スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

NHKの西原

 NHKの西原理恵子(3/14)



 午後1時5分からの「スタジオパーク」に西原理恵子が出ていた。
 NHKは嫌いなので意図的にこの番組を見たことはない。
 たまにチャンネルを替えているときにこの番組に出会うことがある。朝早くから仕事をしていると、昼のこのころは、ちょうどベッドに寝ころんでくつろいでいる時間になる。
 興味のある人だったらしばらくのあいだ見たりするのだが、たいがいは途中でやめてしまう。どんなに興味ある人がゲストであっても、毒にも薬にもならないNHK的切り口にうんざりしてしまうからだ。子供時代から今に至るまでどうにもNHKは体質的にあわない。
 テレビの思い出は数限りなくあるがNHKはほとんどない。紅白歌合戦を最後に見たのは家族と見ていた小学生の頃だし、大河ドラマとやらは一度も見ていない。いわゆる「チャンネル権」が手に入ってからは、というか自分のテレビを手にしてからは、まず見ていない。とにかく筋金入りのNHK嫌いである。


 といって思想的にうんぬんというレヴェルではない。ごく単純におもしろいと思わないのだ。娯楽に対する感覚の問題だろう。
 とはいえ競馬のダービー優勝時に、君が代の流れる中、日の丸を映すのがいやでずっと馬の尻を映していたような露骨な局内サヨクの無礼には心底腹を立てている。
(世話になっているのは大相撲と将棋だけだ。縁を切りたいが困るのは相撲である。将棋はCSの将棋チャンネルと契約すれば縁を切れるが……。)


 今回も見ようと思って意識していたわけではない。それでも偶然大好きな西原が出ている珍しい場面に出くわしたから、なんということもなく眺めていた。結果として「スタジオパーク」なる番組を最初から最後まで初めて見ることになった。これはこれで収穫(?)である。


 ひとえにそれはNHK的感覚と合わない西原の野放図な魅力ゆえだった。
 まずはいつもは生番組なのに彼女の出演部分だけ録画だというのが笑える(笑)。この番組の売りは、生放送中に寄せられたファクスから出演者に質問したりするリアルタイムなラジオ的なやりかただ。それが録画になった。理由は「あぶないから」(笑)。
 それに関しても西原は平然と「生放送どうですかって言われたんだけど、危ないですよって」と笑っている。


 どこをどうカットしたのか知らないが、それでも西原の魅力は十分に発揮されていた。だからよけいにカットしていないモノを見たくなる。
 子供が可愛くて、母親という仕事が楽しくて、今度生まれても絶対お母ちゃんになるんだという西原のそれを、NHKはNHK的な感覚で語ってもらおうとする。母親の子供への愛情というステロタイプの描き方だ。だが西原は感覚が違うからズレる。それが笑える。


「子供のいちばんかわいいところはどこか」と、司会進行は赤ちゃんから小学生の今にいたるまでを常識的に語ってもらおうと水を向ける。それこそ「ものを言えない赤ちゃんだけど、笑顔を見ただけで一日の疲れが吹き飛ぶ」なんてパターンだ。が、西原は平然とそれを否定する。
「人間になってからですね」と。
 そこまで育てるのは動物の世話と同じでたまらない。今までいろんな仕事をやってきたが専業主婦ほどたいへんなものはない。なにしろ休みがない。24時間中相手をしなければならない。べろべろばあなんてのも、こちらは3回やれば倦きるが、あちらは何時間でもそれを要求すると(笑)。


 好き勝手なことを言っているようで、西原は子育てのたいへんさと女の偉さ、価値を語っている。専業主婦の絶大な意味合いも。こういうのが本当の主張だ。対極にタジマヨーコのようなのがいる。


 すでにNHK的な「赤ちゃんの笑顔」を否定してしまった西原だが、ここからがまたすごい。
「人間になってから」の理由を問うと(NHKアナも問わなきゃいいのにね)、「だって立ちグソしたりしますからね。ありゃチクショーと同じですよ。そんな時期はかわいくない。チクショーですから。物を考えるようになって人間になってからですよ、かわいくなるのは」
「上の子が二階からションベンして、下の子がそれが下で浴びてる。たまんないですよ。男ってのがこんなんだとわかってたら、離婚という失敗もしなかったですけどね」


 西原の口調は早口でもぐもぐしてるから、すこし聞きづらいのだが、充分にNHK的ではないことばが連発されるので、テレビ桟敷のこちらは楽しくてしょうがない(笑)。カットされた部分じゃなにを言っていたのやら。


