スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログ話──ブログパーツ「人気記事」を削除──メール返事をまだ書いてないかたへお詫びをかねて


 きのう、ここ半年ほど右側の欄に表示していた「ブログパーツ人気記事」を削除しました。以下、本人にしか関係のないどうでもいい話なのですが、備忘録のつもりで書いておきます。


 このライブドアブログのブログパーツというのに、アクセス数を統計して読者の多い順に並べてくれる「人気記事」というものがあると知り、設置したのは去年の11月でした。と書くと覚えているようですが、記憶はいいかげんで、いま調べてわかったのですが。
 この「ブログパーツ人気記事」は、どういうアクセス数で順位を決めるのか設定が出来るのでした。私は最もオーソドックスらしい「当日+6日」というのを選びました。一週間の統計ですね。

 なんということなく始めた思いつきだったのですが、1ヵ月後にうれしいことに出逢います。
 それは「ブログを読んでくださるかたへの感謝──引っ張りだしてくれてありがとう」と題して書きました。


 
 ずいぶんと前に書いた文が、どなたかによって引っ張りだされ、「人気記事」にランクインするのは、とてもうれしいことでした。
 それまでにも自分のブログの「人気記事」は確認できました。ブログ文を書くホームにそれが表示されています。だいたいにおいて「人気記事」の上位になるのは、高名な政治家のこととか世間的な事件とか、タイトルが耳目を集めるものでした。まあ、そりゃ当然ですね。見知らぬひとはみな検索で来るのですから。
 その順位は、綜合的なアクセス数と同時に、どの記事にアクセスが集中しているか表示されているのでわかります。何を書けばアクセスが増えるかもわかっています。目立たないよう、なるべくそんなネタは書かないようにしています。

 しかしその「人気順位」で確認できるのは「上位5つ」だけなのですね。大雑把でした。そこに表示される上位5つはさんざん見なれたそういうテーマのものばかりでしたから、その「人気記事」の順位は、私には興味のないことでした。
 ところが思いつきでやったこの「ブログパーツ人気記事」というのは、それとはちがい20位まで出ます。すると、19位あたりに、「いつ書いたかはもう忘れたけど、心を込めて書いたもの。地味なテーマだけど自分でも気に入っている文」がランクインしているのです。あれはうれしかった。いま思い出してもほのぼのとします。


 このままその「ほのぼのとした気持ち」を書いていたら果てしなく長くなるので先を急ぎます。この辺のことは右の「カテゴリー別アーカイブ」の「ブログ」にまとめてありますので、興味のあるかたは(そんなひとはいないと思うけど)読んでください。
 
 そのうれしかったことに「将棋ネタがランクイン」がありました。それはNHK杯戦の羽生対山崎のことを書いた「ひさびさに見た才能の将棋」というものでした。これがランクインしたことがきっかけで、次々と将棋文章がほじくりだされ、ランクインします。
 このブログの中でも不人気のコンテンツである「将棋」が次々とランクインすることがうれしく、思わず私は「もう将棋専用ブログにしようか」などとはしゃいで書いています。 

 そこに世間的にも大きな話題となった「電王戦」が開催されます。これのすばらしい点は、ニコ生による完全中継があったことと、全5戦が「毎週土曜日」と決まっていたことでしょう。他の棋戦は、日附も曜日も様々です。全国を転戦します。それと比すと、この「毎週土曜日」は強烈でした。定期番組を見るように「毎週土曜日」を待つことが出来ます。そして、朝に始まり、夜には決着する一日制です。毎週40万人ものひとが視聴し、私もそれを見ては感想を書きました。

※ 

 ここまできて「ブログパーツ人気記事を削除した理由」にやっとたどり着きます。今までは長い前振りでした。ここからが本題。
 
 電王戦の影響により、私の人気記事20の内のほとんどが「将棋文」になってしまいました。冗談で言った「将棋専用ブログにしようか」がほんとに実現してしまったことになります。
 それは冗談ではあれそう望んでいたのだからうれしいことではありますが、同時にまた様々なことを書いているのに、将棋だけがずらりと並ぶのは、実現したらしたで、ものさびしいことでもありました。 

 まあ一過性のものであり、電王戦の昂揚感が治まるとともにまたもとのように戻るとは思いますが、ともあれ、いつしか「人気記事20」の内、14を将棋記事が占めるようになったので、「ブログパーツ人気記事」を削除することにしました。1が2になり、4になり、8になりと増えて来ました。このままだとまず間違いなく18ぐらいまではゆくでしょう。それはあまりかっこいいものではありません。将棋好き以外は引いてしまう光景です。


 ブログの人気記事が将棋ばかりになり、「人気記事ランキング」は意味がないから削除した、が表の理由なら、裏の理由はたくさんのメールをもらったことになります。

 電王戦による将棋記事の人気上昇で、かつてないほど多くのメールをもらいました。私は戴いたメールには必ず返事を書くことを旨としています。さらに、待たせることなく、その日のうちに返事を書くことを心懸けています。見知らぬひとに思いきってメールを書いたら、誰だって返事が気になると思うからです。
 しかし今回の電王戦ブームによるメールは多すぎました。いまだ返事を書いてないかたが何十人もいる状態です。

