スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「岳 みんなの山」の感想──三歩はエベレストで死なねばならなかったのか!?──「Blue Giant」讃歌

 ひさしぶりにブログを書き、人気記事のランキングを見たら下のほうに「岳 みんなの山──石塚真一」が入っていた。2012年3月に書いている。マンガ大賞を受賞した傑作全18巻の感想というには羊頭狗肉の半端な文だ。ずっと気にしていた。急いで書き足すことにする。



gaku5

 Wikipediaからの基本情報
『岳 みんなの山』(がく みんなのやま)は、石塚真一による、山岳救助を題材とした漫画作品。なお、単行本での題は『岳』である。
『ビッグコミックオリジナル』2003年19号に初掲載された。その後、同誌および『ビッグコミックオリジナル増刊』にて不定期連載を開始し、2007年7月からは『ビッグコミックオリジナル』に毎号連載となり、2012年12号で完結した。
マンガ大賞2008、第54回(平成20年度)小学館漫画賞一般向け部門、第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞[1]を受賞している。
実写映画化され、2011年5月に公開されている。

 私が『岳』を読んだのは、連載修了後の2012年だった。オリジナル連載時から知ってはいたが、登山に興味がないこともあって立ち読みすらしなかった。それを〝おとな買い〟までして読んだのは、世間の評価が高かったからである。いわば俗なベストセラー読みと変らない。とはいえおとな買いは財布が傷むので充分に慎重ではあった。
 同時期にレンタルビデオで小栗旬主演の映画版も見ている。感想は……なにも覚えていないからその程度なのだろう。ひとつだけ、私は長澤まさみという女優に興味はないが、この役は原作のイメージと合っているように感じた。原作重視主義の私には大事なことだ。

※ 

 2012年3月に書いた上記のブログ文は、「『岳』を全巻揃えた。これから読む。楽しみだ。いま第1巻を読みおえたところ。泣いた。いい話だ。これから愉しみに読もう」である。これじゃ感想になっていない。『岳』のファンが、同好の士を探してたどり着いたとしたら、はなはだ落胆したことだろう。もうしわけない。そのことを気にしていた。

 あのあと完読し、さらには〝自炊〟してファイルにした。つい先日からASUS MeMO Padにいれて、出先や電車の中で再読している。登山家・山野井泰史さん夫妻が住んでいる奥多摩に関わって山と渓流を意識したことも関係あろう。



 完読したのだから、半端なブログ文のままほっておかず、その後に感想文を書きたしておくべきだった。そういう形で完了させたテーマも多い。口はばったいが私なりのブログに対する責任感である。なら、『岳』に関してなぜしなかったのか。

 それはいまここを読んでいる『岳』ファンからも多くの同意を得られると信ずるが、私は「第15巻の三歩がヒマラヤに行き、死ぬという結末が見えてきたあたりから読むのが苦痛になってしまったから」である。一旦そこでやめた。



saibaragaryoku5


 作者は多くの山好きを作品中で死なせてきた。落ちとして三歩を殺さねばならなかったのかも知れない。あの種の作品は「編輯者とともに創るもの」でもあるから、そちらからの意見もあったのか。西原理恵子の「人生画力対決」で、「本当はJazzマンガを書きたい」と、かなり『岳』に行きづまっていることも告白していたから、もうほんとうにどん詰まりだったのだろう。

 「画力対決」に登場する石塚の懊悩を、私はれいによって西原がいつものよう大袈裟に表現しているのだろうと解釈した。しかし考えてみりゃ『岳』は屍累々の作品である。しかも屍は凍死のみならず滑落して手足が折れ壊れたマリオネットのようになっていたり、足が千切れたり、上半身下半身が分かれたり、腐乱死体もあるし、なにより目の前で死んで行く友に何も出来ず、ただ死んで行くのを見ているだけ、のようなつらい場面が多い。いくつの死体が登場したことか。あれを描き続けていたら精神は追い詰められて行くだろう。いや病んでしまうのではないか。

 私がマンガを読むときの最大の楽しみは晩酌の友なのだが、『岳』は下調べをしてから手にした。晩酌しながら読める内容ではないものが多いからだ。
 だからあの結末は、しかたない、しょうがない、のかも知れない。それでも私は三歩の死を受けいれることが出来ず、長いあいだ「15巻の途中」で抛りだしていた。