「目の中に入れても痛くない」のような子供讚歌を引き出そうとしたNHK的感覚が、「立ちグソ」「チクショーと同じ」「ションベン」と美しい糞まみれになるのだから痛快である。
 おろおろしている司会進行の女と男の様子がまたおもしろい。
 西原の出番が終わり、「さて、ここからはいつものように生番組です」と言ったときの男のほっとした顔にまた笑った。


 録画して保存版にしなかったのが悔やまれる。偶然出会ったのだからしょうがない。それにNHKでこんなおもしろいモノが見られるとは思わなかった。


 なんで西原がこの番組に出ているのだろうと思ったら、NHKで体当たりルポのような番組をやるらしい。もうやっているのか?
 見てみたいと思った。虚飾のない本物は説得力がある。

スポンサーサイト
  1. 2006/03/25(土) 07:03:33|
  2. NHK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気の抜けたビールのWBC?

 気の抜けたビールのWBC!?


気の抜けたビールと言っても過言ではないだろう。
米国が企てたシナリオとは全く違う方向に進展したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が21日(韓国時間)、日本とキューバの決勝戦を残すのみとなった。ところで最も高まるべき決勝戦に対する関心が覚めやっている雰囲気だ。


当然決勝まで生き残ると思われた米国が脱落したためだ。もちろん、米国が脱落した背景には韓国の善戦があったわけだが、主催国の脱落はやはり大会に対する関心をそぎ落とす形となった。
波乱の主人公となった韓国が決勝進出できなかったことも、終盤の熱気が冷えやってしまった一因。


韓国が米国と日本を相次いで倒し、米メディアはその新鮮なショックをニュースとしながら話題に事欠かなかった。
話題の主人公だった韓国が舞台裏に退いて以降、これ以上驚くべきニュースは見られなくなった。


---------------


 2ちゃんねるの「ニュース速報」でこれを、最小の数行まではふんふんと感心しつつ読んでいたが、このあたりまで来て首を傾げる。なんかおかしいぞ。もしかして?
 一気に最後まで飛ばしてニュースソースを見る。


サンディエゴ(米カリフォルニア州)=キム・ナムヒョン特派員


『スポーツ朝鮮』

 なんだよ、まじめに読んで損した(笑)。
 こういう場合は、最初にニュースソースを書かないとね。

  1. 2006/03/21(火) 05:20:57|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

将棋界の一番長い日──挑戦者決定戦


将棋界の一番長い日
 A級順位戦の残り全局が一斉に行われる「将棋界の一番長い日」は3月3日だった。今年は初めてBSで丸々一日その様子を見ることが出来た。(厳密には一日三度放送の飛び飛びだったけれど。まあ無料なのだから仕方ない。)


 今年はそこに羽生と谷川が8勝1敗の同率となり、3月16日に名人戦挑戦者決定戦を行うというファンにとってはたまらないプレゼントまでついてきた。


 3月16日。有料のケーブルテレビ将棋チャンネルでは生放送があるらしく、2ちゃんねるの将棋板は朝から盛り上がっていた。視聴している人が経過を書き込み、見られない人が質問したり、形勢を分析したりしてする。あっという間に1000のスレが消化されてゆく。


 この時点で、翌17日の朝9時から30分、NHK-BS2で特番があると知る。私の場合はこれで結果を知ることになるだろう。これだけでもありがたいことだ。


 今はだいたい夜9時に寝て朝3時起きの生活をしている。ちょいとくるうと朝5時に寝る生活になっていたりもするから一定ではない。でもここしばらくこんな形だ。
 寝る前に2ちゃんねるを覗くと、形勢はもつれにもつれていた。
 午前10時に始まり、決着がついたのは翌日の午前1時10分である。まことに格闘技であり、基本は頭脳戦でも体力勝負の世界だ。もちろんそれは翌日に知ったことになる。私はいつものよう午後9時に寝て、3時から仕事をしつつ9時からの放送を待ちわびた。


 佐藤康光棋聖解説、山田久美聞き手の30分番組は、羽生対谷川が歴史的名勝負を繰り広げたため、すばらしい充実の30分となった。思わずベッドの上で正座して居住まいを正し、見惚れるほどの名局だった。


 谷川勝ち。
 ここ4年ほど羽生と森内で闘っていた名人戦の舞台に5年ぶりに十七世名人の資格を持つ谷川が登場する。2ちゃんねる将棋板の、谷川ファンの驚喜ぶりが微笑ましかった。(中には敗者の羽生を口汚く罵る眉を顰めるものもあったが。)