 と、もらったメールに返事を書いてないひとが何十人もいるという無礼を平然と書くと人間性を疑われそうですが、一応最低限の礼儀は護っています。メールを戴いたその日に「必ずきちんとした返事を書きます。いま時間がありません。もうすこしお待ちください」という返事はすぐに全員に書いているからです。私はそういうことに関して極めて誠実な人間です(笑)。
 
 そしてまた趣旨として、私は「長文のメールをくれたかたには、それを越える長文のメールで返事する」を心懸けています。私を褒めてくれたかたにはその倍褒め返すことにしています。当然ですがわざわざ書いてくれるメールは褒めてくれるものばかりですから、褒め返しもたいへんです(笑)。その自分に課したノルマがあまりにきつく、毎日ひとつひとつせっせとこなしてきましたが、未だ何十人ものひとに返事が滞ることになってしまいました。かつてないことなのでかなり焦っています。


 将棋好きというのは知性的なかたが多いのか、じつにもうすばらしい内容の長文メールが多く、そのテーマに完璧に応えるには、いまの私には時間が足りません。
 
 たとえば「ゴキゲン中飛車と超速3七銀」に凝っているひとが、自分の意見を書き、私の意見を求めてきます。しかし私の対中飛車戦法は「4六金戦法」ですからねえ(笑)。今どきもう加藤一二三九段でも指さないという。そんな戦法、メールをくれた若いひとは知りません。
 
 せっかく意見を求めてくれたのだから、私の考えを書きます。でもそこに行くまでに、話の流れとして「4六金戦法」のことも書かねばなりません。当然私の対振り飛車の主要戦法である、これまた今じゃ古色蒼然の「5七銀左」にも触れねばなりません。するともう毎日メールの返事書きばかりになってしまいます。しかもそれなりに高度な将棋論の展開ですから気を抜けません。そしてそれを気に入ったかたはすぐに次のメールをくれます。これも充実しているので返事を書かねばなりません。

 ふと、いま思ったのですが、「私の将棋戦法史」のようなのを書いておき、貼りつけるようにするといいかもしれません。あるいはそれをブログにアップしておき、そこを読んでくださいにするのもいいかも。でも、自分のへたくそな将棋の戦法変遷史を書くってのも問題あるか。ブログには出来ない。サイトにまとめておくか。
 とにかくひとりひとり、相手の趣味に合わせてこちらの事情を説明するのはたいへんでした。 

 このまま「人気記事」に電王戦関係の将棋ネタがずらりと並び、将棋専用ブログとして、これからも多くの将棋ファンにメールをもらい続けたら、私の生活は破綻してしまいそうです。返事を書かねばならないからです。「もらったメールにはきちんと返事を書く」というのは、私のひととしての基本姿勢です。返事を書かないことは、返事の来ないひとも不快でしょうが、私にも「おれはまだあの人に返事を書いていない」と四六時中自分を責めたてるつらいことでもあります。


 というわけで、「ブログパーツ人気記事」を削除したのは、将棋に偏ったブログの形をすこし直すこと、将棋ファンから戴くメールを減らすこと、が目的です。「ブログパーツ人気記事」がなくなれば、このブログでいま圧倒的人気を集めているのが将棋ネタだというのが隠れますから、自然にメールを戴く機会も減ると思っています。メールというのは、もらって返事を書いて、それで終りではありません。そこから延々と続いて行くものです。もう限界になってしまいました。

 キャパで言うなら、私のメル友容量は20人程度です。なにしろ長文のやりとりですから、これでもう精一杯です。それがいきなり100人ぐらいに増えたのですから悲鳴も挙がります。
 TopPageでお断りしてあるように、私は正体不明のメールは読みません。読まずにすべて削除します。一々そんなものまで読んでいたら身が持ちません。それでいてこれだけの数ですから、いかに礼儀正しい正規のメールが多かったことか。

※ 

 こんなどうでもいいこと、内輪話をなぜ書いたかというと、昨日「ブログパーツ人気記事」を削除したら、早くももう今日、「なにがあったのですか」と複数のかたからメールをもらったからです。これは早く書かねばと焦りました。理由は以上のようなことになります。

 あらためて、まだ返事を書いていないかた、もうすこしお待ちください。必ず書きます。
関連記事
  1. 2013/04/26(金) 21:17:44|
  2. ブログ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「パソコン話──フロッピーディスクの保存限界──古い原稿全滅の悲嘆」に、「スキャン原稿で復活──スキャナー思い出話」を【追記】 | ホーム | 将棋話──渡辺竜王が棋聖戦挑戦者に!──史上初、三冠同士の戦い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://moneslife.blog.fc2.com/tb.php/1019-ff6c3405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。