スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「アサヒシンブン読者も首相の靖國参拝を60%が認めていた」、そうです(笑)

 朝日新聞のとんでもない情報操作
  靖国参拝に、あの朝日新聞読者でも60%が賛成していたのだ!

****************************************

 姑息な紙面作りをしていた。
 朝日新聞は安倍首相の靖国神社参拝直後、読者にアンケート調査を実施した。

 12月29日に誰も気がつかないような小さな記事(なんと三十面の下の方にゴミ記事あつかい)を配して、「賛成」が60%、「反対」がわずか15%だったことを渋々伝えている
ことが分かった。
 
 周知のようにヤフーの「参拝を妥当だと思いますか?」という調査では、12月26日から2014年1月5日までに合計488731人から回答があり、「妥当」とした人が372861人(実に76・3%)、「妥当でない」と回答したのは115879(23・7%)だった。
 
 なんとも驚くほど姑息なメディアが朝日である。

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」平成26(2014)年1月20日(月曜日) 通巻第4123号

---------------

 でもまあ渋々こっそりでも伝えただけ褒めてやろうかと(笑)。戦争中は負けている戦いでも「勝った勝った、また勝った」とウソを書いていた新聞ですからね(笑)。ここも信用できないですね。ほんとに6割かな、8割ぐらいあったんじゃないの。

 Yahooの調査は50万人ちかい数字なので説得力があります。アサヒの読者無作為抽出電話アンケート100人よりも遙かに。
 そうですか、アサヒの調査でもそんな結果だったんですか。記事にしたくなかったでしょうね(笑)。

 宮崎先生、貴重な情報をいつもありがとうございます。 死んでも読まない新聞なので、このメルマガで教えてもらわなかったら永遠に知ることのない事実でした。深謝。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/20(月) 06:26:59|
  2. 靖國神社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

訃報──やしきたかじん さん──一覧をリンクしました

「たかじん」と愛称で呼びすてにしたいけど、亡くなってしまったのだから、「さん」をつけねばならないのか。なんとも悔しい。

私のブログのたかじんさん関連文章一覧です。もっともっと「ありがとう」「今週も最高だった」と書きたかった。 

●【木屑鈔】のたかじん一覧

●【芸スポ萬金譚】のたかじん一覧 
  1. 2014/01/09(木) 06:17:55|
  2. 訃報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイの新聞が安倍首相の靖国参拝を批判──一瞬驚いたが(笑)

安倍首相の靖国参拝「無神経」=タイ紙が痛烈批判

タイの英字紙バンコク・ポストは7日付の社説で、安倍晋三首相が昨年12月末に靖国神社を参拝したことについて「無神経」と痛烈に批判、「必要のない攻撃的な行動で、あらゆる近隣諸国の神経を逆なでした」と主張した。

社説は、首相が「中国、韓国の人々の気持ちを傷つける考えは毛頭ない」と発言したことに触れ、「誠意のない説明だ」と指摘。参拝すれば近隣諸国を傷つけ怒りを買うことは最初から分かっていたはずで「中国や韓国の反発など何とも思っていなかったようにみえる」と非難した。

さらに首相が中韓両国について発言しながら、旧日本軍から大きな被害を受けた東南アジア諸国に言及しなかったことも問題点に挙げた。社説は、第2次大戦を生き抜いたタイ人の多くが「自国の過去の犯罪に無神経に敬意を払う安倍氏に衝撃を受けている」としている。(2014/01/07-14:46)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014010700506

---------------

 親日的であり、国王を敬い、アジアで白人の殖民地にされなかったのは日本とタイだけだと誇っているタイがそんなことを言うかなあと思いつつニュースを見たら、書いたのはバンコクポスト紙。この時点で私はニヤっとした。答は下のバンコクポスト紙の説明にある。まったくね。困ったもんだ。 

「バンコック・ポスト」(Bangkok Post)は、タイ王国の英語日刊新聞。1946年8月1日に創刊。ポスト・パブリケーション社の傘下。発行部数7万5千部。朝日新聞と提携している。


 これは公称800万部を誇る日本のクオリティペーパー(笑)のアサヒシンブンが、〝提携〟している7万5千部発行のタイの弱小英字新聞に「こんな論調で書いて欲しい」と願って実現したなんて生温いものではあるまい。アサヒシンブンが作った英文を「これをこのまま載せろ」と言って掲載させたものだろう。それはタイの新聞なのにやたら「中韓」にばかり触れていることからも判る。

 新聞はどこの国でも自分の国を中心に書く。それはどこの国の地図
でも世界の真ん中に自分の国があるのと同じだ。日本で使われる地図を見ていると日本が世界の真ん中にいるが、欧州の地図を買うと日本はまさに地図の右上の隅っこに位置していて、なぜ〝極東〟Far Eastと呼ばれるかがよくわかる。

