スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

続・奥多摩の遅い春──Wifi通じず

okutama8

 奥多摩探訪は楽しい体験だった。唯一困ったのは山奥でWifiが繋がらなかったことだ。電波状況が赤ボタン点滅になってしまう。これは以前東京の街中でもなったことがあり経験済みだった。小金井公園のちかく、しかもマンションの中である。部屋の真ん中で通じない。窓辺に行ったら黄色ボタン点滅になり、なんとか実用に耐えうる程度の通信は出来た。安定は緑ボタン点灯である。黄色はまだなんとかなるが、赤ボタン点滅になると確実にダメだ。この時点でWifiがさほど頼りにならないらしいとは気づいていた。だって分厚いコンクリートの壁が遮ったとはいえ都内なのである。この奥多摩のような外れではない。ショックだった。



 私は下のWiMAXを使っている。これはネットで探してきた写真だが私のもこの赤である。他社のものなら奥多摩で通じるのか? ま、いずれにせよかつてケータイがそうであったように、より普及すればどこでも通じるようになると思うけれど。 
 
wimax2

 Wifiを導入したとき、私は通信環境をこれだけにしようかと考えた。Wifiの会社ではそれを勧めているところもある。「もうこれだけで十分ですよ」と。そうしているひともけっこういるらしい。
 ずっとフレッツ光を使ってきた。それをやめてデスクトップ機もWifiにするとフレッツ代金3500円の節約になる。しかしWifiは私の住まいでも時折黄色点滅になったりするのだった。なんのかんの言ってもインターネットがなくてはいられない。3500円の節約でイライラするような状態は避けたい。そう思って今も両方使っている。思えば使い始めの昨秋から、電車の中でAsus MeMO Padでネット新聞を読んだり、メールの返事を書いたり、外出先(都心)でThinkPadに繋いだりしてWifiの便利さに感謝しつつも、「なんかもうひとつ頼りにならないぞ」とは感じていた。


okutama9
 奥多摩山中で完全に繋がらなくなった。地理的には首都東京なのに。
 ここで私はいかにもWifi初心者らしい勘違い悪足掻きをしている。恥ずかしいが正直に書いておく。Asus MeMO Padの受信状況(携帯電話でいうなら棒三本のような)は満点を示し、さらには内部設定で確認すると「非常に強い状態の受信」になっている。それで私は「なんとかならんのか」と、タブレットの通信設定を変えたり再起動したりしていじくりまわした。Asus MeMO Padは「非常に強く受信」しているのである。なら出来るはずだと。
 お笑いになっているかたもいるかと思うが、この「強い受信」はAsus MeMO PadがWifiルーターの電波を受けている状況のことである。そりゃ50センチと離れていないのだから強く受信しているだろう。でもWifiルーターは電波を受け取れず赤ボタン点滅なのだから、いくらAsus MeMO Padが「受信絶好調」となっていてもインターネットが出来るはずもないのだった。とは後で気づいたこと。

 私のガラケーは通じた。友人のスマホも通じた。はっきりとWifiの能力は携帯電話よりも落ちると知った。これは私なりにショックである。多くの識者が口にし、私も同意した「ガラケーとタブレットのタッグが最強」が、奥多摩山中で崩壊した。
 私はネットで調べ物をしたかった。でも電話機能に限定しているガラケーでは出来ないし、Wifiが通じないのだからタブレットでも出来ない。でもスマホなら簡単に出来てしまう。私の考える最強タッグがスマホ単独に完敗した瞬間だった。 


asusmemopad2
 インターネットが出来ないとAsus MeMO Padの魅力は半減した。通信できなくても、カメラもあるし、内蔵のゲームも出来るし、外附けの32GBのMSDカードにはたっぷりと音楽も自炊マンガも入っている。出来ることはいっぱいあるのだ。だがこの種のタブレットは「通信することによって使える機能」が多い。辞書もそうだ。通信状態にならないと使えない。マップは言うまでもない。

 なんでも即座に調べられる状況に慣れているから、「あの漢字はどう書くんだっけ」「あの英単語のスペルは」と疑問が湧くとすぐに調べる癖がついている。漢字や英語のほうは携帯した[POMERA]に、国語辞典、英和和英辞典がついているのでなんとかなったが、ネットでないと調べられないこともある。