 意を決して最終刊まで読みきったのは2013年だった。感想は、決してよいものではない。わかってはいたが、いまも納得できない。三歩にはいつも明るく元気に生きていて欲しかった。エベレスト頂上ちかくでの刀折れ矢尽きての凍死が暗示され、その後はいきなり日本の「その後のみんなのエピソード」が描かれ終了となる。なんともやるせない気分だけが残った。なんだかさみしくて、読後、うなだれていた。それは今も変らない。



BlueGiant

 石塚真一さんは、その後以前からの望み通りJazzマンガ「Blue Giant」の連載を始めた。こちらは『岳』のようなおとな買いではなく、出るとすぐ単行本を購入している。連載も毎回読んでいる。これはJazzマンガの最高傑作になるだろう。楽しみだ。音を紙面で顕わすのだからたいへんである。早速もうマンガとコラボしたアルバムが出ているらしい。作中に登場する名曲をコンピしたアルバムだ。

 いまAmazonでそれを確認したら、Sonny Rollins、Dizzy Gillespie、Sonny Clark、Bud PowellとまさしくJazz Giantの名曲が並んでいる。掲載誌はビッグのレギュラーだから読者年齢層は高いが、これをきっかけにJazzを好きになるひとが増えたらうれしい。やがて「始まりはマンガの『Blue Giant』だったんですよ」なんてJazzファンが大勢生まれることだろう。
 このコンピアルバムに収められた曲を全曲保っているのがささやかな自慢(笑)。これからコンピアルバムが2枚、3枚と出ても全曲保っていると自負しているが果たしてどうなるか。



 ASUS MeMO Padで再読を始めた『岳』は、いま第4巻まで読了した。たぶん12巻ぐらいまではすんなり進むが、15巻間近でまた投げてしまうと思う。それが『岳』ファンとして正しいのか誤りなのかはわからない。ただ、まちがいなく私は今回も、そのあたりで投げだして15から18は読まないだろう。結論とも言えない結論だが、これが私の『岳』に対する正直な気持ちになる。
 ともあれこの文を書いてほっとした。いまから2012年の文にリンクを貼り「感想はこちらに書きました」と附記してこよう。

kanren7
「『岳 みんなの山』──石筭真一を読む──麻生太郎のマンガ好き」

『岳』から『ゴルゴ13』──沢木耕太郎の『凍』から山野井泰史の「情熱大陸」
 
スポンサーサイト
  1. 2014/06/22(日) 10:51:33|
  2. 漫画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新報道2001」の朝鮮沈没船特集、都議会女性議員にヤジ──係わりあいたくない世界

 いつものよう午前3時からの作業も一息つき、7時半になったのでテレビを点けた。点けねばよかった。といま悔いている。
 平日朝の「起きたらまずテレビ」の習慣はもうずっと前に卒業したのだが、日曜はフジテレビの「新報道2001」を見ようとするクセがまだ残っている。かつてテレビを見ていた時代、私が最もテレビ番組に接するのは日曜だった。朝の政治番組から始まって、午前の将棋、午後の競馬中継、大相撲中継、夜は「行列」や「洋画劇場」と、日曜はテレビ漬けだった。とはいえ競馬場に通いつめていたので、ほとんどは録画であり、《「報道2001」を見たあと、あれこれ録画予約をして競馬場に出発》が日常だった。それらの録画番組を見るのは月曜以降である。正しくは日曜はテレビばかり見ていたではなく、日曜にはよく見る番組が多かった、か。
 テレビを見なくなり競馬場にもめったに行かなくなったが、日曜朝のこのクセがいまもたまに顔を出す。



「新報道2001」を点けたら、いきなり大嫌いな「おしゃべり整形女のキムなんとか」のアップである。うんざり。また今週も朝鮮特集か。反射的に消そうと思ったが、告げ口外交の女大統領のことでもやるのかなとしばし我慢した。するとまたあの沈没船の話。世界中から朝鮮民族の水準の低さが指摘され惘れられた事件だった。そんな中、我が身の危険も省みず40人をも救助した英雄がいたという。その特集だった。3分ほど見てチャンネルを替える。