 中学生で四段になり、活躍のたびに常に史上最年少という言葉がつきまとっていた谷川も、いつしか43歳になり、A級では唯一の四十代、つまり最長老となっている。時の流れを感じる。


 さて今年の春、どんな名人戦になるだろう。
 昨年の竜王戦が期待した木村が4連敗で興趣を削いだだけに、名勝負を期待したい。谷川の復帰があったら劇的だ。楽しみである。

  1. 2006/03/18(土) 06:40:09|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亀田のボクシングを観る

ab1519d9.gif

亀田戦を観る



 8日、ボクシング亀田興毅の試合をTBSが午後9時から放映。世界戦でもないのにたいした扱いである。
 ボディへの有効な攻撃があり6回にKO勝ち。しかしさほどのおもしろさはない。やはりK1や『PRIDE』のほうが今の私にはおもしろい。子供のころ、ボクシング黄金時代と言われたころに、ファイティング原田や海老原、藤猛の試合を見てきているが(藤のおもしろさは別格として)、それは当時それしかなかったからであり、あまりボクシングに入れあげるタイプではない。

 9日早朝のみのもんたの番組に亀田生出演。
 デビュからの連続KOシーンを観るが、相手がみなタイから連れてきた噛ませ犬。みえみえ。
 果たして本当に世界に通用するのだろうか。
 といって意地悪な視点ではなく、こういう形のスター出現は大歓迎である。
(これからまた彼のことを書くこともあろうと、興毅という名を辞書登録した。)

 WBA世界フライ級4位の亀田興毅(19=協栄)が格闘技界の「カリスマ」になった。9日に発表された前日8日のボウチャン戦の視聴率が平均24・8%、瞬間最高も31・8%と驚異的な数字を記録。TBSで同時間帯で中継される魔裟斗のK-1 MAX、山本“KID”徳郁のHERO’Sの最高視聴率を超え、国民的人気ぶりを証明。次戦は5月5日、東京・有明コロシアムでの開催が決定。
今度は同日に重なるPRIDE無差別級GP開幕戦(大阪ドーム)も圧倒する意欲をみせた。 注目度は予想を大幅に超えていた。亀田が6回KO勝利で飾ったボウチャン戦の視聴率は平均24・8%、瞬間最高は5回終了時で31・8%まで伸びた。(ニッカンスポーツより)


 それよりも私が感じた意外な感情。
 K1にブアカーオが出てくると夢中になって応援する。日本に不法滞在しているタイの男女は、日本の繁華街の片隅で、ブアカーオの勇姿に歓声を送っているだろうと想像して胸を熱くしたりする。しかし亀田の噛ませ犬がみなタイ人ボクサーであることにまで憤慨するとは思わなかった。よほどのタイ人贔屓であるらしい(笑)。
 噛ませ犬代は彼らにとってけっこうな金額だったのだろうし、しかも長時間がんばるのではなく、数十秒で倒れればいいのだから気楽なワークである。いきり立つこともないのか……。
 K1Maxのブアカーオに期待することにしよう。

  1. 2006/03/11(土) 12:51:20|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

将棋界の一番長い日

404d8d25.gif

今日は将棋の「A級順位戦最終局」が残局一斉に行われる日です。棋士の悲喜こもごもが入り乱れ、毎年「将棋界で一番長い日」と呼ばれています。
午前10時から始まる対局は、夕方に終わるもの、深夜までもつれ込むものまで様々です。


東西の将棋会館では有料の解説が行われます。会費は3千円とか。全席もう売り切れです。インターネットでも有料解説があります。
東京、大阪以外に名古屋でも行われると知り、会場の名を聞いてうなりました。大須演芸場です。志ん朝が長年独演会を行っていた場所ですね。一度行ってみたいと憧れている場所です。


かつて私は、この日を特集した将棋雑誌を翌月買うのを楽しみにしていました。この日の結果を知るためにだけ毎日新聞を買ったりしました。今もそれは変わりませんが、やがてネット時代になり、昇級降級の結果をその日のうちに知ることが出来るようになります。
もちろん千駄ケ谷の将棋会館に有料の解説を聞きに行ったこともあります。第一回将棋の日が行われた昭和50年11月17日の武道館にも行っています。


ネットよりも先にBS-NHKがこの日の中継をするようになっていたのですが、テレビ嫌いの私はBSケーブルの繋ぎかたすら知らず、その恩恵にあずかることが出来ませんでした。