 このバンコクポストの文章はどう考えてもヘンである。なぜタイが自国をさしおいて親身になって、我が事のように「中韓の気持ち」を論じているのか。日本を批判し中韓を案じているのか。タイにおいても、世界中どこでもそうであるように、朝鮮人(タイ語でコーリー)は嫌われ者だし、タイの華僑は潮州人が中心だが、戦前からの移民でありすでに三世四世の時代になっているから、アサヒシンブン的に日本とシナを語ることはない。どう考えても不自然である。さんざん中韓の心証を案じたあと、さすがにこれではまずいと思ったのか、取ってつけたように「第二次世界大戦を生き抜いたタイ人は」なんてタイ風味を出してくるのが嗤える。

 まあそんなこと以前にこの文章、最初の「タイの英字新聞バンコクポストは」という主語を消すと、すべてアサヒシンブンの文そのままである。なんとしても自分達と同じくアジアの国々が安倍首相を批判しているとしたいのだろうが、なんとも鄙劣な方法を使うものだ。
  1. 2014/01/08(水) 06:15:46|
  2. 靖國神社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戦勝国の歴史認識だけが「正しい」のか? 戦争に敗れても矜持を失わない日本に拍手を──アルゼンチンの記事

戦勝国の歴史認識だけが「正しい」のか? 戦争に敗れても矜持を失わない日本に拍手を


 ■ JAPANESE WAR CRIMES: I'M SORRY? 
   -- Adrian Salbuchi (政治評論家・コメンテーター / アルゼンチン) 

日本の安倍首相の靖国神社参拝に、中国と韓国が激怒している。靖国神社は250万人の戦没者を祀る東京の神社だ。多くの人が怒っているのは、この19世紀創建の神社に祀られている人々の中に、 米国の占領軍によって「戦争犯罪人」という烙印を押された第二次大戦時のヒーローらが含まれて いるためだ。その中には、米国によって1948年に処刑された戦時指導者東條英機大将など、「戦争計画」に関わったとされる14人の「A級戦犯」も含まれている。 

戦勝国が敗戦国に対して当然に獲得する権利は、領土要求に関するものだけではない。敗戦国の都市や土地、国民、資源、工場、特許権、軍事装備、そして国際法上の諸権利に対しても、完全かつ欲しいままに支配する権利を、戦勝国は獲得する …… 悲しむべきことだがこれが現実だ。 

そして戦勝国は、戦争の端緒となった対立に関する歴史記述を書く(あるいは書き直す)「権利」をも獲得する。自国の見解・論理を「真実」とする権利を獲得し、敗戦国を「間違った国・邪悪な国・戦犯国・侵略国」だと非難するのである。「俺たちは善人、相手は悪者だ。」「私たちの息子らは英雄。向こうは殺されて当然の悪魔だ、2歳の幼児までも。」という考えは人類の歴史を同じほど古い。第二次大戦後の70年間のプロパガンダが明瞭に示しているとおり、20世紀と21世紀も例外ではない。 

---------------

 上記URLからぜひ全文を読んでください。1行目のタイトルにリンクしてあります。
 アルゼンチンの政治評論家にこんな正論を言ってくれるひとがいるとは夢にも思わず胸を熱くした。
  1. 2014/01/07(火) 06:40:51|
  2. 政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原発考──そんなに人類の未来は明るいのか!?──は楽観派?

kikkokakunenryou



 核の技術が開発され、単純な原爆から今の原発に代表される高度な技術まで100年も経っていない。
 1000年もあれば、いや100年もあれば、いやいやもっと早いか、使用済み核燃料を安全にする技術は産みだせると思うが(笑)。きっこおじさんは1000年の長さをどう考えているのだろう。
 10万年と対比して1000年の不安を煽っても説得力がない。65歳にもなってずいぶんと未来のことを案じている。だったらもう「あたしが10万65歳になると廃棄核燃料は安全になる。もうすぐだ」とでも言えばいいのに。

 こういう「10万年先なのに、たった1000年しか」というリクツが成りたつなら、<きっこさん>が「涙が止まらなくなる」ほど心配している世界中のこどもたちは、「どうせぼくたち、あと70年もしたらみんな老衰で死んでしまうんだ」と全員自殺してしまうだろう。事実そうなのだから。

 そう考えるこどもたちに、「そうじゃないんだよ、その70年を生きることがすばらしいんだ」と教えるのがおとなの務めであるように、<きっこさん>が案じるべきは「その1000年のあいだに人類は解決法を見つけて欲しい」と願うことであり、「10万年なのにたった1000年」と不安を煽ることではない。



