刊誌としてはもうとうのむかしにデッドラインを越えている。未だに出しているのは老舗新聞社の意地(笑)なのだろうか。受験偏重を批判しつつ「有名大学合格高校一覧」を唯一の売りにしているあのくだらん週刊誌が休刊になるのももうすぐだ。

 そのあとはアサヒ。こちらももう出版に意味はないが、「朝日ジャーナル」が廃刊になり、いまはこれしかないから(隔週刊の『AERA』があるが)これまた意地でも廃刊には出来ないのか。



asahikan 民主党勝利の際は鳩山や菅の凛々しい表情を取りあげた美麗な表紙にして、自民党に関しては安倍や麻生の顔に文字を被せた無礼で下品な表紙にする偏向週刊誌である。
 なにをどう考えたら、安倍や麻生の顔に文字を被せる失礼が思いつくのだろう。理解不可能だ。いかに下種で心の腐った連中が作っているかがよく見える。まともな人間性があったら、こんなことは出来ない。

 佐野眞一という盗作作家を起用した、あの下劣な内容の「ハシシタ問題」も記憶にあたらしい。赤っ恥を掻いただけの醜態だった。
 左の表紙写真を見て欲しい。民主党に対する2枚、自民党に対する2枚、いかにちがうことか。こんなことをしている新聞社が〝日本のクオリティペーパー〟なんぞであるはずがない。一日も早く廃刊になることを願う。

asahiabe 雁屋哲というサヨクが、あの「ハシシタ問題」に関して、橋下市長は立腹することなく、あれをきっかけに部落差別問題に取り組むことによって、のようなイカれたことを書いていた。

 差別問題以前に、あの記事で問われるのは、「はしもと」と名乗っているひとを、あえて「ハシシタ」とカタカナのタイトルにまでして書いたあまりに下種な文章にまず問題がある。そのことに触れず自分に都合のいい部分だけを取りあげて正論のようなことを言うのもこの種のサヨクの特徴だ。雁屋のこのブログ文も、橋下の心の痛みなどまったく理解せず自己流の正論だけを主張するサヨクの狡さがよく出ている。

asahiasou もっともあの「ハシシタ問題」は、盗作作家の佐野眞一というゴミを抹殺する効果があったから、それはそれで認めてやるべきか。

 それにしても下劣だった。惘れた。どれほど惘れたかと言えば、あれほど興味ある事件だったのに、私はここに書いていない。ツイッターで、この記事を全文写真でアップしてくれたひとを紹介し、こんな週刊誌は買う必要はないが、この文だけは読んでおいて欲しいと流しただけだった。惘れすぎて書く気にすらならなかった。アサヒが下衆であることは知っていたが、まさかここまでとは思わなかった。それほど愕きかつ惘れた。

asahihashishita アサヒは、大嫌いな橋下を潰しに掛かるのなら、だからこそ冷静に品良く迫るべきだろうに、元々の下劣な品性が丸だしだった。ふだんは上品を装っているが、興奮して本性が出たのだ。その意味では、橋下市長は不愉快だったろうが、アサヒの品性を世に知らしめた点で、価値あるものだったとは言える。あれで廃刊にならなきゃウソだよな。

 そういやこの表紙、いちばん上に「一生ボケない脳はこう作る!」とある。こんな特集をやる週刊誌の脳がもうボケていたのだから嗤える。

 下の見出しで「ハシシタは衆愚の王か」と謳っているが、「衆愚の王」は衆愚にクオリティペーパー、オピニオンリーダーと思われ購読されているアサヒシンブンだろう(笑)。

 ま、もうすぐ採算割れになるだろう。一日も早くこのクソ週刊誌が廃刊になることを願う。



 「週刊金曜日」(正しく隔週刊だけど)は実数どれぐらい出ているのだろう。採算は取れているのか。でもああいうサヨク週刊誌は図書館がしっかり応援しているから案外固定部数と郵送で買う固定読者で安泰なのか。共産党が新聞赤旗の売りあげで資金があるように。
 役所の図書係ってのはどうしてあんなにサヨクばかりなのだろう。安易に安定した公務員の道を選んだ心情サヨクってことではわかりやすいが。



 週刊現代の発行部数は、
1959年創刊号は35万部、
1967年には100万部を突破、
1973年に130万部を発行、
1995年に150万部を発行して、
 いま上記のように42万部らしい。100万部突破のいい夢を見て、いま原点に戻ったってことか。

 週刊誌の衰頽というより、下品な覗き趣味の写真週刊誌「Focus」なんてのが週に200万部も売れていた時代のほうが狂っている。毎日のように週刊誌を買っていたが写真週刊誌というのは買ったことがない。思えば、私の「週刊誌卒業」は写真週刊誌の覗き趣味、写真の暴力にうんざりしたのがきっかけだったかもしれない。

「たけしのFriday襲撃事件のころ」に続く。
関連記事
  1. 2013/05/03(金) 13:07:40|
  2. 週刊誌
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<週刊誌話──「たけしFriday襲撃事件」のころ──部数衰頽原因は不景気!? | ホーム | 皇太子妃殿下、オランダで御両親と面会──そうだったのですか……>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1029-0263a6d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。