 そういうまともにがんばったひともいたということは、みっともない事実ばかり浮き彫りにされたあの事件の救いではあろうが、かといって日本の政治番組の「新報道2001」が日曜の朝から特集するようなことだろうか。そのことにそんな価値があるだろうか。



 日本でこんな事件が起きたら、いや船員の意識が根底からちがうから起きるはずもないが、すると南朝鮮は「劣等民族の日本がこんな恥ずかしい事件を起こした。世界中の笑い物になっている」と連日報道するかも知れない。日本の不幸がうれしくてしょうがない国もどきだ。だが日本が、こんな朝鮮の事故を今更特集して報道する意味がどこにあるのだろう。

 もしも「日本が危機管理がなってなく、このような大きな事故を起こしてしまった、多数の被害者が出てしまった、なのに朝鮮では同じような事故でも被害者が出なかった」というのなら、学ぶためにその必要はあろう。しかし現実はそうではない。同じような状況に陥っても日本は船長を始め乗務員の勇気ある節度を持った行動で被害者が出なかった。朝鮮では雇われ船長が真っ先に逃げだすような事態となり数多くの被害者が出た。それだけの話である。そこから学ぶこともないし、今更あの国の缺点を指摘してもしょうがない。それは彼ら自身が学び克服して行くことだ。犠牲者の冥福を祈り、それでもういいではないか。報道すべき事、いま考えねばならないことは山積している。なぜいま「救助にがんばったえらい朝鮮人もいる」と日本のテレビが特集せねばならないのか。これまた「韓流」の流れなのか。



 そういえば先日、行き先や駅で「異常なハングル表示」と話題になっている京王線に乗った。すごかった。日本語、英語、朝鮮語、支那語(北京語=普通話)で表示が出る。日本語と同じ大きさで同じ時間(車内ディスプレイ等)ハングルを表示する必要があるのか。駅でも車内でも、見渡す限り、ハングル表示があって助かったという朝鮮人は見当たらなかった。そもそも日本に旅行に来る朝鮮人ならアルファベットぐらい読めるだろうし(なにしろとんでもなく大学進学率が高い国だから)、いったい誰に対しての大金を掛けたハングル表示なのだ。理解できない。

 日本は朝鮮人の観光客で保っている観光立国ではない。それをするならむしろ南朝鮮が日本語表記をすべきだろう。だがあちらにはそんな感覚は微塵もない。もちろんシナでも日本文字など見たこともない。なんなのだろう、この中韓に対する異常な気配りは。なぜ中韓に隷属するのだ。気持ち悪くなって吐き気がした。JRでも日本語、英語、ハングル、支那語の表示は徹底している。政治からマスコミまで要(かなめ)はみな朝鮮人に抑えられている国ではあるが、なんとも不快だ。



 私がチャンネルを替えるとき、済州島に住むというその〝英雄〟がインタビュウに応えるところだった。このあとあの整形女は自分達がいかにすぐれている民族かとまた一席ぶったのだろうか。あの女を出すというだけでもうこの番組は視聴に価しない。フジテレビはどうしてこんなことになったのだろう……。



 といってチャンネルを替えたら他局がやっていたように、「都議会での女性議員に対するヤジの特集」でも困る。こちらは1分ほど見て電源を切った。テレビを点けた自分に嫌気が差した。まったくくだらないことを大仰に騒ぎたてている。
 都議会で少子化問題を提議する35歳の独身女性議員に「おまえが結婚してこどもを産め」のようなヤジが飛び、いま犯人捜しで大騒ぎだという。「女性蔑視の発言だ。絶対に許せない!」と人権派(笑)はおおはしゃぎだ。