昨秋、友人の後藤さんが来宅して結線してくれ、BS、CSにPPV時代の今、おそろしく時代遅れなことを言いますが、私はやっとNHKの無料BS放送を見られるようになりました。
とはいえ今にいたるまで、深夜に何本か映画を見ただけで、さほどの感激はしていません。いや、忘れていました、最大の願いであった「午後1時から大相撲を見る」を昨秋、実現していました。大相撲も蔵前、両国に何度も通っています。あれも昼頃から一杯機嫌で見るのが楽しいものです。


今日、大相撲に続くBS放送の醍醐味を味わうことが出来ます。
「将棋界の一番長い日」と題され、NHK衛星第二で、まず昼の0時15分から1時まであり、次が夕方5時から6時です。ここで決着のつく局もあるかもしれません。今回はまだ名人挑戦者が羽生になるか谷川になるか決まっていません。同星です。今日の最終局で決まります。勝った方がなります。両者ともに勝ったら決勝戦です。


 しかもこの午後一時から五時までのあいだが国会中継というのですから、今日の私は一日中テレビにかじりついていることになります。


 最後の中継は午後10時から午前1時半まで。夜半までもつれた局の行き詰まる終盤が見られることでしょう。ここですべてがわかります。


 現在午前5時。今から昼まではしっかり仕事をしましょう。そのあと昼風呂に入って将棋と国会中継。
 午後お時から10時までまた仕事をして、そのあとは晩酌をやりつつ見ることになります。
 将棋ファンにとっては一年で一番重要な日をこんな形で迎えられるとは思いませんでした。といっても、日本中で多くの将棋ファンがもう何年も前から楽しんできたスタイルですが。
 遅ればせながら今年から私も参加させてもらいます。
 いやあ楽しみです。平日にテレビ三昧できる自由業のささやかなよろこびを感じる瞬間です。

  1. 2006/03/03(金) 05:25:17|
  2. 将棋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

売られたケンカは買わねばならない!

 売られたケンカは買わねばならない!


 劣等感を払拭するためにあれこれやっている内に正常な判断力を失った気の毒な青年が、ここをリンクしているという。
 そこからここに来る人もいるようだから、彼が書き、今は消している私に対して書いた文を再掲しておこう。
 せっかくリンクしてくれているのなら利用しない手はない(笑)。
 本来ここは音楽関係の友人のための場だったが、こんな愚かな青年がいると知ってもらうことにする。


 インターネットの怖さは、本人が過去のこととしらんふりをしようとしても、それが出来ないことである。そのことをこれから彼は思い知るだろう。


 


●最初の文──2005年11月16日の日記の末尾

ムカついたホームページがあるので、ここに記しておく。
彼はきっと、英語のスイミングも堂々とスイミンと表記するだろう。恥を知れ。
これを読んで反省しろ。
変なヤツに絡まれる俺の気持ちにもなって見ろ。

なおその内容については、僕が論評を加える価値もないような稚拙なものです。
読者のみなさまにも、直接見てしていただければきっと理解していただけると思います。


 



●二度目の文──2005年11月16日の日記の末尾

ちなみにムカついた政治思想ホームページがあるので、ここに記しておく。
オレを「サヨク」呼ばわりするとはいったい何事だ!?
左翼というのは階級社会を否定的に捉える立場を指して用いられるべき語彙だ。そしてオレは階級社会を助長する立場をとっている。まったく正反対じゃないか。
「階級社会=左翼」というような単純な発想と貧弱な理解だけで、意味も分かっていない政治的語彙を偉そうに用いるな。いい歳してそんなことも知らないのか? 勉強をしろ。恥を知れ。せいぜいこれでも読んで反省してろ。
変なヤツに絡まれるオレの身にもなって見ろ。このオレ哲学野郎め。オレに関わろうとするな。キモい。


 


●三度目の文──2005年11月16日の日記の末尾

ちなみにムカついた政治思想ホームページがあるので、ここに記しておく。
この人は、自分が好きなことと、自分ができることをどうやら混同してしまっているようだ。
喧嘩を売られる側としては、相手に対して変な対抗意識を持つ前に、まずは僕に対抗できるだけの能力を身につけることを要求したい。話はそれからだ。
今晩の討論番組「 ??????????? 」について後日話し合おうじゃないか。



 タイ語がうまいと自慢しつつ、この「???」の部分に入るタイ語を誤訳していたとか、とにかく笑いどころ満載のお粗末な青年です。


 詳しくは


http://www.geocities.jp/niwatorik1/index.htm


 にあります。一度お読み下さい。

  1. 2006/03/01(水) 17:31:30|
  2. インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.
web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっていたライブドアブログから引っ越してきました。
FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000
@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (85)
パソコン (78)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (71)
Jazz (7)
競馬 (20)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (5)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。