 というか、1000年後も人類は存在しているのか。いま存在している核兵器の数は地球を何個亡ぼすのだったか。20数年前の智識で「35個」と記憶している。その数は増えたのか減ったのか、いずれにせよ1個しかない地球を何十個も亡ぼすだけの爆弾を保ってしまった時点で人類という地球の癌はもう終っている。それらがなにかの事故で爆発するだけで人類なんてのは簡単に消滅する。
 そういう考えの私からすると、上のようなことを言うひとは人生楽観派になる。不安を煽るという愉しみ、遊びで、「10万年なのに1000年しか」とやっているのだからお気楽である。単勝売りあげが1000万円の競馬で「1.2倍の単勝を1億円買うと2000万円儲かる」と100円だけ買って言っているのと同じレベルだ(笑)。



 日本の原発の不安を煽るひとたちの意見を目にするたびに思うのだけど、Chinaは日本海側に技術レベルの低い原発を何基も作っている。資料を保っているのであとで正しい数字を書き足そうと思うが、Chinaのいまある原発が14基で今後建築するのが27基だったか、いまも建設中だ。新幹線の事故でもわかるように、あのいいかげんな国の日本海側の原発が事故を起こしただけで日本はたいへんなことになる。それは黄砂被害からも明白だ。原発反対派のひとは、世界に向けてその声を発信しなければならない。まずはお隣のChinaだ。Chinaに何を言っても聞くはずがない。
 世界中が安価に電力を供給できる原発に走っている今、日本のことだけ言っても意味はない。核兵器廃絶が絶対不可能なように、原発を無くすのも無理だ。 貧しい国が豊かになるためには原発が最も手っとり早いのだから。
 そして、假りに日本が原発を完全に廃したとしても、お隣の国が、世界中がそうである限り、事故の際の放射能被害からは逃れられない。Chinaの日本海側の原発が事故を起こしたら日本は壊滅状態になる。

 外に出るとおとなしく、必要なことすら言えないくせに、家の中では、母親に対してだけは暴君のこどもがいる。
 原発反対や秘密保護法反対の連中を見ているとそれを思う。 日本という温室の中でだけの内弁慶だ。
  1. 2014/01/05(日) 07:08:41|
  2. きっこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Baidu IMEに日本政府が使用禁止の呼び掛け──インターネットという外交の場

中国の百度・Baidu、日本語変換をネット送信

 日本語変換ソフト「Baidu IME」とAndroid向けの「Simeji」が、変換した文字・文章やパソコン固有のIDを、利用者に無断で送信していたことが問題になっている。私たちユーザーは、ネットサービス利用にあたって「事業者が信頼できるかどうか」を自分で判断する必要がある。

 検索サービス大手・百度(Baidu・バイドゥ)の日本語変換ソフトが、変換した文字や文章、パソコンの固有IDなどをサーバーに送信していたことがわかった。百度が出している日本語変換ソフト「Baidu IME」と、Android向けの「Simeji」での問題だ。百度は中国語圏で最大の検索サービスで、無料の日本語変換ソフト「Baidu IME」は、日本国内で約200万人が利用している。

・変換した文字列(変換しない半角文字は送信されない)
・Windowsのセキュリティ識別子(パソコン固有のID)
・アプリケーション名(利用するソフトによってはWindowsのユーザー名が含まれる)

 つまり、入力した文字列・文章がそのまま送られ、さらにユーザーを固定できる情報も送られていたことになる。例えば、あなたが送ったメール、ワードで書いた文章も、再現できる情報である。

 同様にスマートフォンのAndroid向け日本語変換ソフト「Simeji」でも、変換した文字列、スマートフォンの識別IDなどが送信されていた。Simejiは日本のユーザーが開発した日本語変換ソフトだが、2011年に百度に買収されている。

 Baidu IMEについては、26日に内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)や文部科学省が、中央省庁や大学、研究機関など約140機関に使用停止を呼びかけている。すでにインストールしている人は、いったん削除することを勧めたい。

(2013年12月27日  読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/net/security/goshinjyutsu/20131227-OYT8T00598.htm



 しかしあらためて思うが、あんな怪しいものをなんの疑問も持たずにインストールして使っていた役所や大学の感覚がわからない。200万人て……。ほんと、平和呆けなんだろうな。
 昨秋からAsus Memopadを使っている。Android OSだ。その時点で私はSimejiなるIMEがBaiduに買収されたことを知らなかったが、本能でこれを拒んでいた。これまたどうにも接近方法が怪しい。いまのネット世界は「ひとを見たら泥棒と思え」ぐらいの気持ちでないと歩けない。むかし、大通りと同じ公的な場であるホテルのロビーに、和風旅館の通路と同じ感覚で浴衣を着て出てくる日本人が問題になったが、これなんかもそれに通じるのだろう。安全神話の平和呆けである。
 