 マスゾエ都知事も「必ず犯人を捜しだす」と発言した。
 こういう事件が起きたとき、トップにいるものが即座に反応する必要はない。いや、してはならない。

 かつてスマップの草薙が深夜の公園で酔って裸になって高歌放吟したという、それだけの事件?の時、(草薙は当時地デジ化のCMに出ていたので、その担当)大臣の鳩山弟が「絶対に許せない。最低の男だ」とテレビカメラの前で発言して後々悔いることになった。大震災の時のカンナオトも、「原発事故? おれの出番!」とばかりに勇んで福島に行ってかえって事故の混乱を招いた。司令塔が下界に降りたら視界が狭くなる。バカである。
 マスゾエも、マスコミが大騒ぎするワイドショー的な事件だからこそ発言は慎重にすべし。こういう「女性の味方的立場」を取れば支持が強くなるというものではない。薄っぺらになるだけだ。元々薄っぺらだけど。

 するとまたこの女議員がかつてはさんまの「恋のから騒ぎ」に出ていて、「つき合った男からは別れるときに必ず慰藉料を取る、最高で1500万円取った」という話が(風評ではなく当時の番組がそのまま)YouTubeで流れたりして、まことにくだらん流れ。果たしてこの女、名を挙げたのか恥を広めたのか。ヤジられて涙ぐんでも今までのキャラは消えない。



 実際は65歳の男なのに41歳の女になりすましている<きっこ>なんてネット奇形も、ここのところ「福島の放射能を避けて西日本に疎開しているという設定」もバレておとなしくしていたが、この事件で連日大はしゃぎ。まさに「水を得たオカマ」。

@kikko_no_blog
不妊に悩む女性への支援の必要性を訴えた女性都議に対して「お前は産めないのか?」という最低のヤジを飛ばしたクズ議員は、子どもがいないのに少子化問題を語る総理大臣にも同じヤジを飛ばしてみろよ。

@kikko_no_blog
不妊で悩む女性たちの思いを訴えた女性議員に対して「お前が結婚しろ!」「お前は産めないのか!」とヤジを飛ばしてゲラゲラ笑った自民党の男性議員ども、お前らは誰に産んでもらったのか?これほど女性をバカにするのだから、当然お前らは「男のケツの穴」から産まれて来たんだよな?このクソ野郎!

 と連日この件に関するツイートを女性の立場から(笑)連発している。まさにオカマらしく、このひと「男のケツの穴」が大好きである。かつては大嫌いな石原慎太郎に「ケツの穴にツララつっこんでやる」とか、「テメー、ケツの穴にスリコギつっこむぞ!」とも発言していた。出自は隠せないものである。

 しかしこのひと、この事件以前に何度も、

@kikko_no_blog 1時間
レイちゃ、安倍晋三の股間の「タネ無しタケノコ」は、根元から切って福島第一原発の汚染水の中に捨てたほうがいいかもね!(笑)

 と、こどものいない総理夫妻に対する無礼な発言を繰り返している。こどもがいないのは男性側の責任とは限らない。こういう発言は夫人に対しても失礼である。真のフェミニストならしない。フェミニストのふりをするサヨクオカマだからこんな発言をする。失礼以前に、この下品さは特筆に値する。この下品さだけでこのひとは人間失格だ。

 総理に対して《股間の「タネ無しタケノコ」》発言も無礼だが、それを「根元から切って」「汚染水の中に捨てる」と支那人の残虐さを思わせる発想を世界中に発信されるツイッターで書いているのだ。その発想がすんなり出来るだけで正常ではない。
 女性都議会議員に発せられたヤジが品格に缺けた野鄙なものだったとしても、このひとにそれを批判する資格はない。



 テレビを点けなければおしゃべり整形朝鮮女の顔を、6月の、小雨が降り戯る風情のある朝に見ることもなかった。
 都議会でのヤジ事件はネットで知ってはいたが、テレビを点けなければ、「絶対に許せない事件、女性蔑視の大問題」とする、それこそ「アホのから騒ぎ」に関わることもなかった。視聴したのは合計で5分もないが、この不快感は一日引きずる。だめだ、テレビなんか見ちゃダメだ。悔いる。

 いまの時代、情報を正しく得ること以上に、いらない情報と関わらないことほうが重要だ。その「いらない情報」を押しつけてくるのがテレビやラジオである。基本的に断っているので比較的波風の立たない日常を送れているが、たまにむかしのクセでつけたりすると、この有り様。静かに生きるのはむずかしい。
  1. 2014/06/22(日) 09:51:24|
  2. 朝鮮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。