モザイク今昔──むかしNHK、いま民放──隠されると覗きたくなるこちらの心理

テレビにおける商品名のモザイクの話。
むか~し、NHKが頑なに隠していた。
NHK教育テレビの子供番組。実験。電池が出る。誰が見ても一目で判るナショナルHi-Top。ベストセラー。独自のデザイン。

hitop


その商品名、会社名が黒マジックで消されている。今のようなモザイクなんて洒落たものはない。いや〝モザイク〟が洒落ているかどうかは別問題として、とにかく、無骨に黒マジックでそこだけ塗り潰されていた。
どうせなら全体を真っ黒に塗り潰してくれるといいのだが、消されているのはそこだけで、あの赤と銀のデザインでナショナルHi-Topと判るものだから、その半端な消し具合を不可解に感じたものだった。

キリンビールなんかもそう。

kirin

この有名なラベルから名前の部分だけ黒く塗り潰している。でも誰だってキリンビールだとわかる。どうせやるならラベルを全部剥がしてビンだけにすればいいのにと思った。



その点、民放は緩やかだった。もちろんトヨタがスポンサーの番組では主役はトヨタのクルマに乗った。「平四郎危機一発」で平四郎が乗るのはロータリーエンジン。スポンサーはもちろんマツダ。東芝がスポンサーの番組では、お茶の間にあるのは東芝のテレビだった。

当時から日本の財閥系資本は確立していたし、そういうこだわりはあったが、主人公がスポンサーであるトヨタや東芝と系列のちがうビール会社のビールを飲んだり、ましてスポーツ新聞とか競馬新聞なんてどうでもいい小物に関してはフリーパスのような状態だった。

それは自然だったと思う。自動車会社がスポンサーの番組で資本系列のちがうナショナル乾電池が映ったとしても、それこそライバルの東芝や日立がスポンサーの番組でもない限り、意識的に消す必要はなかったろう。松下電器と無縁のテレビ局なんてありえなかったし。古き良きおおらかな時代だ。

だが、NHKの執拗なそういうこだわりを見て育ってきた私は、「NHKこそが公共放送として、メーカーにこだわらず、ブランド名を出していいのではないか」。むしろ民放こそが「資本系列にこだわって隠すのが正解なのではないか」と思ったりもした。



NHKは日本の国営放送であるからどうでもいいのである。国営放送のもとでは全民間企業が平等だ。開けっ広げでいいのだ。だからたとえばドラマの中で、ナショナルの乾電池を映したとしても、主役がサッポロビールを飲んだとしても、次回の放送では、今度は東芝の乾電池にして、キリンビールを飲めばいい。そういうことにこだわらないのが国営放送の基本、おおらかさなのではないか、と思えてきた。

一方、民放は民放である。営利企業なのだから、それには思いっ切りこだわったほうがいい。
たとえば「ふようグループ」で言うなら、自分達のスポンサードした番組には「全面的にふようグループ色」を出す。グループ以外を拒む。
日産自動車提供のドラマ番組なら、登場する乗物がニッサンであるのはもちろん、小物としての飲物も系列のサッポロビールで統一する。金欠の主人公が金を下ろしに飛びこむのはもちろんみずほだし、アパートで喰うカップラーメンは日清。ラップもクレラップ。冗談のように一瞬映る小物のコンドームもオカモト。街角のロケで、他社のクルマや飲物の自動販売機が映るシーンでは、それにモザイクをかけて消す。そういう徹底が民放だ。NHKは映す。民放は消す。それこそがNHKらしさ、民放らしさなのではないか!?
 そんなことを思うようになっていた。



ふと気づくと時代はそうなっていた。NHKが開けっ広げ。民放がモザイクの時代。
予想していたのだから、先見の明と誇るべきなのだが……。

民放夕方のニュース番組。
大震災被災地を芸能人が訪ねる。
被災から立ち直って再開した居酒屋の話。
「なんとか、またがんばって、再開できました」にほろりとする。

が、客の飲むびんビールラベルにモザイクがかかっている。艶消し。でもサッポロ黒ラベルだなと判ったりする。
もちろんスポンサーはビール会社ではない。なぜここでビールラベルにモザイクがかかるのか。そのビール会社とは資本系列のちがうスポンサーだからか。それとも一貫してスポンサーではない商品名は隠すようにしたのか。そういう気配り。
もう民放はそういう「気遣い」の時代のようだ。

そうなるのが当然と思っていたが、なったらなったで、また複雑な思いである。
変らない真実は、むかしの塗り潰し、いまのモザイクを見ると、「この商品はなんだ!?」と注目してしまうことだ。それがなければべつに気にならないのだけれど。スカートのチラリズムと同じ原理か。

---------------

【附記】──フジテレビの競馬新聞

フジテレビのドラマに競馬のシーンが登場するとき、競馬新聞は必ず「競馬エイト」である。この徹底ぶりはなかなかだ(笑)。「GTO」「やまとなでしこ」、このあたりの細かな場面でもしっかり徹底している。これは「スポンサー様」とはまた別に、発刊がフジサンケイグループという「身内意識」からなのだろう。苦笑するほど、「競馬新聞はエイト」に撤している。まあこれなんかはほほえましい話だ。



【附記.2】──へんなところにリンクが(笑)──2013/4/27

一年以上前に書いた地味なテーマのこの文に妙にアクセスがある。地味ではあるが好きなテーマだから、本人としてはうれしい。でもなぜなんだろうと思って調べてみた。そして原因がわかった。それをここに書きました。
関連記事
  1. 2012/03/06(火) 10:08:57|
  2. 世相
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名古屋と南京──河村市長の覚悟を問う | ホーム | 佐川急便の問題点──ガラパゴス速報「佐川が嫌がらせしてきた」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1022-8b6db0fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する