 日本政府の使用禁止呼び掛けにシナ側は反撥した。以下はChina Timesの記事。



中国の主要ニュースサイトは、日本政府がバイドゥ日本語入力ソフトウェアの使用禁止したことを報じました。 

報道では東京の読売新聞が引用され、バイドゥIMEはユーザー情報をサーバーに無断で送信しており、機密情報の漏洩につながる可能性があると言います。しかし、本当の理由はそれほど単純ではありません。 

ブルームバーグは日本の政府当局がバイドゥIMEではなくMicrosoftやGoogleの言語入力ツールを使用するよう要請したことを報じました。読売新聞によると、この禁止処分は機密情報の流出の可能性を恐れているからだとされています。 

tech.sina.comによると、バイドゥだけではなくGoogleやMicrosoftもクラウドコンピューティング技術を使用しています。 クラウド技術を利用した入力ソフトウェアは、利便性や正確さの向上だけではなく、不十分な携帯電話上の処理能力を補うことが出来ます。 
こういったクラウドベースの入力ソフトはすでに成熟した技術であり、中国ではほとんどすべての言語入力ソフトはクラウドサーバーを使っており、もちろんプライバシー侵害などの事例は報告されていません。 

日本当局のバイドゥIMEの禁止の背後には、日本のローカルソフトウェアを保護しようとする政府方針が存在する可能性があります。 
特に中国と日本は尖閣諸島問題により緊張関係にあり、保守的になっている日本政府は、先進的な中国製品を禁止したいと思っているでしょう。 

世界的に見れば中国と米国はGoogleやAmazonやFacebook、アリババ、Baiduなどの大手IT企業を通じ、国際的なインターネット業界をリードする存在になっています。一方、日本は上位ランクに入るIT企業はほとんどありません。 

日本のこの保守的な決定は日本のインターネット企業を保護することができるでしょうが、長期的にみれば競争力を弱体化するだけになるでしょう。 

http://www.wantchinatimes.com/news-subclass-cnt.aspx?id=20140101000028&cid=1202 

--------------- 

 ツッコミどころ満載である。泥棒の居直りだ。

プライバシー侵害などの事例は報告されていません

 プライバシーなんてもともとねーじゃん(笑)。一党独裁のネットですら情報制限している国がなにを言ってるんだか。天安門事件や毛沢東の殺戮を調べられないようにしている国に正論を言う資格はない。

中国と日本は尖閣諸島問題により緊張関係にあり、保守的になっている日本政府は、先進的な中国製品を禁止したいと思っているでしょう。 

 これも尖閣諸島問題に繋げてきたか。先進的な中国製品ねえ、見たことない。先進的かどうか知らないけど、この図々しいIMEが日本にはない製品であるのはたしかだ。こんなものシナ人でなきゃ思いつかない。

日本のこの保守的な決定は日本のインターネット企業を保護することができるでしょうが、長期的にみれば競争力を弱体化するだけになるでしょう。 

 なんか窓から侵入しようとして見つかった泥棒が、「わたしを追い払うのは、ともだちをすくなくすることになるでしょう」って捨て台詞を言っているみたい。まさにBaidu IMEの異様なしつこさに共通している。



 しかし私はこの問題でシナを批判する気はない。シナのやったことは「インターネットという武器」の使いかたとして当を得ている。元々インターネットはアメリカが軍事用に開発したものである。

 インターネットという外交の場(戦争は外交の一形態である)で、シナはBaidu IMEという〝沈黙の爆弾〟を仕掛けた。それだけのことだ。騙された無防備のひとが問題なのである。治安の悪いひとけのない町を深夜にミニスカートの娘が歩いていたら盗難や強姦の災害に巻きこまれる。日本は大丈夫かも知れない。それは特別な国だからだ。インターネットは日本ではない。Baidu IMEのようなものがあって当然なのである。

 これで引っ掛かったのがあのアニメキャラ少女や顔文字がどうのこうのに惹かれた若者ならまだしも、政府や研究機関、大学って、どういうことなのだろう。私のわからないのはそれになる。やはりここにも平和呆けが影響している。そして「自分がまともだから、あちらもまとものはず」と考えてしまう島国根性だ。「私は泥棒はしません」と宣言すればこちらに泥棒が入ってくることもないという護憲派的ひとりよがりだ。

 シナは「ハワイまではわしらのもの、ハワイからそっちはアメリカのもの」という中米二国による大平洋制覇を目論んでいる。日本はシナの一部の「日本省」にするつもりだ。
 あって当然の秘密保護法に対しても、その中身を正しく知らせることもなく、「暗黒の戦前が」「軍靴の響きが」「個人の秘密が守れなくなる」と見当違いの大騒ぎをするサヨクマスコミが支配するこの国は、やがてそうなってしまうだろう。
 闘わねばならない。シナ以前に日本を貶める獅子身中の虫と。

kanren6 Baidu IMEとは何なのか
  1. 2014/01/02(木) 11:46:40|
  2. 中共
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。