 といってたいしたことではない。たとえば「内田の勝っているG1ていくつあったっけ!?」のようなものだ。実話である。ふとそんなことを思った。奥多摩山中で、思わねばいいのに思ってしまったのだった。思ってしまった以上ただしく知りたい。指折り数えてみる。「ゴールドシップの皐月賞、菊花賞、有馬記念、宝塚記念」と、あたらしいところから遡って行く。「ヴィルシーナのヴィクトリアマイル、エイシンフラッシュのダービー、オウケンブルースリの菊花賞」と、このあたりまでは順調。だんだん怪しくなる。「ああ、サクセスブロッケンのフェブラリーは内田だよな、それから……宝塚記念をもうひとつ勝っていた、なんだっけ、エイシンデピュティか」、「あとNHKマイルを勝ってる。あれはまだ南関所属のころだ、え~と、あの馬は……」
 
 これが出てこない。「たしか金子さんの馬だったな」「牝馬だ」「とんでもない大穴だった」と周辺のことは思いつく。「なんだっけ、ローブデコルテ、ちがうな、あれはオークス馬だ、福永だ」
 出ない、いらいらする。

 通信さえ出来ればすぐにわかる。もう十数年もそういう環境の中で生きてきた。しかしいま奥多摩の山奥でそれが出来ない。インターネットのない時代だったらわからなくて当然だ。手帳にメモしておき帰宅して調べる。そうするものと決まっているから憤懣はたまらない。でも今の時代は、すぐに調べる、すぐにわかることに慣れている。そして、私がスマホ派だったらこのイライラはないのだ。それが悔しい。隣の友人にスマホで調べてくれとは意地でも言えない(笑)。


 山から降りて町中(街中じゃなくて町中だろうねえ)まで来たら通じた。すぐにピンクカメオとわかる。背中の痒いところに指が届いた気分。
 奥多摩の光フレッツはどうなのだろう。地元の友人によると通じているらしいのだが……。

 山野井さんのような山暮らしにも憧れるが、やはり私に奥多摩は無理のようだ。通信のこともあるが、それ以前に、ここで暮らすにはクルマは不可欠だし、町への買い物がたいへんだ。街中の集合住宅で暮らすほうが楽で安あがりなのである。そう、なによりも経済的な問題が先だつ。ごくたまの訪問だけにしたほうが無難のようだ。奥多摩の訪問……オヤジギャグになってしまった。
スポンサーサイト
  1. 2014/04/19(土) 06:47:18|
  2. Asus Memopad
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

fc2moneslife

Author:fc2moneslife
2001年に始めたサイトMone's World--http://monetimes.web.fc2.com/の出張版ブログ【木屑鈔】Boku-setsu-shouです。
2005年からやっているライブドアブログから引っ越してきました。FC2のサイトは2007年から利用させてもらっていました。これでやっとサイトもブログもFC2で統一です。
メールは、moneslife2000@kpe.biglobe.ne.jpまで。

最新記事

カテゴリ

未分類 (0)
大相撲 (32)
落語 (6)
生活 (84)
パソコン (76)
ことば (41)
読書 (29)
音楽 (50)
政治 (200)
テレビ (27)
インターネット (91)
漢字 (6)
オリンピック (11)
マスコミ (46)
NHK (2)
プロレス (6)
世相 (91)
総理大臣 (7)
映画 (21)
スポーツ (8)
園芸 (3)
将棋 (69)
Jazz (7)
競馬 (19)
芸能 (32)
旅行 (10)
格闘技 (4)
漫画 (14)
橋下徹 (16)
タバコ (4)
Rock (2)
中共 (11)
宗教 (9)
週刊誌 (7)
皇室 (9)
地震 (39)
台湾 (6)
石原慎太郎 (10)
CM (2)
きっこ (23)
地デジ (7)
朝鮮 (23)
国民栄誉賞 (2)
ツイッター (8)
女子サッカー (1)
野田聖子 (9)
訃報 (10)
ブログ (11)
飲食 (11)
電王戦 (2)
竹島 (9)
靖國神社 (6)
デヴィ夫人 (6)
酒 (4)
節電 (1)
ホッピー (5)
小沢一郎 (9)
Windows8 (2)
たかじん (5)
島耕作 (1)
物品 (3)
テレサ・テン (2)
選挙 (8)
佐川急便 (8)
猫 (1)
白川道 (1)
サヨク (14)
麻雀 (1)
郵便 (1)
通販 (1)
Asus Memopad (1)
文章 (2)
携帯電話 (1)

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。